« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月

2008年11月30日 (日)

メディケア関連

10月31日に Medicare Levy Surcharge の threshold を上げる法案が通りました。

2009会計年度から個人では収入が $70,000 、カップルでは世帯所得が $140,000 以上の方が対象となります。

(2008年度は個人が $50,000 カップルの世帯所得 $100,000 以上でした。)

つまり、通常収入の 1.5% をメディケアレヴィーとして支払う義務がありますが、高額所得者にはプラス 1% が追徴されます。その基準となる収入の金額が Medicare Levy Surcharge Threshold です。上記の金額を超えた場合にこのプラス 1% (Surcharge) が追徴されることになります。

また収入が上記の基準値を超えた方でも、ホスピタルカバーを含む Private Health Insurance (健康保険) に入っている方は免除されます。タックスリターンにて被保険者番号などを申告する必要があります。

ご夫婦別々にタックスリターンをする際でも、互いの収入を正しく申告する必要がありますので、細心の注意が必要です。

ちなみにご夫婦別々に申告をした際に、それぞれのパートナーの収入を見積もりで申告した場合でも、国税局のデータマッチングにより Combined Income (世帯所得) が基準金額を超えた場合は後日追徴されることになります。

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ケアンズにて第2子出産

経歴の続き、、、

こうしてケアンズにて銀行員生活を送っている時に、第2子を授かりました。35週くらいまで働きマタニティーリーブに入りました。

銀行で親しくなったスタックにベイビーシャワー (産まれてくる子を祝福して赤ちゃん用品などをプレゼントしれくれるパーティー) をしてもらったり、忙しい私の両親に代わり、夫の両親が手伝いに来てくれたり準備は万端でした。

無事に次女が産まれると、長女のときとは正反対 (第1子出産、参照) ケアンズで交流のあった日本人ママたちや、家族、友達、ご近所さんなどに囲まれ病室はお花やカードであふれていました。本当に嬉しかったです。

ただ産まれてきた次女は長女とは正反対でとても手のかかる赤ちゃんでした。

次女の特徴:

母乳以外は拒否 (いいことなんですが、、、)

2時間と続けて寝ない

スーパーセンシティブ (コトッ、カタッ、という音にも反応してしまう)

乳幼児の時から人見知り (基本的に父母以外だれにも抱かれたくない)

こんな調子で 9ヶ月ですから、私はゾンビのようでした。3時間でいいから続けて寝たい、が私の切実な願いでした。なんでも喜んで手伝ってくれる夫ですが、授乳だけは無理ですので、夜中に何度も授乳で起きて次女を抱いてゆ~らゆ~ら (内心い~らい~ら) している横でガーガーと気持ちよさそうに寝ています。

夫を蹴飛ばしたいという気持ちと、娘を放り出したい気持ち (ごめんなさい、でもそのくらい精神的に参っていたんです。) との葛藤でした。

ボトルでまとまった量を飲んでくれればもっとよく寝てくれるかも、との思いから断乳も数回試みましたが、娘はハンストで抵抗、2日たっても 30ml 程度しかミルクは飲んでくれず、泣き続けられると、胸は張って痛いし、泣かれてつらいし、で勝利するのはいつも娘でした。

離乳食もほとんど食べてくれず、睡眠パターンも改善せず、本当に悩むばかりの育児でしたが、Child Health Clinic (保健所?のようなサービス) のナースには本当にお世話になりました。普通は定期的に通って、赤ちゃんの体重を量ってもらったり、様子を話したりするところなのですが、私のように困っているママのところへは出張してくれたり、ただ涙しか出ない状況でもやさし~く、聞いてくれ相談にのってくれます。

本当に無事に育ててこられたのも、こういう素晴らしい制度とサービスが整っていたおかげだと思います。いまさらながら感謝です。

ちなみに娘が10ヶ月になっても、2-3時間おきの授乳と睡眠だったのでナースと何度も相談して Controlled crying techniqueにてなんとか夜は 4-5時間寝てくれるようになりました。こちらも精神的にボロボロになりますが、どうしてもという状況ではやむを得ない手段だし、母子お互いにとって必要な場合があると思います。

次女はいまだに、頑固で気が強く、思ったことは考える前に行動する、とてもやんちゃな娘ですが、何事にもくじけない強さがあるので将来は大物になる、と期待しています。

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月27日 (木)

センターリンクからのボーナス

日本では定額給付金を支払うのに、賛否両論ゴタゴタしている中、、、

オーストラリアでは、Economic Security Strategy Payment が支払われます。FTB - A (Family Tax Benefit A) の受給資格者が対象ですので、残念ながらお子さんがいらっしゃらない方はもらえません。

対象者にはお子さん一人につき $1,000 (約 62,300円) が支給されます。(ラッキー、うちは3人です。)

通常の FTB - A を Fortnight payment で支給を受けている方には、12月20日前に口座に振り込まれます。年度末一括支給の方は、その一括の Payment と同時に支払われます。

ということは、タックスリターンをしなければ支給されません。もう申告した方は、楽しみに待っていてください。

しかし、日本と比べてこのアクションの速さ、素晴らしいです。これもタックスファイルナンバーによって、家族の収入や家族構成のデータベースがきっちり管理されているからです。

日本では、収入による制限を付ける、付けないで大きな議論になっていますし、地方自治体にその決断を任せる、なんて中途半端なことをしてしまったおかげで、自治体から政府が非難されるし、、、せっかく国民のため、経済対策にと支払われる定額給付金なのに、逆に非難されるなんて、、、政府としては苦しいところです。

私がまず思ったのは、日本の住民票制度で、現在住所不定の方などがたくさんいると思われるなか、本当に支援を必要としている人に給付金が支給されるのであろうか、ということ。また、地方自治体と国税局のデータベースシステムが、本当に有効に機能して高額所得者とそうでない方を公平に区別できるのか、ということです。

日本では住民票制度などの、かなり大掛かりなシステムアップグレードが求められると思います。背番号制度 (タックスファイルナンバーのようなシステム) には随分昔から議論が交わされていますが、反対勢力が大きすぎるんですよね。でも反対する方って、高額所得者でしょ?政治家とか、政治家の支援団体とか、宗教団体とか、非課税のわけのわからない団体が多すぎます。

もちろん、キチンとした活動をしていらっしゃる宗教団体、政治資金団体もあるのでしょうが、あまりにも不透明だと思いませんか?

9.11 のテロ後、随分と法改正が進み、先進国間でのデータ交換がさかんになり、ここ数年では、日本からでも、オーストラリアからでも資金の移動が全て監視され、情報交換されるようになりましたが、それ以前にかなりの資産家が海外に資金を移動していたのも銀行での仕事などを通じて見てきています。(宗教関係者、多いですよ)非課税の収入で、個人資産を膨らませ、資産隠しが当たり前、天罰がないんでしょうか?

今日は熱くなりました。失礼いたしました。

また改めて、先進国間のデータベース共有システムについてお話したいと思います。

にほんブログ村 海外生活ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月26日 (水)

デトックス その4

今朝、ナチュロパスと3度目のコンサルテーションがありました。

過去4週間の食事制限の努力がむなしく(もしくは、お陰で?)あごには過去経験したことがないほどの巨大ニキビが、、、ここ数日膿が出ています。weep

考え方 1. デトックス効果で毒素が出ている

考え方 2. 全然意味のないことをしている

私は単純で以外と楽観的なところがあるので、1 の案に賛成です。(そうでも思わないとやってられない、が本心かもしれません。)

まあ、これで顔が治らなくても、食事を変えたことで多少お腹まわりもすっきりしたし、なにせ油物やジャンクフードを食べなくなったので、家族の健康も手に入れた、と思うことにしています。

以前ひどい食生活をしていたとは思いませんが、気がつかないうちに食べていて体に負担をかけているものが多いということには気がつかされました。最近では、肉料理は週1回程度で、あとは魚中心です。野菜の量は倍以上になっています。

子供のモーニングティーに持たせるおやつもなるべく手作りするようになりましたし、年頃の娘は自分もナチュロパスなり、ダイエティシャンなりにコンサルテーションを受けダイエットしたいなどど言い出しています。“ママの作ったノンオイル、ノーグルテン、ノーウィートの食事をしていれば必ず痩せる”と言ってごまかしていますが、、、

ただ今回から新たに、リバーおよび血液をクレンズするハーブを飲むことに、、、リバーデトックス加速のためと理解しています。これが強烈な味と匂いで、昔の私なら飲まないだろうなと思いますが、歳をとるというのは楽しいですね。できないと思うことが少なくなるような気がします。ただ単に度胸がついただけかも?

ということで、私のデトックスプログラムはまだまだ続きます。

にほんブログ村 海外生活ブログへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年11月25日 (火)

フランジパーニの木の続き

3週間前に買ったフランジパーニをやっと大きめのポットに植え替えてあげました。

Photo0098 ご覧のように随分葉っぱも増えて大きくなっています。

早くツボミが出てこないかなあ。。。

植え替える前に最近のゴールドコーストの嵐、強風で何度も倒れてしまっていました。ごめんねー。これで大丈夫だと思うのですが、、、早く地面に植えてあげたいけれど、しばらくこれで我慢してね。

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月24日 (月)

MYOB 会計ソフト

もうおなじみの MYOB ですが、この会計ソフトに関して少しお話します。

MYOB は Mind Your Own Business のかしら文字で、オーストラリア生まれの会計ソフトウェア会社です。1991年に発足して以来、小~中規模ビジネスの会計ニーズをつかみユーザーフレンドリーなソフトを開発しマーケットシェアを拡大してきました。1999年に上場した優秀な会社です。

統計では、3つに2つの会計事務所がMYOB を薦めているとのことです。(私の事務所でもMYOBを導入しています。)

MYOB 会計ソフトの特徴

  • 140以上のレポートやグラフなどによりビジネスの動向が自分の目で確認できる
  • 簿記の知識がなくても比較的簡単に操作できる
  • 税法の変更などを常にアップデートしている
  • 自分で記録をまとめて会計士に提出できるので費用をおさえられる

などメリットがたくさんです。

単に MYOB と言っても、いろいろな種類があります。お値段は $200 前後から $1,500~ と幅があります。(特殊なソフトやユーザーを複数登録する場合は追加でライセンスフィーがかかります。)業種や給与支払いの有無などによって使いやすいMYOB を選んでください。

ソフトウェアを購入した後の Subscription (年会費) が負担に感じられますが、これで税金のレートや税法の変更などがあった場合に常にアップデートしてもらえますし、使い方について分からないことがあった場合に電話サポートなどが利用できますので、加入されることをお勧めいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月22日 (土)

ケアンズでの新生活

こうしてはるばるキャンベラから移動し、1994年の終わりからケアンズでの新生活が始まりました。

夫の職場の上司の方達も大変よくしてくださり、私が日本では銀行で働いていたというと、ANZ銀行のマネージャーにお話してくださり、パートで働かないかというもったいないようなお話をいただきました。

何しろ、キャンベラでは約10ヶ月家にこもっていましたので、不安もありましたが2つ返事でOK しました。研修を数日受けて、どこの国でも銀行のシステムは同じなんだと、言葉の壁は知識でカバーできると自信もつきました。

日本での経験がここで活かせるなんて考えてもみませんでした。ANZ 銀行ケアンズ支店では、テラーとして働くことに、、、当時、まれに日本人のお客さんが来ていたものの、まだまだ数は少なく、日本人のお客さまのためにだけスタッフをおくことはできないと言われていたので、あくまでも現地スタッフと同じ条件で働き、日本人のお客様がきて言葉の問題があった場合に私がお役に立てればといった状況でした。

100% 現地スタッフの中で働くという経験は、楽しいことばかりではありません。イヤな思いもたくさんしましたし、お客様から差別を受け涙したこともありました。sweat02

でもそんな思いをするたびに、“悔しい、絶対見返してやる!”と強く心にきざみ、頑張ってきました。会話がなんとかなっても、やはり常識不足や読み書きでのハンディーがついてきます。

例えば、Bank Cheque (銀行小切手) を依頼されても、支払い先を指示されてもほとんど聞き取れないんです。聞き取れても、知識がないとタイプしようがないんです。

Please make a bank cheque of $5,000 to ATO. (5千ドルの国税局宛の銀行振り出し小切手を作ってください。)

と言われても、ATO が何だか分からなければ、Australian Taxation Office とタイプするのは不可能なのです。考えてみてください。こうやって省略形で示されているものってたくさんあるんです。

“すみませんが、スペルをここに書いてください”という度に本当に恥ずかしい思いをしました。そりゃあそうですよね。大手銀行の社員が漢字が書けないので教えてください、って言ってるようなものですからね。

まあこういった恥ずかしさから、もっと勉強しなくては、という意思が再度生まれました。パートで働きながら、TAFE のライティングのコースにも通いました。

テラーとして半年くらい働いた後、送金手続き、口座の新規開設や解約、定期預金の相談から保険の販売まで行う Information Officer になりました。このころになるとかなり自信もつき、日本人に限らずお客さまのご相談を受け事務をこなしていました。

いつでも、どこでもハッピーな長女は保育園も喜んで行ってくれましたし、夫の仕事も順調で、私も仕事が終われば 100% 母親、主婦業に戻れるので、毎日楽しくて仕方がありませんでした。

なんといっても、子供のこと以外に夫と仕事の話ができるようになったことは本当に新鮮で嬉しいことでした。こんな私を採用してくれた ANZ に心から感謝です。 

ブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

車で引越し3000km

1994年をキャンベラで過ごした私達家族は、夫の就職が決まったケアンズへと引っ越すことになりました。

これってオーストラリア東海岸縦断です。距離3000キロ。。。

またしても家具の引越しにお金がかかるので、自分達は2歳前の長女を連れて車で移動することを決心 rvcar (小さいお子さんがいる方にはお勧めできません!)

Canberra - Gold Coast (1300km)

確かシドニーを超えたあたりで1泊し、まずはゴールドコーストへ。途中、グラフトンでジャカランダ並木がとても美しかったのを覚えています。ゴールドコーストでは奮発してロイヤルパインズリゾートに泊まり、友達に会ったり、お世話になった方にご挨拶したりと楽しい時間を過ごしました。

Gold Coast - Gympie (300km)

慣れ親しんだゴールドコーストを出たとたん、未知の土地への不安が、、、ギンピーでは偏頭痛に悩まされ、娘もぐずるし、、、後部座席で2時間くらい泣き続けられ、精神的にボロボロになりました。

Gympie - Rockhampton (400km)

もう強行はイヤと断言!早めに小綺麗なモーテルを探しゆっくりと休む。

Rockhampton - Townsville (600km)

このあたりから海が見えるたびに感動 wave まさにエメラルドグリーン。本当に美しい色に感動しました。

Townsville - Cairns (400km)

海の色がさらに明るい色になり、頬にあたる風も暖かく、日差しも一段と強く、第一印象はまさにトロピカル sun

とうとう新天地ケアンズにやってきました。明るい日差しのケアンズに不安はすっかり吹き飛びワクワクした気分で新しい生活を始めることになりました。

 

にほんブログ村 海外生活ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月21日 (金)

デトックス

私のデトックスの続きですが、、、

先日ゴールドコーストで一番大きいという健康食品店に行って来ました。お目当てのそば粉100% のそば、、、250グラムで $7.50、、、sign01

こんな高価なおソバはやっぱり食べ続けることはできません。(味も食感もイマイチでしたし)

それ以外には、小麦粉フリー、グルテンフリー、オーガニックのビスケットやパスタ、ソイチーズ!!!を見つけて買ってきました。(大変痛い出費です。夫に値段は見せられません。)

家族の食事をこれらの材料で作るのは絶対むり、、、ひそかに私の分だけオーガニックにしようか?と主婦としてあるまじき考えがよぎりました。。。

昨日はランチに海老とほうれん草のクリームパスタをソイチーズと豆乳で作ってみました。ちょっと材料を聞くと想像したくない味ですが、、、とってもおいしかったです。体にいいと思うと余計においしく感じるものです。

これだけいろいろ頑張っても、相変わらず顔はブツブツしてますが、、、毒が出ているんだとひらきなおり続けていきます。

12月に日本に帰る際に毛髪ミネラルテストをしてみようと思っています。随時お知らせするつもりです。

ブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月20日 (木)

オーストラリアの福祉を支える税金

オーストラリアはアメリカの低福祉、低負担、スウェーデンの高福祉、高負担の間の中福祉、中負担の国です。

センターリンクからは、

  • Newstart Allowance (就職支援のための補助金)
  • Youth Allowance (若者支援の補助金)
  • Age Pension (老齢年金ただし保険金の支払い義務なし)

などや、ファミリーアシスタンスオフィスからは、

  • Baby Bonus (出産給付金)
  • Child Care Benefit & Child Care Rebate (保育園費用援助金)
  • Immunisation Allowance (予防接種を奨励するための給付金)
  • Rent Assistance (家賃補助金)
  • Family Tax Benefit A & B (家族構成や状況により受けられる給付金)

などが支給されます。これらの支給はほとんどの場合タックスリターンによる各個人や家族の収入により金額や割合などが算定されますので、受取り額が少なかった人にはタックスリターンを申告することで差額分が支払われますし、またもらい過ぎていた人は払い戻しをしなくてはなりません。

パーフェクトとは言えないかもしれませんが、極めて公平なシステムであると思います。

これらの素晴らしい福祉を支えているのが、私達が支払う税金です。確かに税率は日本に比べれば高いですが、受け取っている給付金や補助金、また何かあったときにキチンと機能し補助が出る制度を考えれば、決して高すぎるとは言えません。

永住している方、特にお子さんのいらっしゃる方であれば、なんらかの形でオーストラリアの福祉の恩恵を受けているはずです。誰でも高い税金は払いたくないものですが、この素晴らしい環境とシステムをサポートする意味でも正しい税務申告をして、この制度を支えていきたいものです。

そうはいっても給与所得者でない方は、年度末に予想外のタックス支払いが発生し頭を痛めることがあるのも事実です。でも年度前にキチンと専門家に相談し、正しい予定納税を支払ったり、納税額の予測を立てることで、このような状況を回避することができます。

一度タックスリターンの内容をよく見直し、受けられる控除などが漏れていないか、また納税額が少なすぎて、リスクを負っていないか、などをご検討ください。

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月19日 (水)

再びキャンベラへ

1994年の夏、長女もすくすくと育ち、ブロードビーチの暗~いユニットからメリマックの新築のユニットへ引越しました。新しく家具も買いそろえ、新しい出発といったところでしょうか?

ところが引っ越して、2ヶ月、夫がキャンベラへ引っ越すぞと言い出しました。なんでも仕事の研修制度が ANU (オーストラリア国立大学) であるとのこと。。。

こうやって B型の本領発揮が始まり、ある日突然予定もしていなかったことを実行することになりました。わかっていたら家具なんか買わなかったのに。。。レントだって契約期間を破って出ることになり、引越しにも大変お金がかかってしまいました。

秋深まるキャンベラへ逆戻り、、、、キャンベラの冬は経験した人でないとわかりませんが、タスマニアより寒いんです!snow

盆地なので雪が降らないのに、気温が下がる下がる。真冬の朝、気温は毎日マイナス9度でした。そしてまた古~い家を借りたので、お湯タンクが小さくお風呂にもまともに入れず、シャワーを浴びてもいつお湯が切れるかとハラハラ。ガレージもなかったので、毎朝ガチガチに凍った車のフロントガラスを熱湯で溶かすのが日課に、、、、

本当に美しい都市、キャンベラ、一度は観光に行かれることをお勧めいたしますが、絶対冬は避けるべきかと思います。

町は大変きれいに整備され、公共のプールや公園もたくさんあります。でもはっきり言って使える季節が短くてもったいないなあ、、、というのが私の感想です。

この寒いキャンベラで、ほとんど娘と二人家で過ごしました。これほど、テレビを見まくったことは後にも、先にもこの時期だけです。でもセサミストリートから始まり、オーストラリアのトークショー、アメリカの昼ドラまで見てましたので、1000時間ヒアリングマラソンではないですが、かなり耳が英語付けになり、それなりに役に立ったと思っています。

どんなにネガティブに思えることでも、無駄になることってないんですよね。私は全てに意味があると信じています。

にほんブログ村 英語ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月18日 (火)

オーストラリアの課税制度

オーストラリアでは納税者番号(タックスファイルナンバー)の取得が義務付けられており、税金の支払いに関しても、社会保障にしても、とても公平なシステムが整っていると言えます。

所得税に関しては、日本と同様の累進課税率が導入されており、各個人の収入に応じて、税率が変わってきます。2008-2009会計年度では、、、

0 - $6,000                     Nil

$6,001 - $34,000            15%

$34,001 - $80,000           30%

$80,001 - $180,000         40%

$180,001 +                    45%

(税法上の居住者の税率)

例えば、年収 $80,000 の場合、納税額は $18,600 となり、平均するとこの方の課税率は 23.25% となります。(メディケア、その他の家族構成による影響を無視した場合)

タックスリターンという名称で誤解を生じる場合もありますが、これは確定申告ですので、個人事業主の方や、給与所得者であってもその他の収入がある場合などは、タックスリターンを申請することで納税義務が生じることになります。

給与として収入を得ている方は、その年収に応じ源泉徴収されているはずです。しかし、会計年度の途中から働き出した場合や、途中で退職した場合などは、当然一年間の収入が予定の年収より低くなりますので、タックスリターンを申請することで源泉徴収分から払いすぎた税金が還付されることになります。

また、給与に対する源泉徴収税にはメディケアレビーの 1.5% も含まれておりますので、ビジネスビザ、学生ビザの方など、メディケアを使えない方の場合は、タックスリターン申請時に Medicare Levy Exemption の申請をすることで、メディケアレビー分の1.5% も還付されることになります。

シンプルなタックスリターンであっても、家族構成、収入の種類、センターリンクとの関係、健康保険の有無など、様々な状況により還付金に影響が出てきます。

郵便局で手に入るタックスパックには、かなり詳しく説明が出ていますので、一度ゆっくり全てのページに目を通して見てください。毎年同じと思っている方でも、税法はどんどん変化していますので、必ず新しい発見があることと思います。

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月17日 (月)

オフィス緑化運動

Photo0096 私も今年3月より、自宅がオフィスとなりました。夫は2年以上前から自宅オフィスです。

今お借りしている家自体は、天井も高く、窓も多く、とても素晴らしい環境なのですが、オフィスは窓が少なく暗いのです。

夫が元のオフィスから持ち込んだ黒いオフィス家具も、またいっそうオフィスを暗くしています。このせまいオフィスに書籍、ファイル、PC3台、ファックス、巨大フォトコピア、、、、

電磁波が万延するこの環境で、オフィス緑化運動をはじめました。

手始めに文房具類がゴロゴロしていた箇所に緑を。bud

これだけで、随分きもちが明るくなりました。さらに緑化をすすめていきたいと思います。

にほんブログ村 海外生活ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月16日 (日)

第一子出産

経歴の続きをお話します。

ゴールドコーストでは、夫は大学卒業に向け勉強の日々、私はアルバイトに勤しんでいました。1993年にめでたく長女を授かりました。

喜びの出産のお話をしたいところですが、海外での2人きりの出産はとてもさみしいものでした。キャンベラでの友達や、ゴールドコーストでできた友達も帰国してしまっていたので、病室で隣のママに毎日家族や友達が詰めかけ、花束やバルーンが増えるたびに、私は行き場を失い涙がとまりませんでした。

そんな中、お祝いに来てくれた夫の大学の友人達、バイト先のスタッフには心から感謝です。

妊娠39週で生まれてきた長女は2600グラムしかありませんでしたが、私にとってはとてもつらい場所だった病院を一日も早く出たかったので、4日目には退院をしました。

でも長女が誕生したのをきっかけに、私の母親が手伝いに来てくれたり、夫の両親にも写真を送ったりと交流が再開し、この子がまわりのみんなに幸せを運んで来てくれました。sun

赤ちゃんを抱いたことも、触ったことも無かった私ですが、幸いにも夫が姪っ子や甥っ子が生まれた時のことを覚えていたもので、あーでもない、こーでもない、と言いながらなんとか育ててきました。

本当にニコニコの Happy Baby で、これといった病気もせず元気に育ってくれて、本当にありがたいことです。

その長女がもうすぐ16歳、、、時が経つのは早いですね~。私の気持ちは20代の時となにも変わっていないのに、、、coldsweats01

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月15日 (土)

ヨガ

今朝3,4年間サボっていたヨガクラスに復帰してしまいました note

6年くらい前に、かなり精神的に参っていたときに始めたヨガ。すくわれました。多分生まれて初めて自分の Mind が自由になったというか、まわりの人や物事から切り離すことができたというか、、、経験ある方なら分かっていただけると思うのですが、、、

典型的な A型人間の私にとって、B型一匹おおかみの夫との暮らしは退屈はしませんが、かなりストレスになることも、、、何を言い出すか想像つきませんし。当時おさない3人の子育てをしながらの大学での勉強もかなりのストレスでした。

とにかく、ヨガに通い出してから、精神的にいろいろ楽になりました。当時は週2回くらい通っていましたが、仕事が忙しくなり週末の朝早起きして行くことがどうしてもできず、結局3年以上行けなかったと思います。

でもしっかりその精神は心の中にあったので、瞑想やストレッチなどは続けていました。スピリチュアルな本もたくさん読みましたし。。。

最近、ヨガの講師をされている方のブログを読み、ヨガ精神を刺激されてしまったのかも。

6年前から心を和ませてもらった美しいヨガの先生は、相変わらず美しく、3年以上もご無沙汰した私を覚えていてくれました。 heart01 感動です。

体がついていくのか心配していましたが、なんとかOKでした。なんとも久しぶりに気持ちよ~く体を動かしてきました。

リラックスして外に出てみれば、空も青いし、花も美しい。やはり体の中から、心の中からキレイでないと美しいものが見えないんですね。

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月14日 (金)

会計士の仕事

会計士の仕事ってどんなものでしょうか?

会計士といっても、事務所が専門とするエリアによってかなり仕事内容に幅があります。

私はずっと小規模な事務所勤務だったので、いわゆる Special Purpose Financial Statement (基本的には内部用の決算書)作成と、企業の Tax Return (税務申告)準備、パートナーシップや、個人事業主の方の税務申告、それと一般的な個人給与所得者のタックスリターンを専門に仕事をしてきました。

ですので、大規模な事務所で大企業の決算処理に関わったことはありません。残念ながら、、、

でも、お客さまのビジネスを、起業からお手伝いし、ブックキーピング、決算と税務申告、1から10まで見届けることができる仕事が大好きです。

小さな会計事務所でも、最近は分業が進み、1人のスタッフが特定のお客さまの仕事のすべてをお手伝いする、ということはあまりありません。

ブックキーピングを手伝うスタッフ、BASを準備する人と、決算書を準備する人が別人というのはよくあることですが、小規模ビジネスの場合デメリットが多いと思います。

私は分業は大嫌い、自分でやり始めた仕事は自分で最後まで見届けたいからです。

そして、起業からすべてを自分の目で見てますので、ビジネスの動向も分析しやすいですし、なにせ、別のスタッフが1から決算処理を始めるのに比べ、半分の時間で処理が進みます。

会計士は、時間チャージですので、これはバカになりません。

以前、友人の会計事務所を手伝ったことがありましたが、決算や税務申告に必要な情報を得るのに、いちいちその事務所のスタッフを通さなければならず、そのたびに仕事がストップし、またお願いした情報が正確に入ってこなかったりと、非常に効率が悪いと感じました。

独立してからは、自分のペースで、自分の納得がいく仕事ができて、お客さまに感謝していただけるので、とてもやりがいを感じています。好きな仕事ができるって幸せです。

にほんブログ村 資格ブログ 会計系資格へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月13日 (木)

リバーデトックスの続き

2週間、ナチュロパスに言われた通りの (ほとんど守っていたと思います、、、多分) リバーデトックス、クレンジングダイエットを頑張った私は、2回目のアポにはりきって出かけました。

体重も2キロ近く落ちたし、体が軽くなった感じもしてます。(何を食べていいか分からず、ザルそばばかり食べていれば、当然体重落ちますね。)

肌の調子はというと、、、、

最初の1週間は吹き出物が出ず、すごい効果だ!と思っていたものの、毒素が出るわよ、と言われていたので覚悟はできていましたが、2週目に入ると、直系1.5cm もあるようなしこり付きの赤い吹き出物が、、、、ブツブツと出ています。

これも今までの人生で、溜めてしまった毒素だ、とひらきなおり食事制限を続けています。

"You are doing great! Keep up the good work!!"

とこっちの人の得意な褒め攻撃。まあ、そう言われて悪い気はしませんが。。。ただショックだったのは、ソバOKと言われ浮かれて、ソバばかり食べていたのですが、実は私の食べていたソバには、小麦粉が入っていました。sweat02

2週間の努力はなんだったのか?そのせいで、肌が悪化したとは思いませんが、、、

Wheat の入っていないソバは、特殊な健康食品店でしか手に入らず高価であるとのこと。

高価なソバって、、、、sign02 お値段が気になりますが、いずれ探しに行こうと思っています。

でもラベルを見ながら買い物をしていると、本当になんにでも、Wheat, Gluten が入っているのですね。

家族お気に入りのレシピも、食事制限によりほとんど作れなくなりました。お弁当にも活躍していた、ベーコン&コーンマフィンや、バナナマフィン、これからは小麦粉の代用品、Spelt Flour で作ってみようと思います。

Wheat, Gluten, Yeast などを使わずにできる、おいしいレシピ、またレシピサイトなどをご存知の方がいらしたら是非ご連絡ください。

にほんブログ村 海外生活ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月12日 (水)

ゴールドコーストでの生活

1992年、キャンベラからゴールドコーストへとやって来た私は、すぐアルバイトを探し始めました。友達の紹介で、サーファーズの免税店と、オパールとお土産を売るお店とを、かけもちで始めました。

キャンベラでは、外国人は基本的に少ないので、どこへ行っても英語が話せてあたりまえ。でも、ゴールドコーストに来ると、日本人をはじめ外国人が多いこと!免税店では、ほとんどがワーホリで来ていた子達だったので、お客様のためにタクシーを呼んであげたら、すっごーい、と尊敬の眼差しを受けました。まんざらでもない私でしたが、やはりもっと英語力を伸ばしたいと思い、オーナーや他のスタッフは全てオージーだったオパールとお土産のお店に仕事をしぼりました。

当時、私の両親、夫の両親から勘当状態(?)の私達でしたが、それまでの人生では出会ったことのない信頼できる人、尊敬できる人、パワーをもらえる人であり、(結婚17年の今でも変わっていません!)運命の人であることを感じていましたので、紙切れ1枚のことですが、籍を入れ結婚生活が始まりました。

本当に彼と出会ってから、今まで出来ないとあきらめていたことが、やる気と努力で実現可能だということを教えられました。

思い返すと、オーストラリアに来る決断、ここに残る決断、夫との結婚の決断、、、

すべて私にとっては運命の決断であり、今につながるポジティブな決断であったと思います。

こうして、彼は大学の勉強に打ち込み、私はアルバイトをしながら貯金、という幸せな日々が続きました。キャンベラのTAFE からこちらのTAFE に変更しようかという選択支もあったのですが、当時ゴールドコーストのTAFE はイマイチ柄が悪く感じて、勉強はしばらくお預けとなりました。

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 9日 (日)

ABN ナンバー

さて、今回はABNナンバーについてお話します。

ABN (Australian Business Number)はオーストラリアにおいて、ビジネス活動をする方、または企業すべてに取得が義務付けられています。

  • 個人事業主
  • パートナーシップ
  • トラスト
  • 会社

これら全ての組織が ABN ナンバーを取得して、業務を行っています。

個人事業主、パートナーシップの設定は比較的簡単に ABR (Australian Business Register) のウェブサイトから申し込むことができます。

申し込みをする前に、下記の点を明確にする必要があります。

  • 事業形態(個人事業主または、パートナーシップ)

個人事業主は簡単にビジネスが始められるというメリットがありますが、ビジネスで得た利益は全てその個人の課税対象の収入となりますので、税金面でのデメリットがあります。

給与所得などの少ないパートナーがいる場合は、パートナーシップ形態を利用することで、利益を50%に分けることが可能です。

税金が高くなってしまうという理由で、途中からパートナーシップへ変更することも可能ですが、ABN番号が変わってしまいますし、さかのぼっての変更はできませんので、事前によく検討する必要があります。

  • 業種

申し込みの際に業種を選択する必要があります。統計上の質問なので、途中から業種が変わっても問題はありません。(国税局の監査は毎年、特定の業種をターゲットに行っていますので、ここで選択した業種が国税局のデータベースに記録されることになります。)

  • GST登録の有無

年間のターンオーバー(総売上額)が、$75,000 を超えない場合は GST (Goods and Service Tax) を登録する必要がありません。登録をすることにより、Sales Priceに 10% のGSTを乗せ、徴収したGSTを国税局に支払う義務が発生します。

煩雑な手続きが増え、必要書類や、請求書のフォーマットなど、厳しい規定があります。

  • GST登録をする場合の BAS (Business Activity Statement) 申請の頻度

GSTを登録した場合、国税局にGSTを支払うための報告をしなければなりません。BAS (Business Activity Statement) と呼ばれる事業報告書です。年に一度の報告、四半期毎の報告、月次報告がありますが、それぞれ Threshold 金額により規定がありますので確認する必要があります。

  • 給与支払い登録の有無 (PAYG Withholding tax)

個人事業主やパートナーシップでも、従業員を雇い給与を支払うことができます。これも支払い給与額により、報告頻度に規定がありますので確認の必要があります。

注意

ABNナンバーを取得するということは、事業をしている、給与以外の収入がある、ということを国税局に登録しているということですので、ビジネスの動きがなくてもタックスリターンをする必要がありますので、忘れずに申告してください。

| | コメント (28) | トラックバック (0)

2008年11月 7日 (金)

23歳の時の決断

さて、1992年23歳の私は、親の猛反対を押し切り、オーストラリアに残る決断をしました。

遠距離恋愛中のゴールドコーストに住む彼(現夫)には英語で文通などをしながら、いろいろ相談に乗ってもらいました。週末に、車で15時間かけてわずか4,5時間会うためにキャンベラまで来てくれたこともありました。

オーストラリアに残って勉強をすることを決めた私に、彼は、“英語勉強するのではなく、英語何かを勉強するべきだ” と薦めてくれました。

もし英語が上達したい!と思ってる方がいたら、これ本当ですよ~。英語を勉強しているうちは絶対なっとくがいく英語力は得られません。よくいわれることですが、言語はツールなので、ツールは使ってナンボなんですね。

ということで、ファイナンス、会計に興味があった私はキャンベラTAFEのアカウンティングコースに通うため、必死で勉強し IELTS のスコアをクリアしました。(ここだけの話ですが、スピーキングのテストにとても恐怖を抱いていた私は、試験 30分前にワインを一杯ひっかけて臨みました。それが功を成したのか、テストの間中、話が途切れることはありませんでしたよwine

晴れて、新学期からキャンベラTAFE の会計学コースに通うことになった私でしたが、新学期まで3,4ヶ月あるし、生活費も稼がねばということで、アルバイトならゴールドコーストだ!と秋深まり枯葉散るさみしいキャンベラmaple からまだ夏を思わせる青空のゴールドコーストwave へとやってきたのでした。

にほんブログ村 英語ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 5日 (水)

リバーデトックス

先週、2年ぶりに Naturopath ナチュロパス(自然療法士と訳していいのでしょうか?)のアポを取り、コンサルテーションをしてもらいました。

長年の頭痛との付き合い方も分かってきたし、これといって健康に問題があったわけではないのですが、お肌の曲がり角を曲がったとたんに始まった、吹き出物の悩みはここ10年相変わらずでした。

2年間、前回薦められたビタミンB 郡、C、マグネシウム、亜鉛などが含まれているサプリメントをのみ続けていたので、このままでいいのかしら?と思ったのがきっかけです。

ナチュロパスのお姉さんは私の顔を見るなり、あごの吹き出物は Liver (肝臓)が原因で、鼻の周りは Digestive system(消化器系)と断言。日々の食生活の中でたまった毒素を出す必要があるとのこと。(いわゆるデトックスというやつですね。)

そのために必要なタブレットと、ミネラル補給のための真っ黒な液体、そして消化器系の働きを助ける粉状のもの、とオメガ3補給のための Flaxseed Oil を購入することに、、、

同時に食生活を改善しなさい、と血液型ダイエットと題されたブローシャーをもらい、A型にあった食品をなるべく食べるよう心がけ、あわない食品を避けるようにと言われました。

特にこの2週間はデトックスのため、厳しい食事制限を言い渡されました。

禁止食品 ban

パン、パスタ、うどん(小麦粉製品全部だめ)、肉類、トマト、チリ、揚げ物、砂糖、醤油、塩、油、バター、牛乳、乳製品、柑橘系くだもの、など

代用食品 ok

豆乳、お米、そば、魚、青い野菜、ブラウンシュガー、シーソルト、たまり醤油、ライスシリアル、低温抽出オリーブオイル、(これらすべてオーガニックのもの)

え~、その日からいったい何を食べていいのか、分からなくなったのですが、とりあえずご飯はOKなので、ホッ。豆乳は最近飲み始めていたので、オーガニックのものに変えOK。

でも、ここ1週間お昼は毎日おそば、、、

小麦粉、イーストが入っていないパンを見つけたのですが、、、おいしくないですね。新たに調味料をそろえるだけでお財布にも痛いし、、、

育ち盛りの息子は“肉”を食べたがるし、、、

こんな生活続けられない!と思いつつ1週間が過ぎました。でもなんだか、気のせいか、調子がいいんですよね~。体調もいいし、次から次へと出てくる吹き出物も、なんだかちょっとおさまっているかしらnote

いえいえ、まだ1週間、時期尚早でしょう。

でも、ちょっとだけ2,3週間後が楽しみな私です。結論は出すのはまだ早いのですが、あらためて食生活って、いろいろ影響があるんだなあ、と感じています。

今後じっくり検証し、またご報告します。

ブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 4日 (火)

留学決意

こうして、(経歴の続きです)2年半ほど英語学校に通ったものの、なにか自分の目指していたバイリンガルには程遠い現実を知った私は、“じゃあ留学しよう”と決意しました。

行き先は、、、アメリカは今更だし~、治安も悪そうだし~、カナダかオーストラリアにしようnote

カナダは寒そうだから~、オーストラリアにしようnotes

本当に簡単に、単純に決めました。それからオーストラリアで英語が学べる学校を探したのですが、当時は(1991年!)まだエージェントなどというものも無く、インターネットなどというものも普及しておらず、、、アルクの出版していた本や、旅行関係の本など、少ない情報の中から、手探りで探しました。

手探りというよりも、何しろ今みたいにウェブサイトで教師人の顔を見たり、校舎を見たりできるわけではないので、ほとんど想像の世界でした。

こうして、晴れてキャンベラ大学の英語コースへ通うべく、貯金を全てはたいて運命のオーストラリアへとやって来たわけです。

キャンベラの印象は?

すべて整然としている。

建築物がうつくしい。

緑がきれい。

静かで人がいない。

さみしい。。。

大きな期待を抱きキャンベラに来ましたが、とにかくさみしくて、人恋しくて、今思うとこんなキャンベラで出会った夫と恋に落ちたのも無理はなかったのかなあ。。。heart04

話を元にもどします。

キャンベラ大学の英語コースは、ラオスからの政府関係者がたくさんと、ヨーロッパの学生、東南アジアの学生、日本人も10%くらいはいたかなあ?充実していました。最初は自分のヒアリングの弱さを思い知り、自信喪失状態でした。

サマータイムも知らず、1時間遅れて学校に行ったり、、、ホームステイをしたものの、イマイチ楽しむことができませんでした。日本人学生を常に1人以上は置いている、というご家庭だったので、私が用意していった日本のおみやげは出せずじまいでしたsweat02 だって、もうすでに数え切れないくらいの日本のこけしや折り紙やいろいろなものが飾ってあったんです。。。

キャンベラには若者が楽しく遊べるような所はどこにもないので、当然ひまをもてあますことになり、まあ、目的どおりに勉強するには本当に良いところでした。たくさん勉強し、サマーキャンプなども楽しみ、予定の6ヶ月はアッというまに過ぎてしまいました。

ここで大きな転機が、、、

私の目指していた英語のレベルにはまた程遠い、、、でももう貯金もつきて、、、

そんな時、当時ゴールドコーストから遊びに来ていた夫(日本人、11歳年上、当時学生)と出会い、強く、このまま勉強を続けるべきだと薦められます。そして、日本の両親を裏切り、帰国をやめオーストラリアで勉強を続けることを決心したのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 1日 (土)

タックスリターンの期限

2008会計年度のタックスリターン(税務申告)は、もう済みましたか?

早く処理しなければ、と思いつつも、時間が経つのは早いものですね。もう通常の個人のタックスリターン期限の10月31日が過ぎてしまいました。

今週は最後の週ということもあり、私も随分駆け込みのお客様からお電話をいただきました。

10月31日は、ご自身で Tax Pack や e-Tax などを使って申告する方の期限となります。前年度に税理士にタックスリターンを依頼し準備された方は、通常はその税理士とエージェント登録がされておりますので、その場合の申告の期限は翌年の5月15日となります。

初めての方や、前年度のタックスリターンをご自身で申告された方は、税理士に、このエージェント登録をしてもらうことで期限が延長できます。また、ご自身で国税局に直接電話をして、理由を話し、期限を延長してもらうことも可能です。

期限を過ぎてしまった場合は、最悪のケースではペナルティーが科せられることがあります。またペナルティーは免除されても、未納の税金があった場合は 14.31% (2008年11月現在)という高いレートで利息が追徴されてしまいます。

ご自身の状況をよく理解した上で、間違いの無いタックスリターンを申告しましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »