« 今学期の CPA | トップページ | セーフティーネット »

2009年2月 7日 (土)

娘の仮免許

ハイ、長女が16歳になりましたので、仮免許を取りました。

筆記のみの試験で仮免許が発行され、公道にて練習することになります。もともと車の少なかったオーストラリアならではのシステム?なんでしょうか? “初めての運転” が公道なんて、よく考えれば恐ろしいことです。

オーストラリアには“教習所”はありません。教習をしてくれるドライビングスクールはありますが、教習してくれる講師が来てくれて、講師が見守る中、生徒が公道に出て運転を練習するだけです。その教習に使われる車も日本のように助手席にブレーキがついていたりすることはありません。ただ L マーク (教習中)がついているだけです。

したがって通常は免許を有する親が講師となり、自分の命を子供に預けなければなりません。本免許は17歳になってから、また100時間以上の教習が義務付けられています。

私は怖いので夫にまかせっきりだったのですが、今朝ヨガに行くときに練習したいと言い出し娘の運転で行くことに。。。

オーストラリアは左側通行ですし、ルールもほとんど日本と変わらないので楽なのですが、ただ一つ恐ろしいのが、ラウンドアバウト (交差点部分にロータリーがあり、右側から来る車優先でグルッとまわる) です。これが慣れないと怖いんですよねー。私も実は15年ほど前に小さなロータリーで右側から車に突っ込まれたことがあります。

生きた心地がしませんでしたが、無事帰って来れました。よかった dash

安心して娘の車に乗れるようになるのはまだまだ先のようです。でも田舎ならともかく、こんなに車の多い社会で、この制度ちょっと無謀ですよね。

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ

|

« 今学期の CPA | トップページ | セーフティーネット »

独り言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1120771/27860275

この記事へのトラックバック一覧です: 娘の仮免許:

« 今学期の CPA | トップページ | セーフティーネット »