« パートナーシップ | トップページ | スクエアからの脱出 »

2009年2月 1日 (日)

仕事 (100回記念)

記念すべき 100回目の記事です。いつもご訪問くださっている皆様ありがとうございます。少しでもお役に立つオーストラリアの税金の情報を提供できていれば嬉しいのですが、、、また女性の皆様に私もなにか仕事がしたい!会計士になりたい!起業がしたい!などと思っていただけるブログにしていけたらと思っております。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。<( _ _ )>

今日は日曜日ですからさすがに仕事はお休みしてますが、、、

昨日友人から緊急のお仕事が入りました。明日中に 2期分の BAS とご夫婦お二人分の個人の税務申告、そして彼らが役員を務める会社の2008年度決算と税務申告を準備する予定です。

えっ、決算処理を1日で???と思いますが、6月分BAS もご依頼いただいていたので、全て精査済みデータですし、昨年度は第4四半期しか会社の動きが無かったため、3,4時間あればまとまるのでは?と予定しております。でも後から後から予期せぬ修整や手続きが必要になる場合も結構あるんですよね。まあ明日のお楽しみです。

そう、これらの仕事って私にとっては“お楽しみ”なのです。たま~にイヤな仕事もありますが、、、それは別の機会にお話します。

友人からの依頼とは言え費用はしっかり請求させていただきます。これはプロとしてお仕事を委任させていただいているので当然です。

雇われ会計士であった時代にも、その辺のラインが難しいなと感じたこともありますが、相手が私のアドバイスをどう受け取るか、ということを基準に考えています。友人としてのアドバイスと受け取るのか、しかし会計士という肩書きを持ってアドバイスをすれば当然そのアドバイスを信じて行動することになる、ということは友人としてのアドバイスの域を超えているのです。

普通の友人のアドバイスに従って何かしらの損害があった場合、通常友人を責められませんよね。しかし肩書きを持った私のアドバイスに誤りがあれば、これは責められるべき行為なのです。(費用を受け取っていなくても、会計士として発言した内容に間違いがあり、損害が発生した場合そのアドバイスは misleading 誤解を招いたなのです。)

ということで、一般的な情報などに関しては、メールやお電話にてアドバイスをさせていただいておりますが、その方個人の状況を踏まえてのアドバイス、また数値が絡んだアドバイスなどは委任契約を結んだ上で提供させていただいておりますので、どうかご理解いただきますようお願いいたします。

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ

|

« パートナーシップ | トップページ | スクエアからの脱出 »

会計士」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 仕事 (100回記念):

« パートナーシップ | トップページ | スクエアからの脱出 »