« オーストラリアの課税制度 | トップページ | オーストラリアの福祉を支える税金 »

2008年11月19日 (水)

再びキャンベラへ

1994年の夏、長女もすくすくと育ち、ブロードビーチの暗~いユニットからメリマックの新築のユニットへ引越しました。新しく家具も買いそろえ、新しい出発といったところでしょうか?

ところが引っ越して、2ヶ月、夫がキャンベラへ引っ越すぞと言い出しました。なんでも仕事の研修制度が ANU (オーストラリア国立大学) であるとのこと。。。

こうやって B型の本領発揮が始まり、ある日突然予定もしていなかったことを実行することになりました。わかっていたら家具なんか買わなかったのに。。。レントだって契約期間を破って出ることになり、引越しにも大変お金がかかってしまいました。

秋深まるキャンベラへ逆戻り、、、、キャンベラの冬は経験した人でないとわかりませんが、タスマニアより寒いんです!snow

盆地なので雪が降らないのに、気温が下がる下がる。真冬の朝、気温は毎日マイナス9度でした。そしてまた古~い家を借りたので、お湯タンクが小さくお風呂にもまともに入れず、シャワーを浴びてもいつお湯が切れるかとハラハラ。ガレージもなかったので、毎朝ガチガチに凍った車のフロントガラスを熱湯で溶かすのが日課に、、、、

本当に美しい都市、キャンベラ、一度は観光に行かれることをお勧めいたしますが、絶対冬は避けるべきかと思います。

町は大変きれいに整備され、公共のプールや公園もたくさんあります。でもはっきり言って使える季節が短くてもったいないなあ、、、というのが私の感想です。

この寒いキャンベラで、ほとんど娘と二人家で過ごしました。これほど、テレビを見まくったことは後にも、先にもこの時期だけです。でもセサミストリートから始まり、オーストラリアのトークショー、アメリカの昼ドラまで見てましたので、1000時間ヒアリングマラソンではないですが、かなり耳が英語付けになり、それなりに役に立ったと思っています。

どんなにネガティブに思えることでも、無駄になることってないんですよね。私は全てに意味があると信じています。

にほんブログ村 英語ブログへ

|

« オーストラリアの課税制度 | トップページ | オーストラリアの福祉を支える税金 »

経歴」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1120771/25470274

この記事へのトラックバック一覧です: 再びキャンベラへ:

« オーストラリアの課税制度 | トップページ | オーストラリアの福祉を支える税金 »