« 元気が出てきました | トップページ | デトックス その5 »

2009年1月 7日 (水)

HECS オーストラリアの大学授業料

以前 HECS- HELP 制度について書きます、と言いましたのでお約束どおり簡単にお話します。

オーストラリアでは大学の授業料に対し、日本の奨学金制度の10倍素晴らしいシステムが整っています。

HELP (Higher Education Loan Program) と呼ばれておりオーストラリア政府管轄です。HELP には3種類あります。

1. HECS-HELP (Commonwealth Supported Students)  一般的にオーストラリア人学生が対象ですが、条件を満たせば永住権保持者も利用可能。前金なしで授業料の大分部を政府が肩代わりし、卒業後に各人の収入に応じて返済する制度。利息無し、CPI index (物価上昇率) 分のみ毎年加算される。

2. FEE-HELP オーストラリア人学生及び永住権を持つ学生に対し一定の限度額 (2008年度限度額 $81,600) まで貸し出す制度 (ローンフィー 20% - $10,000 を借りた場合の返済額は $12,000)

3. OS-HELP (Commonwealth Supported Students) 一般的にオーストラリア人学生を対象に海外留学のための費用を借し出す制度

対象となる永住権保持者などの条件をリストしようと思いましたが、あまりにも複雑で長くなりそうなのでやめておきます。詳しく知りたい方は下記のウェブサイトでお調べください。政府の学生向けのサイトです。かなり詳しく説明が出ています。

www.goingtouni.gov.au

少し昔の話ですが私も HECS を利用することができたため、無一文から大学に行くことができました。

(その昔は大学も無料だったオーストラリアですから、お金を払うということ自体に批判をするオージーも多いですが、、、私の場合はこの制度なしでは今の自分がありませんので大変感謝しています。)

返済期間も決まっているわけではなく、タックスリターンで確定される年収により支払い額が決まります。ちなみに今年度の最低年収は $41,595 この額を超えるまで返済の義務はありません。この最低年収を超えた場合は収入の 4% を支払う必要があります。収入の増加と比例しこの割合が上がります。逆にいうと収入の低い方は返済義務がないのです。(ただタックスファイルナンバーと連結してますので一生逃げることはできませんが、、、)

また収入に関わらず、ご自身の判断で返済していくことも可能です。$500 以上の返済をすると 10% のボーナスがつきます。つまり$1000 自己判断により返済した場合 $1100 返済したことになります。(返済を促すためのインセンティブです。)

私は大学卒業後パートタイムで働いていましたし、フルタイムになった年度中に退職したり、とこの最低年収を超えたことはありませんが、この素晴らしい制度を続けてもらいたいという気持ちが強く、毎年チビチビではありますが、地道に返済を続けています。

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ

|

« 元気が出てきました | トップページ | デトックス その5 »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

はじめまして、Stephと申します。
現在はQLDの田舎の会計事務所勤務ですが、ブリスベンやゴールドコースト方面での勤務を考えていて、色々調べていくうちにこのブログの辿りつきました!
私も前TermでCorporate Governance取りましたよ~。働きながらなのでほんとにきつかったです。来週初めまでに次Term申し込みしなきゃいけなんですよね。AikoさんはもうEnrollしましたか?私は正直迷ってます。CPAの勉強よりも先に自分の仕事の方でもっと勉強しなきゃいけないことがある気がして・・・。まぁ忙しいことへの言い訳ですけどね。
ブログの更新楽しみにしてます!

投稿: Steph | 2009年1月 7日 (水) 18時21分

Stephさん
コメントありがとうございます。
私は今学期 International Business を取ります。最後の Business Strategy & Leadership も取って2科目にしようか悩んでいることろです。今年中に終わらせたいので、今学期取っておき万が一落としたら来学期再チャレンジしようかと、、、でもこれは内緒です。落としたら情けないですからね。でも今までに2科目成功したことはありません。。。

投稿: Aiko | 2009年1月 7日 (水) 19時11分

Aikoさん、こんにちは!
あと2科目で終わりなんですね、そこまできたら早く終わらせたいとこですよね。私は始めたばかりなのであと4科目も残ってます。はぁ長い道のりですね・・・。私はTaxation取るか迷ってます。仕事上絶対取らなければいけない科目ですが、結構落としてる人がいるのでどうも気が進みません。授業料も値上がりしたし、Failだけは避けたいとこですね。どうしよ。。。

投稿: Steph | 2009年1月 7日 (水) 22時21分

Stephさん
私もCPA 始めてからここまでかなり時間がかかりました。仕事の方がおもしろくなってしまった時期があって、、、でも期限がせまり去年から慌てて真剣に取り組み初めました。Taxation は内容濃いです。適当にやって受かる科目ではないと思いますが、Tax Accountant であるならとても役に立つ科目でもあります。頑張ってくださいね。

投稿: Aiko | 2009年1月 8日 (木) 08時12分

Aikoさん、こんばんは。
ありがとうございます、なんとなく気持ちが固まってきました。たぶんTaxationとります。初回締め切りの来週の月曜まで粘ってお金は振り込みませんが・・・。頑張ります!!!

投稿: | 2009年1月 8日 (木) 23時23分

Stephさん
いろんな方が頑張っていると思うと私も頑張れそうな気がします。一緒に頑張りましょう。
Taxation のワークショップは3つもあるのですが、お勧めします。かなり実践に近い練習ができ、絶対役に立ちますよ!講師はブリスベンの Stephen がお勧めです。

投稿: Aiko | 2009年1月 9日 (金) 08時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1120771/26888806

この記事へのトラックバック一覧です: HECS オーストラリアの大学授業料:

« 元気が出てきました | トップページ | デトックス その5 »