« 女性が働きやすい国オーストラリア | トップページ | 男女不平等、年功序列の日本 »

2008年10月28日 (火)

バブル期日本

私は昭和43年生まれなので、高校生のころからオニャンコだーなんだと浮かれた世の中だった記憶があります。当時はディスコ大ブームで、スタイルの良いお姉さん達が踊りまくっていたのを覚えています。

しかし我が家は経済的に苦しかったので、大学へは行かせられない!と言われていました。姉は小さいころから成績もよく、生徒会長をしてしまうタイプで、エリート高校へ合格し某有名大学(?)へ奨学金を取って推薦入学を決めていました。

実は小さいころから、海外に憧れ、外語大学に行きたいなあ。。。なんていう希望があったものの、フツウの脳ミソしか持ち合わせなかった私は、高校の三者面談で親と先生に就職先まで決められ18歳で人生は終わった、と確信していました。

当時は、情報はとても限られ自分ひとりでやりたいことをどうやって実現していったらよいのか見当もつきませんでした。

当時、花の女子大生と言われるほど(今でも言いますか?)、大学に通う女性がちやほやされ、ファッションリーダー的な存在だったので、高卒で銀行に就職するという自分がそういう華やかな世界から取り残されたような気がしたものです。(今思うと、ただ私のコンプレックスだったのかもしれません。)

にほんブログ村 海外生活ブログへ

|

« 女性が働きやすい国オーストラリア | トップページ | 男女不平等、年功序列の日本 »

経歴」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1120771/24806900

この記事へのトラックバック一覧です: バブル期日本:

« 女性が働きやすい国オーストラリア | トップページ | 男女不平等、年功序列の日本 »