« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月

2009年1月31日 (土)

パートナーシップ

今日はパートナーシップについて少しお話したいと思います。

ご夫婦がパートナーシップとしてビジネスを行う、というのが身近なものですが、当然友達やビジネスパートナーとの設立も可能です。人数に制限はありません。

パートナーシップのメリットと特徴は、、、

  • 比較的簡単に設立できる
  • 利益を分割できる
  • それぞれの個人とは別の事業体とみなされる
  • パートナーシップとしてのABN 番号、TFN 納税者番号が必要
  • パートナーシップとして税務申告を行い、その利益の分配に応じてさらに個人の税務申告が必要

などですが、実は意見の相違やビジネスへの投資金や投資時間などをめぐり Dispute 不和に終わりやすいのも事実です。

そこで大変重要なのが、Partnership Agreement パートナーシップ合意書、契約書です。さあ、ビジネスを始めようという時に、不和状態になったときの事を想定するのは難しいものですし、避けて通りたいものですが、この契約書があなたの資産を守ることになりますので作成を強くお勧めいたします。

この契約書が無い場合は、2人のパートナーシップの場合、双方が全ての利益、資産に対し 50% の権利を有することになります。ですから出資金の比率や、時間投資などに応じて、公平な契約書を作成することが大切になります。

家族であっても不和が起こらないとはいいきれないのが実情です。将来の争いを最小限にするためにも最初にきちんと話し合うことが大切です。

パートナーシップ契約書は通常弁護士に作成を依頼し、パートナー全ての合意のもと署名することで有効となりますが、コストがかかります。しかし将来 Dispute が起こったときの損失、精神的苦痛、弁護士費用を考えれば、絶対カットすべきではないコストです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月30日 (金)

アマゾン

またアマゾンでごそっと (?) 本を頼んでしまいました。

昨夜の NHKニュースで紹介されていた中谷巌さん著 “資本主義はなぜ自壊したのか、日本再生への提言” についてのインタビューの内容に納得できず、批判したいところですが実際の本を読まずして批判はできない、と早速オーダーしてしまいました。

他にも前から気になっていたフォトリーディングの本、仕事と関係ない小説2冊、スキンケア美顔系の本 (いくつになってもあきらめられない女性の欲求です) も一緒に頼みました。

日本円にて約 9,000 円、早く読みたいのもあり、海外発送にて直接こちらへオーダーしました。今の日本円じゃあ痛いなあ、、、などと思いつつ。

結果 AUD $232 ガ~ン!すごいショック。これって為替変動を無視した私の感覚では、2万円以上ですよ。あー痛い、本当に痛い出費でした。

エコノミッククライシス!まだ自分には波及していないと思っていましたが、こんなところで痛い目に遭うとは。日本円どうにかならないんですかねえ。

1冊約 $46 にもなってしまった本、無駄にしないようにしっかり読みたいと思います。

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

杉山選手ダブルス決勝

今日は連続の2回目のアップです。

オーストラリアオープンテニスですが、杉山選手シングルスでは3回戦で負けてしまいましたが、ダブルスでは健闘していますね。

今日のメルボルン時間午後3時からロッドレーバーアリーナにて女子ダブルス決勝戦です。

対戦相手はアメリカのウィリアムス姉妹、、、、手強そうですがタイトル獲得に向け頑張って欲しいです。

先日の2回戦突破の杉山選手の写真です。

Sugiyama_20090121

試合後インタビューを受ける杉山選手

Sugiyama_2_20090121

伊達選手もですが、彼女もとってもフィット。羨ましいです。メルボルンはまたしても!のヒートウェーブで今日も 43度だそうです。観戦しているだけで死にそうになる温度です。健闘をお祈りします。

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ

独り言 | | コメント (0) | トラックバック (0)

キャンベラでのホームステイ

なぜか昨夜突然キャンベラ時代を思い出していました。

23歳にしてオーストラリアへ語学留学した私は (随分昔のはなし!) キャンベラ大学の薦めるホステルというところへ滞在し、それから大学寮に入るか考えようと思っていました。23歳にもなっていたし、あまりホームステイをしたいとは思っていませんでした。

しかしこのホステル (Gowrie Hostel) キャンベラのシビックから目抜き通りのノースボーンアベニューを15分くらい歩いたところにあります。確か当時は1泊 $30 安くて素晴らしいけど、恐ろしく不快な宿泊施設でした。

翌日の朝、あ~いい天気だ!と外の空気を吸い込む私はいきなりホステルの前でマグパイ (人を襲う鳥!) に襲われ、後頭部から出血、、、、今は笑って話せますが、当時はそんな鳥がいるとも知らず、どうして~ sweat02 と泣きたくなりました。

朝ごはん、一応ビュッフェスタイルの朝食でしたが、鉄のように硬く干からびたベーコン、真っ黒なトーストに妙な味のベイクドビーンズ、確かジュースくらいしか胃に入りませんでした。

翌日からは同じタームから英語コースを申し込んだ日本人の女の子と合流し、ちょっとホッとしましたが、彼女の部屋ではが大発生、ホステルの人は何もしてくれず一晩で通り向かいの素敵なモーテルに移っていきました。

翌日出かけている間に、少しだけ持ってきていたアクセサリー類がホステルの部屋から消えていました。ピアス数個と指輪が2つくらいだったか、高価なものではありませんでしたがこれもかなりショックでした。今考えるとそんなものを机の上に置いていった私がアホだったのですが、、、

大学の学生寮は空きがなく、一日も早くここを出たいという欲求から、最後の手段ホームステイを申し込みました。すぐオーストラリア人の旦那とフィリピン人の奥さんと子供が一人という家族を紹介してもらいお世話になることになりました。

フィリピン人の奥さんの英語は比較的理解できたのですが、オージーアクセントの強い旦那の英語はまるで分からずコミュニケーションができませんでした。 エーユーウァッシイングニャーウ?はっ?エーユーウァーッシーングニャーーウ?えっ?ニャーウって何?聞いたことの無い単語。。。。真剣にそう思いました。 (ちなみにニャーウは Now です)

私のために彼がゆっくり話せば話すほど単語が妙に伸びてしまうので、会話は迷宮入りするばかりでした。当時度胸のなかった私は彼と話すのが怖く、はっきり言って彼をさけていました。

結局そのお宅には 6ヶ月ほどお世話になったのですが、彼らが出張で2ヶ月ほど家を空けていたり、私が姉の結婚式で日本に帰ったりしたので、事実上3ヶ月くらいしか一緒に生活はしませんでした。

ホームステイの美談がよく語られますが、私は圧倒的に失敗例の方が多いのではと思います。日本って人の家にお世話になる習慣がないので、大きなカルチャーギャップを感じました。そう大体お世話するのが日本ですが、こっちは適当に共同生活、みたいな感じなのかしら?

自分の子供たちを見ていると、友達の家に泊まりにいくことが多く、泊まりに来ることも多く、そこのお母さんと気があったりすると何週間いてもいいわよ~、って言われたり、友達のお宅のサマーホリデーに2週間連れて行ってもらっちゃたり、、、ですから子供の頃から共同生活に慣れ親しんでいるんだなあ、と感じます。

日本では親戚が泊まるってことがあってもせいぜい数日ですからね、お客様としておもてなしし、会話を弾ませって気を使いますが、こちらの友人が泊まったときに会話を作らなきゃと思い、どこで生まれたの?仕事は何をしているの?家族はどこにいるの?ととても日本的な質問を重ね Job Interview 面接受けてるみたいだ、といわれたことがありました。。。スミマセン。

長々と書いてしまいましたが、私の若輩時代の痛~い思い出の一つです。ホームステイをしようと思っている方、あまり気張らず自然体で、楽しんでください。(説得力なし)

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ

経歴 | | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年1月29日 (木)

ビジネスネームとABN

ビジネスネームとは簡単に言えば “お店(ビジネス)の名前” なのですが、登録することにより保護することができます。会社名や個人名をそのままビジネスの名前として使用することも可能ですが、たとえば “すしトレイン”のように確立したビジネスネームになりますと、その名前自体にネームヴァリューがありますので、登録して保護することが必要です。

登録していない場合、他社がその名前を名乗ることができるので、確立したヴァリューを他社に持っていかれるという危険性があります。

また登録していないビジネスネームですと、正式に名乗ることができませんので、各種契約書や請求書といった書面には必ず正式名義を記す義務があります。

これまでビジネスネームは州の管轄。会社の登記関連やタックスのシステム、ABN番号などの管轄は国であったため、各種届出をそれぞれの機関で行う必要があり面倒でしたが、全てひとつのシステムに統合されることになりました。

近い将来、会社登記関連、ABN番号登録、ビジネスネーム登録が一括してオンラインにて処理できるようになるそうです。

いろいろ便利になります。このオンラインサービスが始まりましたら改めてお知らせいたします。

Information from "in Focus" ASIC Volume 17 - issue 3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

どう生きるか

あなたはあなたの人生をどう生きたいですか?

毎日の仕事や育児、雑用に追われ、なかなかゆっくり考えることができないものですが、今のあなたの人生はあなたが夢みていたものですか?

まわりの人や環境や経済、いろいろなことを理由にして、これは私の望んでいた人生ではない、ということは簡単です。ではそこから抜け出すために、または良い方へ変化させるために今何をしていますか?

全ての命は理由があって、その環境のもとへ生を受けています。苦境にも理由があり、苦境を乗り越えるための努力は必ず報われます。それは望んでいた結果とは違うかもしれませんが、そこに必ず意味があるのです。

Shakti Gawain さんの言葉 “どこか、または誰かに何かを求めてるうちは何も発見できない。なぜならその何かは、あなた自身の中、またあたながいる所にしか在りえないから”

“全ての人生はギフトにあふれている。ただ周りばかり見ていると、自分の人生のギフトに気がつかない”

あたりまえと思っている命は奇跡のようなもの、いつ何があっても “わが人生に悔いなし” と言って終わりたいものです。

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年1月28日 (水)

GSTの謎

GST - Goods and Service Tax いわゆるオーストラリアの消費税です。

私は職業柄、買い物などをするたびに GST が入るもの、入らないものをチェックし、妙に納得したりしているのですが、今日は国税局の発行するGST Food List なるものをじっくり見ていて笑えたので、お伝えしようと思います。

生活必需品(食品や教材)に GST がかからないのは、皆さんご存知の通りですが、ビミョ~なものも多くあります。

例えば、食パン、これは当然 GSTフリーですが、じゃあ調理パンは???などです。私もパンに関しては以前から疑問が多かったのですが、リストを見るとクリームやアイシングシュガーなどの乗っていないロールパンなどはGSTフリーとありました。すると当然クリームやアイシングシュガーのついたパンにはGSTがかかるということです。

笑えたのはイカリング、、、Calamari (Cold) - GST Free 冷たいイカ GST 無し

Calamari ring (Hot) - Taxable 暖かいイカリング GST 有り (わははははは。。。)まじめに研究されている方すみません。

牛肉、、、Cow (Maet) - GST Free 牛肉 GST 無し

Cow (Live) - Taxable 牛(生きている) GST 有り

コーヒー、、、Coffee (beans, powder) - GST Free コーヒー豆、粉 GST 無し

Coffee (Hot) - Taxable ホットコーヒー GST 有り

要するに Ready to eat 食べられる状態まで調理してあるものには基本的に GST がかかるのです。でも納得いかないものも、、、

冷凍食品、、、Frozen meals - Taxable 冷凍食品 GST有り

Frozen vegetables - GST Free 冷凍野菜 GST 無し、、、に対し

Frozen fruit - Taxable 冷凍果物 GST 有り (なぜ?) Fresh fruit は GST Free なのに、、、

こういう解析って楽しい。私このリスト一日中眺めていられると思いました。こんなものにGSTはかかりますか?なんて疑問がありましたらご一報を。(とりあえず食品に限らせていただきますが、、、)

追伸:ピザロールに関しては、特別ファクトシートまで発行され、ピザロールとは何ぞや、から始まり、トッピングと生地の分量の違いにまで言及し GST がかかるか、かからないかが2ページに渡り説明されています。たかが GST されど GST 侮ってはいけません。

にほんブログ村 英語ブログ 英語で仕事へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ATO(国税局) データマッチングプロセス

久しぶりにタックストピックを、、、

2008会計年度のデータマッチングプロセスが2009年度1~2月にかけて行われています。ご存知のように国税局のシステムがここ数年で素晴らしい進歩を遂げました。また、2001年9月テロ後の法改正なども手伝い、国際的なデータ収集が容易になっています。

国際的な組織に関してはまたいつかお話しますが、国内のみにおいても、各金融機関や、センターリンク、その他の機関から納税者の収入などに関する情報は全て国税局のデータマッチング部署に集められています。

そこで毎年、納税者の税務申告の記録と収集したデータとの誤差をあぶりだしているというわけです。どのくらいの誤差までが許されるのか、と疑問に思いますね。はっきりした数値はわかりませんが、10年前はそれこそミリオン単位の誤差から追いかけていたわけですが、データマッチングのコストダウンに伴い、誤差の単位も確実に下がってきています。2007年度では百ドル単位の誤差があった方にも修整依頼の通知がきていました。

タックスリターンは納税者の方が最終確認をして、申告内容に虚偽なし、とご署名するものです。内容をよく理解した上で申告をしてください。

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月27日 (火)

メルボルン便り

ご存知のように、先週はオーストラリアオープンテニス観戦に行ってきました。

メルボルンはブリスベン、ゴールドコーストなどとは全く違った雰囲気を持つ素敵な都市です。息子撮影のお見苦しい写真もありますが、ご覧ください。

Melbourne City シティの中の歴史のある建物

Melbourne_city_20090118

Church 教会

Melbourne_city_2_20090119

St Kilda メルボルンシティからトラムで30分くらい?セントキルダの町並み、日曜日の午後、すごい人でした。

St_kilda_20090119

Luna Park (St Kilda) 有名なルナパーク遊園地

Luna_park_20090119

メルボルンは歴史を感じることができる素敵な都市でした。今回滞在した South Yarra のアパートメントの近くにも古くて素敵な建築物が多く、古い建物をうまく利用したおしゃれなレストランやカフェが多くて感動しました。ブティックも多くて、シドニーやブリスベンでは手に入らない素敵な買い物ができそう、と感じました。今回時間がなくて残念でしたが、、、

メルボルンなら住んでもいいなあ~と感じました。でもネットで市場を見てビックリ!South Yarra あたりの1ベッドルームユニットで軽く $0.5M 超えています!!!

ヴィクトリア州からクイーンズランド州にリタイアしてくる方が、安い!といってこの辺りの豪邸を買うのが納得できました。

ブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日から新学期

おはようございます。なんとか頭痛も抜けました。

今日から子供達の新学期が始まりました。オーストラリアでは1月からが新年度の1学期です。長女は Year 11 (高校2年生) 次女は Year 7 (中学1年生) 長男は Year 5 (小学5年生) です。ということで、次女だけ今日から新しい制服です。

私立でプレップから高校3年までの一貫校なので、受験もないし、学校が気に入っていれば転校の必要もないし、のんびりしたものです。長女が小学3年生からこの学校に通っています。下の二人も付属の幼稚園出身です。転校なんて考えたことがないくらい気に入っています。

それでも昔は小さな郊外の学校で、生徒数も少なく全ての先生が全ての生徒の名前を覚えているような素敵な学校でしたが、ゴールドコーストもバブルの影響か、ここ10年で住宅地が倍に広がり人口は急増の一途です。結果としてこの学校も全校生徒 1,200 人にまで拡張しました。今では長~いウェイティングリストがあるようです。

私は転校に苦~い思い出があるので、子供達にはそんな思いをさせたくないと思っています。気心のしれた仲間と楽しい学校生活を送って欲しいと思います。

でも一生懸命勉強してね。父母はそのために働いているようなものですから、、、

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月26日 (月)

偏頭痛

久しぶりに偏頭痛で丸2日ほど寝込んでしまいました。

割れるような頭痛と吐き気に襲われ、薬も飲めませんでした。こんなにひどくなったのは1年ぶりくらいでしょうか?水分だけは取らなければと思うのですが、一口水を飲んだだけで吐き気に悩まされるので、2日間水をコップ半分、りんごを半分くらいしか体に入れることができませんでした。

健康のありがたさを身にしみて感じます。

偏頭痛は過ぎてしまえばコロッと元気になりますので、明日からは完全復帰を目指します。

それではまた明日。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月23日 (金)

やっと咲きました!

メルボルン便りを綴る前に、、、10月末に植えたフランジパーニが咲きましたのでお披露目です。

これが11月中旬

Photo0098_2

そして1月のあたまにはツボミが、、、

Frangipani_20090110

そして今日の写真です。美しい花が咲きました。念願のフランジパーニですheart04

日本やアメリカではプルメリアと呼ばれているようです。

Frangipani_20090123

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年1月22日 (木)

メルボルンより無事生還

先ほど無事にメルボルンからゴールドコーストへ帰ってきました!

今日のメルボルンはサンドストームのような乾いた熱風が吹き荒れ、郊外では山火事も発生していました。外では目を開けて歩くことができないほどでした。

予想どおり飛行機が恐ろしいほど揺れて (私は大丈夫だったのですが) 家族は皆、生きた心地がしなかったと言っています。次女は高所恐怖症、、、少し揺れがおさまると涙をポロポロ、、、もう2度と飛行機には乗らない、と言われてしまいました。

無事に到着したブリスベン空港から、車でさあ帰ろうと思ったら、バッテリーが上がってしまっていて RACQ を呼ぶ羽目に、、、1時間ほど遅くなったために帰りはブリスベンからの渋滞時刻と重なり、40分くらいの道のりに1時間半ほどかかってしまいました。

いろいろハプニングもありましたが、テニスとメルボルン生活を満喫してきました。

テニスの歓声を後ろにお客様から電話があったり、ジャンクメールを消去しても20件ほどのメールが溜まり、仕事が溜まり、自宅に戻り急に現実に引き戻されました。明日から心を新たに仕事に励みます。

メルボルンでの写真も整理しながらアップしていきますので、またご訪問ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月21日 (水)

メルボルンより 2

1月19日オーストラリアオープン開幕日、早くからメルボルンパークに出向き、クルム伊達選手の試合を見てきました。

メルボルンはヒートウェーブに襲われ、ものすごい暑さ。座って観戦しているだけで、クラクラするような暑さの中走り続ける選手、、、すごい体力です。

スピードもパワーも自分より勝るカネピ選手を相手に、持ち前の粘りと戦力で対抗し、簡単に負けてしまうかと思われた試合をファイナルセットまで持ち込み、勝利のチャンスさえも見えていました。

全身とてもフィットで、そしてメンタルの強さ!!すごかったです。あの粘り強さ、、、見習わなければ、と思います。

やはり人間やる気と粘りですね。なにをするにも年齢を言い訳にはできません。年齢を重ねたからこそ見方になるをこれからも忘れずにいたいです。

今日はもう一試合、杉山選手の試合を見に行ってきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月19日 (月)

メルボルンより

お早うございます。オーストラリアオープンが開催されているメルボルンからアップしています。

驚いたことは、、、日の入りが8時ころで9時を過ぎても明るい!!一日が長くていいんですが、子供たちのベッドタイムが遅くなるのが困るなあ。。。

今日は伊達選手の試合を見に行ってきます。日本からも応援の方々がたくさん来ているようです。がんばって応援してきます~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月17日 (土)

テニス観戦

私事ですが、明日からメルボルンへオーストラリアオープンのテニス観戦へ行ってまいります。 tennis (ちなみに次女と長男は今週1週間テニスキャンプに参加していました!真っ黒に焼けて、皮がむけゴルバチョフ元大統領みたいな姿です。)

クルム伊達公子選手が予選を突破し本戦への出場が決まりました!!すごいですよね~。年齢が近いので親近感が湧きます。頑張って欲しいです。やはり人間は気力だと実感します。

私はスポーツ根性ゼロですが、彼女の気力は見習いたいものです。応援してきます。

仕事は~?といわれそうですが、本日土曜日も頑張って仕事してました。ラップトップを持って行きメールの確認、オフィス電話は携帯に転送して、メルボルンでも仕事します!(木曜日には帰ってきます)

テクノロジーが発達すると人は休めなくなりますね。。。 pc まあ、どこまで電話に出られるかは分かりませんが、、、

では行ってきまーす。メルボルンでの写真をお楽しみに heart

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年1月16日 (金)

朝の恒例

今日は素晴らしい青空。思わずカメラを持って朝の恒例である郵便局まで郵便物の確認に出かけました。

Sanctuary_sky_20090116

私達の私書箱があるサンクチュアリーコーブというリゾート地の空です。

ついでに私書箱がどんなものか大公開!

Post_office_2

左側の黒いボックスが私書箱です。赤いのが当然ながらポストで、その向かい (看板の下) に入り口があり、郵便局になっています。

ここはおしゃれなカフェなども多く、朝早くから新聞を読みながらお茶する人々でにぎわっています。

子供の学校が始まったら、もう少し朝早いスタートとなりますので、私も朝から優雅なティータイムを楽しみたいものです。                                

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月15日 (木)

今日の仕事

今日は朝から、目は腫れている、ニキビは悪化している、の無残な一日のスタートでした。

こういう日は、オフィス (自宅) で静かに仕事をしているに限ります。

ジェネラルレジャーへのエントリー作業を進めましたが、新しいソフトウェアに悪戦苦闘しながらの作業となりました。こういう作業は肩がこります。

今日作業を進めたお客様は STS システムを導入し (スモールビジネス向けです。いつかご説明します。) 有利な減価償却レートが適用できたため、タックスは最小限に抑えられました。

このお客様は6月以前にファイルをご提出くださり、3月期までの数値から年度末前にできる節税対策をアドバイスさせていただいたため、ある程度は予測ができていました。

私はビジネスをお持ちのお客様には、3月期 (第3四半期) までのBASが終わった時点で、一度データの精査と節税対策のためにお時間を費やすように呼びかけています。

6月末以前なら、いろいろ節税対策が可能ですから。

ブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月13日 (火)

服のサイズ

突然ですが、服のサイズについての不満を打ち明けます。

中肉中背の私ですが (自分で思っているだけ?) 日本滞在中に洋服などを買おうとすると腹が立つことが多々あります。

おしゃれなお店になればなるほどワンサイズ (普通は9号) しか置いてないのです。9号で入らないのに中肉中背と思っている私が間違っているのかもしれませんが、私より背の高い人、ちょっとぽっちゃりした人はたくさんいると思うのですが、腹が立たないのでしょうか?

別にブランド物の服を見ているわけではありませんよ。普通のショッピングモールなどに入っているブティックなどです。9号より大きい人はどうしているんですか?

もちろんユニクロなどのお店に行けばサイズはバッチリ揃っていますが、、なにかいつも腹立たしい思いで試着室から出てくるはめになります。確かに久しぶりの日本で見渡せば、日本の女性は小柄で美しい人が多いですけど、、、

オーストラリアでは、通常 S か 8号の私ですから、いつも小さい方の服を探しています。最近はサイズのバリエーションも増えてきましたが、15年前は8号なんてめったに見つからなかったんです。10号からのラインばかりで、、、めずらしくかわいいな、なんて思ってもほとんどの場合は胸が開きすぎているし、肩が大きすぎて合いません。(こっちの人って細そうに見えても、胸板が厚いんですよね。)

なので日本での買い物は楽しみなのですが、いつもの調子で S なんかを選んで試着室に入ったりした日には、大変惨めで悲しい思いをしなければなりません。

日本のおしゃれな洋服屋さん、もう少しサイズ増やしてもらえないでしょうか?こんなこと考えているの私だけでしょうか?

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クレームできる経費 その2 (Deductions)

個人給与所得者のタックスリターンにおける計上可能な経費の続きです。

D6 - Low-Value Pool Deduction

低額資産プール式減価償却 ここでは、給与所得に必須であった$1,000 以下または、定率法 (Diminishing value method) に基づき原価償却された残高が$1,000 以下となった低額資産 (PCやプリンター、ソフトウェアなど) をプールしての減価償却が可能です。新たに算入した資産については18.75% にて、また翌年度よりは 37.5% での定率での減価償却が可能です。

D7 - Interest and Dividend Deductions

利息、配当金に対する経費 その名の通り、利息収入や配当金収入に対しての経費計上が可能です。金融機関の口座管理手数料、マネジメントフィー、株購入のために借り入れた資金に対する利息など。

D8 - Gifts or Donations

ギフト、寄付金 $2以上の寄付をした場合に、その提供を受けた団体が政府に認可を受けている団体である場合にのみ計上可能。学校の Building Fund なども通常は計上可能。政治団体の場合、その団体が政府の認可を受けていること、また計上最高限度額は$1,500 となることに注意が必要。

D9 - Cost of Managing Tax Affairs

タックスリターン (税務申告) のための費用 申告のためにかかった費用 (登録税理士に支払った場合のみ) 資格の無い第3者に支払った費用は認められず、また資格がないのに税務申告のために費用を請求することは違法となります。

D10 - D15 についてはサプリメンタリーセクションとなり特殊な場合の経費の項目となりますので、説明を省きます。

にほんブログ村 資格ブログ 会計系資格へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月12日 (月)

ちょっといい事

今日スーパーでちょこっと買い物をして車に戻ったところ、サングラスがないことに気がつきました。ハンドバッグのふちにひっかけておいたので、どこかで落としたのです。

落し物は絶対と言っていいほど見つからないのがオーストラリア。あーショック!。レイバンのサングラス、結構気に入っていたのに、、、 (オージーの友達でムービーワールドでサングラスをして乗れない乗り物があったので、ベンチに座っていた身なりの良い婦人にサングラスを預けておいたら、そのままいなくなっていた、という話も聞きました。また以前リゾート地内でディオールのサングラスを拾ったので、セキュリティーに連絡すると、ラッキーだったね。と言われたことも、、、sweat02)

一応すぐにサービスカウンターに戻り話をすると、どこのブランドの何色のサングラスが聞かれ、ちょっと待ってて、と言って戻ってきたスタッフの手には私のサングラスが、、、!

見つかったことに驚いてしまった私です。最近は景気に陰りが出てきたと言えども、ここ10年はバブル経済を思わせるような景気の良い状態が続いていたオーストラリア。もう拾ったサングラスを使うような人はいないのかもしれません。

とにかく、カウンターへ届けてくれたという紳士に心から感謝です。

ありがとうございます。 God bless you !

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

毛髪ミネラルテスト

先日、日本で検査した毛髪を使ったミネラルテストの結果が届きました。有害ミネラルの中では下記の値が高めでした。

アルミニウム - 水道水、一部の調理器具に含まれる。様々な精神障害を招く一因として研究されている。

ニッケル - 歯の詰め物、矯正ワイヤーなどに含まれる。一定量を超えると発ガン性やアレルギー症状を示すこともある。

ヒ素 - 井戸水、海水中に含まれていることがあるので魚介類に蓄積されているケースがある。少量でも強い毒性を発揮する。

カドミウム - 土の構成成分として存在するため穀物や野菜に含まれる。腎臓や骨に蓄積されやすく、長期的にはカルシウムが溶け出す要因と考えられている。

鉛 - 古い水道管に残留していたり、ヘアーカラーなどから体内に入ることが考えられる。腎臓に蓄積されると骨粗しょう症につながったり、血管の内壁を傷つけ動脈硬化、高血圧を招く。また脳内に侵入するとイライラの原因になったり、学習能力が低下する。

また必須ミネラルで欠乏値を示していたのが、クロム、鉄、モリブデンでした。

毛髪に有害ミネラルが検出されるということは、自然にデトックスをしているということですからいいことなのですが、一般的に30歳を過ぎるころから人間の代謝能力は低下するので、有害ミネラルの排泄力も低下し、体内に蓄積されやすくなるそうです。

ということで毛髪ミネラルテストは体内に蓄積されているかもしれない有害ミネラルの目安と考えればいいのではないでしょうか?

対策は、、、、

  1. 食材に気をつける (無農薬、有機栽培、無添加が好ましい)
  2. 飲み水や調理に使う水はボトルウォーターか浄水した水を使用する
  3. 調理器具、古いアルミニウム製、テフロン製のものは避ける
  4. デトックスにいい食材を食べる (コリアンダー、ニラ、玉ねぎ、ごぼう、りんごなど)
  5. 魚介類は大型魚を控え、小型魚を増やす
  6. 水分をたくさん取り排泄を心がける

あとはデトックスサプリやマルチサプリを使用する、といったようなレポートでした。

残念ながら私にはこのレポートを参考にこれからの食事制限を考える、といったことができないので、ナチュロパスのお姉さんにこれを見せて、アドバイスをもらってきます。

ではまた続き、、、ということで。

ブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月10日 (土)

タックスリターンでクレームできる費用について (Deductions)

最近ご無沙汰していたタックス関連記事です。

個人のタックスリターンに関して、一番ご質問の多い Deductible Expense クレームできる経費について簡単にご説明します。今回は給与所得者の方の場合です。

まず収入を得るために必要不可欠な経費であること、が第一条件となります。

D1 Work Rlated Car Expenses

車関連経費 (ガソリン代、修理代、保険料、車両登録料など) ですが、給与所得者の場合は通勤は経費とみなされません。職場から仕事目的で外出、顧客周りをする場合に限り車に関わる諸経費の計上が可能です。条件に当てはまる方で、仕事目的の走行距離が年間5,000km を超える方はログブックの記録をお勧めします。5,000km 以内でしたら、ダイアリーなどから仕事目的での走行距離を算定できるように記録を付けておく必要があります。

D2 Work Related Travel Expenses

旅費、交通費には航空券、バス代、電車代、駐車料金、タクシー代、宿泊費 (宿泊を伴う出張の場合は食事代) などが含まれます。仕事に直接関係のある出張、外出に限られます。仕事とプライベートを兼ねての旅費の場合は仕事に関連がある部分のみクレーム可能です。

D3 Work Related Uniform, Occupation Specific or Protective Clothing, Laundry and Dry Cleaning Expenses

ユニフォーム代、防護服、洗濯代、ドライクリーニング代は安全を確保するための衣服、登録されたユニフォームなどに限られています。(防護ブーツや、白衣、社名の入った特定のユニフォームなど) 通常のスーツなどは認められません。

D4 Work Related Self-Education Expenses

自己教育費はその時点での職業と直接関連があり、その教育を受けることで現職の収入が増えることが確実または期待される場合のみクレーム可能です。新しい分野のスキルを身につけるため、または再就職のための勉強をされる場合はクレームできません。また授業料、テキスト代、文房具、交通費などは最初の $250 を差し引きクレームすることになります。

D5 Other Work Related Expenses

その他の仕事に関係する経費にはユニオンフィー、セミナー、コンフェレンスの費用、職業に関連する書籍、ツールや備品、サングラスと日焼け止めの費用 (野外での仕事に従事する方) パソコンやソフトウェア (仕事目的での使用分のみ) 仕事目的で使用した電話代などが計上可能です。

D1 を除きこれら経費の合計が $300 を越す場合は、全ての経費に関してレシートなどの証明書類を保管しておく義務があります。

以上が一般的な経費となりますが、その他の項目D6 - D15 については次回にご説明させていただきます。

にほんブログ村 英語ブログ 英語で仕事へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 9日 (金)

16歳の寿司パーティー?

Sushi_20090109_4 今日は長女の16歳のお友達を呼んでのパーティーです。最終的に8人が来ることになり、7人がお泊りします。

パーティーメニューは、、、

オージーにも大人気の巻き寿司、シーザーズサラダ、ピザになりました。

隣近所に一応パーティーしますので、10時まで騒音にご勘弁ください、というメモを回させました。読んでいただいたか心配です。

バックヤードにつながるフロリダルームで大騒ぎ、ズンッ、ズンッ、ズンッ、ズンッと大音量で音楽を流し、ギャーギャー騒いでいます。

パーティー嫌いの純潔日本人には耐え難い悪行です。。。わが子ながらついていけません。パーティーは16歳で終わりよ、と言うつもりです。日本では小さいころならともかく、高校生になって家でパーティーしませんよね。

バースデーパーティーはこちらでは多いですね。21歳は節目の歳、皆さん大規模なパーティーをしますし。 この歳になるとアルコールが入ってきますので、絶対やりたくないです。

最近、親子間でカルチャーショックを受けることが多いです。

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ニュースのはしご

我が家では夫がテレビのチャンネル選択権を握っていますので、(リモコンを握っているだけ?) テレビを見ているときは 95% ニュースを見ています。

賃貸しているこの家は日系開発業者がからんだリゾート地ですので、NHKワールドプレミアムが視聴可能です。通常夕食後の8時から (時差があるので)  NHKの7時のニュース、クローズアップ現代、そして9時半から SBS ワールドニュース、10時から NHK ニュース 9 と続き、11時から ABC Late Line というメニューです。

ずっと育児や勉強に忙しかった私は見たいドラマなどがあっても結局ゆっくり続けてみることができなかったため、このチャンネル選択権を長い間放棄していました。

調子に乗った夫がこうして私の好きそうなドラマや映画があるチャンネルをうまーく飛び越しニュースのはしごを続ける日々となりました。

その結果、日本にいた時は全然興味のなかった政治に大変詳しくなり、オーストラリアにいながら日本の現在の国会論争の焦点なども語れるようになっています。

日本にいる方はあまり興味がないかもしれませんが、日本の政治なんとかせにゃいかん、という状況です。日本で選挙に行ったことの無い私がいうのも何ですが、偏っていないニュース、新聞を読み、(偏らないためには特定の新聞や特定のチャンネルに限定せず、幅広いメディアから情報を得ることをお勧めします。) 特に若い世代の人に政治に興味を持って、自分の手で変える事ができるんだと感じて欲しいと思います。

先月の日本滞在中の短い期間に感じたことですが、メディア (日本に限らずですが) かなり偏ってます。視聴率を意識しすぎてああいう構成になってしまうのか、民放の夜の政治のニュースにしても お昼の芸能ニュースなみの内容でびっくりしました。

エラそうなことを言っている私も在外者登録をしてブリスベンまで投票に行かねば、と思っているだけで実行していないのですが、、、

しかし帰国予定の無い私たち、本当はもっとオーストラリアの政治に興味を持つべきとの気持ちもあります。永住権なので選挙権が無く、ついつい興味が湧かず他人事。。。市民権を取得し日本国籍を諦め、オーストラリアの政治に参加するか、厳しい決断をせねばなりません。

いつか日本が二重国籍を認める日が来るのでしょうか?私が生きている間は無理だろうなあ。。。

にほんブログ村 海外生活ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 8日 (木)

今年やりたい事

私は昔から熱しやすく冷めやすい性格ですが、まあ会計の勉強は1998年から始め今も続いているので良しとします。

将来やりたいことを数えると切りがありません。夕べ夫とその話をしていて呆れられました。“いやあ、やりたいことがあるうちはいいよ。ドンドンやりたまえ。” と、なにか投げているとも取れる言葉をもらいました。

まず絶対やると決め準備を進めているのが Photo Reading フォトリーディング。速読とは違う読書方なのですが、うそのような効果が報告されており、これで私も今後の勉強が楽になるのでは?と期待を寄せています。

しかし最大限効果を発揮するためにやはり日本語にて習得し、それを英語に応用した方がいいのではないか、と都合のよい考えをめぐらせ、セミナー出席のため今年も日本に渡りたいと考えています。

次に医療用語の勉強。これは昔から心に秘めていたのですが、別にこれから医者になろうとか看護士になろうとか大それた夢を見ているわけではなく、必要に迫られているのが現状です。

ナチュロパスのお姉さんと話していても専門用語が飛びかい、聞いたこともない臓器の名前や体の状態が出てくることも多い。ドクターに血液検査を頼み、一般的に健康状態などを知りたいと伝えても、じゃあこれとこれ、とテスト用紙を渡されてもそれが何のテストなんだか分からない。

産婦人科の先生を探しており、友人にいい先生知ってる?と聞くとSさんに聞いたら?彼女は最近 XXXX を患ったから絶対いい先生を知っているわよ。婦人科の病気であろうと思われる XXXX センシティブな話題だけに聞き返すこともできず。

うちの子供達は病気をしないので助かっていますが、足の筋を痛めたといえば Physiotherapy フィジオセラピーに行って、などということもフィジオが何だかわかっていないとできない。

情けない話ですが、医療用語となるとまったく駄目です。一応こちらで3度も出産をしましたのでそのあたりの用語はマスターしたはずなのですが、、、医療を専門としない一般人くらいの知識が欲しいと思っています。こんな私にあった勉強方法なんてあるでしょうか?

そして最後に、、、、これはお恥ずかしくて公表できません。まったく意味のないことかもしれないのですが、、、、今まで “意味のある事” ばかり頑張ってきてしまい、意味のないことをやってみたいと思うようになっています。これは私にとって大きな心境の変化、、、

今までまじめ一筋、実直な A型人間であった私が何を急に、と思われるようなことです。フフフフ、、、心に秘めたまま終わる可能性大ですが。

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 7日 (水)

デトックス その5

美顔を目指して 2008年度10月末から始めたデトックスダイエット (食事制限) ですが、3kg 痩せた以外は全然効果がなく、12月7日からの10日間の日本滞在中は思い切りおいしいものを食べまくり、その後クリスマス、お正月と食事制限なんか忘れたように食べまくっていたら、、、

アレルギーがひどくなりました。もともとアレルギーがあり、季節的に目がかゆくなったり、皮膚の調子が悪くなったりするのですが、今回は全部一緒にやってきた感じです。

目がかゆくて夜中にグリグリしてしまうので、朝起きると目は腫れているわ、目の周りの皮膚は痛むわ、で無残な顔です。コンタクトレンズも入れられない状態が続いています。

(眼鏡の日々が続くとなぜか落ち込んできます。こんな時に素敵な人に “眼鏡の君も素敵だよ”などと言われてみたいものです coldsweats01 )

(ちなみに夫は “眼鏡かけてたの?気がつかなかった” というタイプの人です despair )

それと唇などのまわりがかゆくなり、部分的に腫れます。

こんなことを公開してどうなるわけでもありませんが、やはり不摂生はいけない、と思い知った事をお伝えしたかった次第です。

また食生活を改善し、痩せようとしていないのに、痩せちゃったわ~などと言いながら、ブツブツのない美顔を目指したいと思います。

来週ナチュロパスのお姉さんに怒られに行ってきます。

ブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

HECS オーストラリアの大学授業料

以前 HECS- HELP 制度について書きます、と言いましたのでお約束どおり簡単にお話します。

オーストラリアでは大学の授業料に対し、日本の奨学金制度の10倍素晴らしいシステムが整っています。

HELP (Higher Education Loan Program) と呼ばれておりオーストラリア政府管轄です。HELP には3種類あります。

1. HECS-HELP (Commonwealth Supported Students)  一般的にオーストラリア人学生が対象ですが、条件を満たせば永住権保持者も利用可能。前金なしで授業料の大分部を政府が肩代わりし、卒業後に各人の収入に応じて返済する制度。利息無し、CPI index (物価上昇率) 分のみ毎年加算される。

2. FEE-HELP オーストラリア人学生及び永住権を持つ学生に対し一定の限度額 (2008年度限度額 $81,600) まで貸し出す制度 (ローンフィー 20% - $10,000 を借りた場合の返済額は $12,000)

3. OS-HELP (Commonwealth Supported Students) 一般的にオーストラリア人学生を対象に海外留学のための費用を借し出す制度

対象となる永住権保持者などの条件をリストしようと思いましたが、あまりにも複雑で長くなりそうなのでやめておきます。詳しく知りたい方は下記のウェブサイトでお調べください。政府の学生向けのサイトです。かなり詳しく説明が出ています。

www.goingtouni.gov.au

少し昔の話ですが私も HECS を利用することができたため、無一文から大学に行くことができました。

(その昔は大学も無料だったオーストラリアですから、お金を払うということ自体に批判をするオージーも多いですが、、、私の場合はこの制度なしでは今の自分がありませんので大変感謝しています。)

返済期間も決まっているわけではなく、タックスリターンで確定される年収により支払い額が決まります。ちなみに今年度の最低年収は $41,595 この額を超えるまで返済の義務はありません。この最低年収を超えた場合は収入の 4% を支払う必要があります。収入の増加と比例しこの割合が上がります。逆にいうと収入の低い方は返済義務がないのです。(ただタックスファイルナンバーと連結してますので一生逃げることはできませんが、、、)

また収入に関わらず、ご自身の判断で返済していくことも可能です。$500 以上の返済をすると 10% のボーナスがつきます。つまり$1000 自己判断により返済した場合 $1100 返済したことになります。(返済を促すためのインセンティブです。)

私は大学卒業後パートタイムで働いていましたし、フルタイムになった年度中に退職したり、とこの最低年収を超えたことはありませんが、この素晴らしい制度を続けてもらいたいという気持ちが強く、毎年チビチビではありますが、地道に返済を続けています。

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年1月 6日 (火)

元気が出てきました

12月のつかの間の日本滞在、クリスマス、お正月と楽しいことが続き、お正月が過ぎたとたんになにかダウン気味だったのですが、、、

昨日から仕事を初めて元気が出てきました。肩が凝る~、大変だ~、と嘆きつつもやっぱり仕事が好き heart01 です。

黙々と PC に向かい会計記録を精査するのも好きですが、お客様と電話でお話したり、お会いして相談に乗っていただいたり、乗らせていただいたり、、、やはりミーティングがあった日は元気が出るようです。

仕事で元気になれる幸せな人間です。これからも頑張ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フリー会計ソフト

国税局が無料で提供している会計ソフトウェアの e-Record 新しいお客さまが使っていらっしゃったので、ファイルを開くために私もダウンロードしました。

慣れるのに多少時間がかかりそうですが、なんと言っても無料。。。

国税局のビジネスポータルと連動し、BASや各種届出がオンラインでご自身でできるようです。Asset Register (資産登録) などのカテゴリーもあり、私が5年前に試したときはどうしようもない代物だったのですが、かなり進化して使いやすくなっているようです。

基本的にはキャッシュベースのスモールビジネス向けですが、私なりに研究を重ね、近い将来にもう少し詳しくお知らせいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 5日 (月)

仕事初め

私的なことばかりを書き続けてきましたが、今日から仕事初め、、、気合を入れなおし新年をスタートします。

2008年度は私にとっても激動の1年、大きな変化の年でしたが、2009年度は実り多き年にしたいと思っています。

これからも、きめ細かな対応、質の高いサービス、をモットーに努力を重ねて参ります。2009年度もどうぞよろしくお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 4日 (日)

長女16歳の誕生日

今日は長女の16歳の誕生日でした。

う~ん、あれから16年、、、あっという間でしたが、いろいろありました。子供達はどんどん成長していきます。

今日は娘に水着を買って、家族5人で映画を見て (Bedtime Story コメディーです) タイ料理を食べて帰ってきました。ケーキはもちろん娘のバイト先の Cheesecake Shop のパブロバ (焼いたメレンゲケーキ?の上にクリームとフルーツが乗っている) オーストラリアのケーキはみっちり甘く重いので苦手ですが、これは軽くておいしいです。お試しください。かなり甘いですが、、、

楽しい1日でしたが、来週末に予定しているお友達を呼んでのパーティーをめぐり一悶着、、、チャットやFacebook でパーティーの噂が広まり、人数が増える、男の子が来たいと言っている、、、

パーティーなどとは縁の無い夫は初めから乗り気ではないので、もうそんなパーティーやらんでいい!娘の気持ちも理解できるけれど、人数などはできれば減らして欲しい私、、、最近は年頃の娘の希望と夫の調整に一番頭を悩ませています。

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 3日 (土)

雨の1日

今日は1日雨模様のゴールドコーストです。

特に用事もなかったので、夫は息子とチェス対戦、みんなで人生ゲームをしたり、長女がブラックジャックの遊び方をネットで調べたので、トランプなどをして1日過ごしました。

昨日は空手黒帯のオージー友達から借りた DVD “Last Samurai” 邦題はわかりませんが、トムクルーズ主演の映画を見ました。首が飛ぶと言って次女は嫌がって見ませんでしたが、よかったです。渡辺謙さん素晴らしいです。日本文化をテーマにしたハリウッド映画ってアメリカ人の考える日本との間にギャップがあって好きではないのですが、これはよく出来ていました。でも明治時代の本当の日本史を知っている方にとってはギャップがあるのかもしれません。。。

最近泣ける映画やドラマを見ることが多く、私は顔が変形するほど泣くので翌日に響きます。次はコメディー系を見たいです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

カウンセリング

お天気のせいか、今日は少し気持ちが下向きです。

こういう時は普段気にならないような小さなことが気になり、ガラにもなく悩んだりしてしまいます。

私はゴールドコーストに引越し、大学を転校し勉強を続けていた時にかなり精神的に疲れ、打ち明ける友達もまわりにいなかったのでちょっぴり鬱っぽくなった時期がありました。

子供の学校のことで悩み、自分の大学の人間関係で悩み、勉強が永久に終わらないように感じて本当に出口のない思いを抱えていました。2000年にトランスファーしたゴールドコーストのグリフィス大学はケアンズに比べ若い生徒が多く (これが普通なんですが) 同志となるような友達もできず、パーティー三昧の若い学生が1時間で上げられるアサイメント (課題) に自分は3時間もかかる、という現実にも疲れていました。

ある日大学の Sudent service (学生サービス課) の無料カウンセリングがあることを知り、カウンセリングを受けるようになりました。

私はいろいろなことに対する答えが欲しかったのです。どうしたらもっと時間を有効に使えるのか、どうしたら若い学生のように要領よく課題を終わらせることができるのか、どうしたらもっと友達ができるのか、どうしたら、、、

合計8回のセッションのカウンセリングを受けました。私が求めていた答えは最後まで得ることができませんでした。でももっと大切なことに気が付きました。

それは答えは自分にしか出せないということ。どんな素晴らしいアドバイスをもらっても、自分で出した答えでなければ何の意味もないということ。

カウンセラーのドナは私が言葉に詰まっても、ずっと見守りひたすら待っていてくれました。いろいろつらいことを吐き出しても、決して同調もせず、非難もせず、ひたすら聞いてくれるのです。そして私自身が解決法を見つけ出すように時間をかけて待っていてくれました。

カウンセリングで分かったことは、誰も解決法なんて持っていないということ。私の人生を考え歩いていくのは私でしかないということ。究極の“自分論”とでもいうのでしょうか?

悩みを作り上げ抱えるのも自分、悩みを深めるのも、解決するのも自分なのです。

私はこの8回のカウンセリングでとても素晴らしいものを得たと感じました。多分カウンセリングを受けなかったら一生自分で作り上げた悩みに振り回されていたのでは、と思います。

それからヨガに出会って、究極の自分の中の自分に帰れる場所を見つけ、 Power fo Now という本に出会い自分で作り上げる恐怖や不安感というものを実感しました。

今でも自分が小さなことにクヨクヨしたり、つまらないことに悩んだりしているな、と感じると “自分の中の安全な居場所”に戻り暖かなその光の中で心を休ませてあげます。

ヨガの先生の言葉ですが、誰もが自分の中にもっているスペース、そこは暖かい平和と愛の光に満ちあふれています。そこにはあなたしか入ることはできず、あなたのためのあなたの場所なのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 2日 (金)

お正月

あけまして、おめでとうございます。

2008年度は私にとっても激動の1年でした。みなさんにとってはどのような1年だったでしょうか?

景気が悪化し、いろいろな不安を抱えての年越しとなりましたが、新しい年は自分のできることを地道に続け、小さな喜びと幸せを感じることのできる年にしたいと思っています。

お正月は友人宅にて大変豪華なおせち料理とお雑煮をごちそうになり、久々にお正月らしい1日を楽しんで来ました。本当にありがとうございました。

今年も皆さんのお役に立てるよう努力を続けて参りますのでよろしくお願い申し上げます。

みさんにとっても身の回りの小さな幸せを感じることができる年とMochi_3 なりますように。

P.S. 昨日みなさんとついた (餅つき機が) お餅です。豪華なおせちの写真を撮るべきでした。。。

P.S.2 こちらでは食材が手に入らないからおせち料理は作らないという私の言い訳は通らなくなりました。少し反省しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »