« サイキックショー | トップページ | 私と英語 »

2009年2月12日 (木)

汚い仕事

会計士、税理士のサービスに皆さんがどの程度満足されいるか統計はありませんが、、、

ひどいものだと思います。

個人のタックスリターンを安価で引き受ける事務所、ブースなどは担当しているのは税理士ではありません!経験も知識もない人間がやっている、ということがよくあります。数週間で一通りのタックスリターンのパターンを教え込まれ、プロのような顔をして仕事をしているケースも多くあります。

なぜこのようなことが、、、と疑問に思います?それは、タックスリターンの申告処理さえ税理士が担当すればいいからです。この税理士は全てのタックスリターンを精査する義務を負っていますが、どの程度精査しているかは疑問です。

ひどい場合は税理士の名前貸し (国税局が調査を進めていますが、、、) があるほどです。

こういう仕事はその場限りです。このタックスリターンを申告することで、どういう影響があるのか、どういうリスクがあるのか、考えられていません。安く引き受けるけど、後は知らない、なのです。

多額の費用を取る事務所においても、経験の浅いスタッフが担当し、パートナーは内容を見ずに申告というケースも多々あります。質問をしてもハッキリした回答ができない、必要書類や証拠書類などの提出を求めるものの、なぜその書類が必要なのか、無いとどうなるのか、他にどういう影響が考えられるのか、答えられない。

あきれます。引継ぎをさせていただくと、あまりにもズサンで汚い仕事が多く、うんざりします。

私は、個人のタックスリターンはかなりリーズナブルな費用設定をしていると思いますが、それでも$10 安い他の所に頼みます、というケースもたくさんあります。元々利益率の低い仕事なので、費用を下げて顧客を追う気はまったくありません。そんな仕事と $10 しか違いがないなら私のサービスは費用の3倍くらい価値があると自負しています。

でも皆さん、どの事務所を使うにしても、お金を払ってタックスリターンしてもらうなら、納得したサービスが受けたいと思いませんか?あなたの質問に納得のいく答えをもらっていますか?

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ

|

« サイキックショー | トップページ | 私と英語 »

会計士」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 汚い仕事:

« サイキックショー | トップページ | 私と英語 »