« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月

2009年3月31日 (火)

セミナー出席

今朝は、8時から10時の ATO (国税局) 主催の税理士向けセミナーに参加してきました。

自宅オフィスになってからスーツに袖を通すことがなくなりましたが、今日は久々のスーツでした。ちょっと新鮮。

さてセミナーは最近かなりの法改正があったので、盛りだくさんの内容でした。すでに法整備が整い施行されているもの、Royal Assent (法律になるための最後の手続き) 待ちの状態のもの、新たな法案、などなどです。

前述した一時滞在ビザの方のスーパーアニュエーションについてもアップデートがありましたので、後ほど更新いたします。記事にする前にいくつか確認すべきことがあるので。。。

セミナーでは大学時代の友人や、元同僚たちにも会うことができ、あらたな業界の情報も手に入り、実り多き2時間でした。

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月30日 (月)

ピアノマスタークラス

私は全く音楽性が無いのですが、子供たちは、ピアノ、歌、サックスとみなそれぞれ音楽を楽しんでいます。

昨日の日曜日はASKM (Australian Society of Keyboard Music) 主催のピアノコンサートに長女と次女を連れて行ってまいりました。オーストラリアでは有名らしいパフォーマーの Max Olding 氏と Pamera Page さんご夫婦のコンサートです。

私も大好きなベートーヴェンの月光ソナタから演奏が始まり、2台のピアノの演奏を楽しませていただきました。

その後、うちの長女 (現在ピアノ AMus AMEB) がマスタークラスに選ばれ参加しました。これは Young talented students (笑) のプロのパフォーマーによる公開レッスンです。

Tamami_with_max_olding

フランス人作曲家フォーレ 第2番即興曲ヘ短調 を弾きました。美しい旋律と独特な雰囲気を持つ曲です。全体的な音楽性と表現力は評価していただきましたが、部分的に Olding 氏からペダリングと手首の使い方などのご指導を受け、音色が格段によくなりました。

まれに世界的に活躍される指導者のワークショップなどに参加するチャンスもあるのですが、感心するのは彼らの感受性と表現力の豊かさ!本当に小さなアドバイスをいただくだけで音色がガラっと変わるのです。

30-40 人くらいの若いピアノ学生からゴールドコーストのピアノ指導者達が見守る中でのレッスンでした。とても貴重な体験でした。

そろそろ真剣に進路も考えなければいけない長女です。一応音大も視野に入れていますが、イマイチその気はないようです。最近は心理学も興味があるようですが、どうなることやら、、、勉強嫌いは親ゆずりかもしれません sweat02

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月28日 (土)

今日のヨガ

今日も恒例のヨガ。今朝は長女の友達のローラも始めて参加しました。オバちゃん、オジちゃん達に混じってピチピチのティーンエイジャー2人でした。

今日のテーマはバランス。バランスを整えるポーズをたくさんしました。最近は特にコアストレングス (体の内側からのパワー?とでもいいましょうか) に重点を置いていて、内から湧き出るパワーを実感できるようになりました。重心がピタッと合います。

そして昔ヨガを始めたころは、手を上げるポーズでは腕がつらくて仕方がなかったのですが、“コアの力を使う、肋骨や内臓全てで腕を支える感じ” というのが体感できるようになったので、腕がいくらでも上がります。

運動不足で筋肉などない私ですが、内から湧き出るパワーには自分で驚きます。

ローラのお母さんも来週は参加するとのことでした。ヨガ友達が増えるのは嬉しいことです note

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年3月27日 (金)

お客様がブログでご紹介くださいました

ゴルフスクールを経営されているお客様 “ゴールドワン ゴルフスクール” 様のブログで私の愚ブログをご紹介いただきました。

そのブログはこちらから確認ください。 http://www.goldonegolfschool.com.au/blog/index.php?itemid=906 

あけみ先生は、うちの長女が3年生の時お世話になった日本語の先生です。お若いのにしっかりされていて、こちらが見習わなければと思っております。

会社経営に必要な知識を着実に身に着けられ、ゴルフスクール経営に貢献されています。お勧めした会計ソフトウェアも導入していただき、わずか数回の指導にてキッチリマスターされた優良顧客様でございます。

こちらこそ今後ともよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

風になって

昨日はサボってしまいました。反省、、、

今日も朝からバタバタしているのですが、最近いろいろと考えさせられることが多く、、、どう書いたら適切か、などと思いつつ何も書けないでいる状態です。

私達はそれぞれがオーストラリアに移住してから20年近く経つのですが、ありがたいことに数年前までは両方の両親とも元気でしたが、最近では4人の両親の平均年齢が 82歳を超え、いろいろと悩みがつきません。

人間苦しみの無い死などありえないのでしょうか?なぜ苦しみは避けて通れないのでしょうか?日本でもオーストラリアでも介護のあり方、最後の時の迎え方について考えずにはいられません。

家族にとって、本人にとって一番の最後の迎え方とはどんなものなのでしょうか?

こういう現実に直面する中、私のネイリストさんからいただいたビデオ “風のガーデン” を見ています。(緒方拳さん、中井喜一さん出演の地方医療やガン末期をどう過ごすかというドラマです。まだ途中ですが) なにかあまりにも現実味を帯びていて、心が揺れ動かされます。

こういうビデオをこういう時期にいただくということも何かのメッセージでしょう。物事には全て理由がありますので。

遠くにいる私達に何ができるのでしょうか?風のように飛んでいって、家族の痛みを少しでも和らげてあげたい。それが今の私の願いです。

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月25日 (水)

株の売却とタックスリターン

インターネットバンキングが普及し、株も簡単にオンラインにて購入、売却ができるようになった昨今ですが、タックスリターンとの関係は必ずしも理解されていない現状があるようです。

どんなに少額であっても、オーストラリアでは株式を売却した場合はタックスリターンにて申告をする義務があります。購入時ではなく、売却後、その会計年度に株の売却差益を申告しなければなりません。

株式売却によるキャピタルゲイン(ロス)の計算方法は、、、

売却金額 - 購入金額 - 手数料(ブローカーフィーなど) = キャピタルゲイン(ロス)

キャピタルゲインはその年のその他の収入と合算され、Taxable income の金額に応じて課税されることになります。(累進課税率適用)

ロス(損失)だった場合も申告する必要があります。株の売却による損失は、株の売却による利益とのみ相殺が可能となります。したがって、将来株売却による利益がでるまで繰越すことが可能となります。

株投資に対して控除可能な経費は、株投資のための口座管理手数料、通信費、株の情報誌、PC 関連機器などの一部は経費として認められるでしょう。

また同一銘柄を12ヶ月以上保有した場合は 50% のディスカウントの適用を受けることができます。例えば、A社の株を2年前に $10,000 で購入し、今年度中に $20,000 で売却した場合は、、、

$20,000 - $10,000 - $100 (手数料) = $9,900 - 50% = $4,950

となり、$4,950 をキャピタルゲインとして申告する必要があります。

また売却をされなくても、保有されいてる銘柄の株式会社が年度中に吸収、合併するなどがあった場合も申告の必要がありますので注意が必要です。

最近のケースでは、有名なコールスマイヤー株などですね。マイヤー部分を売却し、コールス自体はウェストファーマース社に吸収される形となり、株式を保有されていた方には一時金が支払われたり、ウェストファーマース株に移行した形になっています。ご自身が売却されたわけではないですが、コールスマイヤー株を売却し、ウェストファーマース株を購入したことになりますので、申告の義務があります。

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ

タックス関連 | | コメント (0) | トラックバック (0)

ウェビナー

Webinar とは、ウェブとセミナーの新造語?で、ウェブ上にてのセミナーのことです。このへんですと、セミナーはほとんどサウスポートとかブリスベンになるので、オフィスでその時間だけオンラインでセミナーを受けられるというのは便利ですね。

今日はお昼から2時間ほど MYOB のウェビナ~です。

話はそれますが、オーストラリアの公認会計士にはそれぞれの協会から 知識とスキルの保持、向上、常に変更される法律などに精通している必要があるためプロフェッショナルデベロップメント、要するに自己啓発のためにセミナー出席や勉強をし続ける義務があります。

CPA の場合1年間に最低20時間、3年間で120時間!!こなさなければいけません。

この大変さ、おわかりいただけるでしょうか?丸一日のセミナーで得られるCPDは 8時間、3年間で約15日分のセミナー出席をしなければなりません。毎日忙しく仕事に追われていると、このたかが1年5日分のセミナー出席がとても大変なわけです。

それにコスト!!協会がオファーする1日セミナーの平均的な参加費は約 $700 つまり全てのCPDをこれらのセミナー参加でクリアーしようとすると、3年間で$10,000 以上のコストがかかるわけです。

CPDに加算されるものは、国税局が主催するセミナーなども含まれるのですが、無料のセミナーはなぜか CPD Hour が少ない、、、納得いきませんね。

とにかく大変な業界です。最近はCPD 時間をクリアしているかどうかの監査が厳しくなり、絶対逃れられない宿命です sweat02

にほんブログ村 資格ブログ 会計系資格へ

会計士 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月24日 (火)

ミーティング

昨日は Burleigh Heads 方面からお客様に来ていただきました。先日もサンシャインコースト方面からミーティングに来ていただきました。ちなみに私のオフィスは Hope Island ホープアイランド、ゴールドコーストからブリスベン方面へ 30km といったところでしょうか?渋滞がなければ サーファーズパラダイスから車で30分くらい、ブリスベンシティーから 45分くらいの距離です。

ご遠方からわざわざお越しいただき感謝しております。ありがとうございます。

お客様とのミーティングでいつも活力をいただいております。本当にこちらも元気が出てきます。毎日PC相手の仕事が中心なので、お話をさせていただく機会はとても貴重です。

メール、ファックスでの仕事も承っておりますが、やはり最初に信頼関係を築くことが大切なので、特にビジネスをお持ちのお客様については是非一度はお目にかかりたいと考えております。

今後ともよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ

会計士 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月23日 (月)

週末の過ごし方

おはようございます。今週はちょっとばかり忙しくなりそうです。頑張っていきましょう。

週末はのんびりと過ごしたいものですが、私は家でゴロゴロはあまり好きではありません。土曜の朝はヨガ!これはもう何があっても変えられません。長女と2人、9時半から11時までのヨガクラスに行ったあとは、車の教習がてら Labrador のフィッシュマーケットまで行って、新鮮なサーモン、Sward Fish (これはブリに似ていて?照り焼きにします) とイクラを奮発して買ってしまいました。お昼はもちろん Fish 'n' chips (食事制限はお休みです)

土曜の午後は次女が Harbour Town にお友達と映画&ショッピング。夫が連れて行き、夕方私が向かえに行きました。

土曜の夜は手巻き寿司!子供たちも大好きです。

日曜は友達を呼んでくれという息子を無視し、朝はのんびりと、、、子供たちの God Father である友人が来て一緒にコーヒータイム。午後はゴロっとしたい夫と、買い物大嫌いの息子も連れて久しぶりに家族5人で Westfield にてショッピング、遅めのランチをフードコートで食べて、息子の下着と果物を買いました。

娘2人は自分達だけで見て歩きたいというので、待っている間は夫と息子と Gloria Jean's にてお茶をしました。私はこういう時間が大好き。小さい頃から、両親の買い物に付いていくのが大好きで、おしゃれなカフェ好きの父とコーヒーを飲むのがお決まりだったからでしょうか?夫は外で飲むなら、家のインスタントコーヒーを選ぶタイプですが (笑)

帰ってからは、掃除、アイロン、繕い物、で月曜日の準備も万端。夕食はたっぷりの大根おろしとブリの照り焼き。おいしかった~。

まずまずの週末でした。

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月22日 (日)

グリフィス大学 2

経歴の続き、、、(Did you have enough?)

グリフィス大学ゴールドコーストキャンパス時代の思い出話を。

思い出深いのは、マーケティングでした。これはビジネスディグリーの1年目のコアサブジェクトでした。私はご存知のように、JCUのコマースから始めたので、順序が狂ってしまって、大学生活3年目にしてこういう科目をいくつか取らなくてはならず、苦痛でした。

マーケティング自体は面白い科目で、確かにビジネスの学生なら勉強しておいたほうが良い知識ですね。ただビジネスの1年目のコアとあって、学生数は多分300人位。大所帯でした。グループアサイメント (課題) で商品開発とそのマーケティングプランの作成というのがあり、確かくじ引きで決まった私のグループは、17歳のオージー学生、18歳の南ア出身学生、18歳のフィンランド出身学生と中年のオバちゃん(私)でした。

3人ともかなりの美女でみな身長175cm 以上。なんか私が加わるとかなりちぐはぐなグループです。1人を除いては、まじめな学生で、しっかりリサーチし、かなりいい感じのドラフトを仕上げ、教授に相談することになりました。

ここで驚いたのは教授の対応!!若くてきれいだと、こんなに素晴らしい待遇なのかと改めてビックリです。300人もの学生を抱える教授だけに逆に個々の学生と接する機会がないとのことで私達を大歓迎してくれて、アサイメントの内容にもかなりアドバイスをもらい、期限を延長してあげるから内容を充実させてきなさい、とのこと。(ずるーい)

中年の教授の若い学生を見る嬉しそうな目が未だに忘れられませんね。私は後ろでそんなやり取りを冷ややかに傍観していました。。。

このアサイメントは300人の学生中最高得点を得て、なんとか賞という賞までもらってしまいました。私も恩恵を受けましたが、なにか納得いかない感じですよね~。

このアサイメントのウェイトは確か全体の 30% くらいでしたが、マーケティングでの最終成績は確か High Distinction かなりよかったです。

なにかこれだけ聞くと、オーストラリアの大学は若くてきれいだったらいい成績が取れそうだ、と思わせてしまったかしら?そんなことはありませんのでご安心を。成績の付け方はクライテリアが最初から明確にされていて、かなり公平ですよ。ゴマすりだけでは、絶対生き残れません。なんといっても勉強、勉強、また勉強、そしてちょこっとソーシャルスキルがあればプラスアルファにはなるかもしれませんが、、、

不器用な私は大学での勉強は人の3倍した、と自負しております。器用な方は楽に卒業できるのかしら?分かりませんが、日本人の学生さんはやはり現地学生の2倍は努力しないと卒業できないでしょう。頑張りましょう。学生サービス科にはいろいろなサービスがありますので是非有効活用してくださいね。

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ

経歴 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月20日 (金)

筋肉痛、、、

昨日のテニスがたたり、、、筋肉痛です。

腕、肩、そして何といってもおしり!の筋肉が、、、、

普段いかに筋肉を使ってないか、痛感いたします。頑張って続けるようにします。

明日はヨガです。痛そう。。。

突然ですが、昨日の夕焼けです。

Resize_wizard1

今日も頑張って仕事をいたしました。来週も頑張りましょう!

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ

心と体 | | コメント (0) | トラックバック (0)

ハーモニーデイ

3月21日はハーモニーデイです。ご存知のようにオーストラリアは移民の国。それぞれの文化、宗教、出身国を超えて、国民全員がお互いを理解しあい、助け合いましょう、という日です。

そこで移民局からの統計を少しご紹介します。

  • オーストラリアの人口の45% は、国外で生まれた、もしくは両親のどちらかが国外で生まれた
  • オーストラリアは200ヶ国以上の国からの移民が共存している
  • 移民の出生国トップ10 -イギリス、ニュージーランド、中国、イタリア、ベトナム、インド、フィリピン、ギリシャ、ドイツ、南アフリカ

オーストラリアでは国家政策として多岐多様な背景を持つ移民においても、公平な扱いを受け、公平なチャンスが与えられ、それぞれが尊重されること、また全ての国民が帰属意識を持てるようにすること、などが掲げられています。多様性文化であることの恩恵を全ての人が理解し、享受できるように、と国を挙げて取り組んでいるわけです。

ですから他国と比べても、移民である私達にとっては大変恵まれた住みやすい国である、といえます。

もちろん市民レベルでは、偏見を持っている人もいますし、苦い思いをした経験がある人も多いかと思います。でもね、人間である以上、偏見というのは消えないものですし、人種から離れたところでの偏見というのも多いものです。

日々のネガティブな出来事も、偏見を受けたと捉えるのではなく、広い心を持って接していきたいものです。

それより以前に、たくさんのポジティブなこと、オーストラリアならではの素晴らしいこと、ありがたいことに感謝しながら生活したいと思います。

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月19日 (木)

久々のテニス

私は運動不足です。自覚しています。土曜日のヨガ以外全く運動していません。

体調がイマイチなのはそのせいでしょうか?数日前からまたアレルギーがひどくなり、まぶたと唇が赤く腫れています。想像したくないでしょう?想像しないでくださいね。

で、今朝はランニングクラブに参加する息子と一緒に娘達も7時15分には学校にドロップしてきました。家に帰って朝7時半、、、、仕事を始めるには早すぎるし、ボーっとしていれば簡単に時間はなくなってしまうので、乗り気しない夫を誘い、朝8時からテニスをしてきました。

なにか夫婦でテニスって素敵な印象を受けませんか?でも実際そんな優雅なものではありません。夫は大昔テニスコーチだったので、素人の私とやっても全然楽しくないと思います。私は10分もしたら、息絶え絶え、足はガクガクしてきて、30分もしたら空振りの連続でした。 (平然としている夫も実は膝に来ているのを私は知っています!) いやあ、ゴルフもテニスもある程度うまくないと、面白くないスポーツですよね。私はうまいものがありません。う~ん、これでも中学高校とバレー部で体育会系だったのですが、ママさんネットボールはあちこちにありますが、ママさんバレーはないですね。こちらは、、、悲しいです。

何か、いい運動になって長く続けられるスポーツがないものでしょうか?

にほんブログ村 英語ブログ 英語で仕事へ

心と体 | | コメント (0) | トラックバック (0)

ビジネスオーナー必見!オーストラリアの経済支援策

オーストラリアでは昨年10月の未成年のお子さんを持つご家庭へのボーナス (子供一人につき $1,000 約6万5千円 FTB-A 受給資格者対象) に始まり、今年に入ってからも政府の経済支援策が立て続けに実行されています。

働くオーストラリア居住者を対象としたタックスボーナスの支払いも4月から始まります。こちらについては何度か詳細をお話しました。

それに先駆けて、Back to School Bonus (FTB-A 受給資格対象者への子供一人につき $950 約6万2千円) Single Income Bonus (FTB-B 受給対象者へのボーナス $900 約5万8千円) などなど、そのほかにもたくさんの支援策が次々に実行に移されています。

我が家でも子供3人を対象に Back to School ボーナスが支給されて、嬉しい限りです。

またビジネスを対象とした支援策も実行されています。投資手当てです。2009年6月末までに減価償却の対象となる資産を購入した場合、また一定期間内に使用可能となる工場などの建設の契約がされた場合にその資産の金額の 30% の税金の優遇措置が受けられます。資産の金額はスモールビジネス (ターンオーバーが2M以下) は$1,000 以上、その他のビジネスについては $10,000 以上の資産が対象となります。

このビジネスの税金の優遇措置は2009年7月から12月まで続けられますが、7月以降は10% に下がりますので、ビジネスをお持ちの方で、コンピューターや車、その他減価償却対象となる資産購入、買い替えを考えている方は検討すべきかと思います。

資産の種類、建築の場合の契約の日時などには細かい規定があります。またビジネスの現状によっては優遇措置が適用されてもベネフィットが無い場合がございますので、資産投資の決断をする前に担当の会計士さんに必ずご相談ください。

国税局のウェブサイトにて Investment Allowance と検索すると詳しい情報の入手が可能です。

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月18日 (水)

グリフィス大学

2001年、ケアンズのジェームスクック大学からゴールドコーストのグリフィス大学へ転校いたしました。私は元来怠け者なので、Correnpondence 通信で大学の勉強をするなんてことは絶対できなかったので、通学圏内のグリフィスに移籍した次第です。

もともと Commerce (経済学部にて会計をメジャー) を取っていましたがグリフィスのゴールドコーストキャンパスではコマースをオファーしていなかったので、Bachelor of Business - International Finance 実は最初はファイナンスを専攻しました。

ふふふ、、、でもこのファイナンスで大きく挫折し (若いときの数学嫌いがここで影響しました!) また、この時最初に取った科目が Financial institutes and instruments 金融機関と金融商品?とでもいいましょうか。。。これは初年度の科目だったんですが、教授がすごいレベルの内容を要求し、他のオージーの学生さんも3年目の他の科目よりタフだった、と言っていた位難しかったんです。トレーディングについても、Trading Room という実際のトレーディングを疑似体験できる施設でいきなりトレーディングセッション!、もう IT系が苦手であり、トレーディングの知識も無かった私には地獄でした。アサイメントは全て、エクセルでのファイナンシャルモデリング!!オージー学生の10倍勉強しても追いつきません。

なんとかパスしましたが、もうこりごり、、、そして素直に会計科に移籍し直しました。Bachelor of Business - Accounting

転校をしたことによりいくつかのコアサブジェクトをリピートしなくてはなりませんでした。何度か交渉を重ね、すでに履修した科目のクレジット (単位の移行) は全て取りましたが、、、というわけで、将来公認会計士を目指す場合は特にコアサブジェクト (必須科目) が多い学部ですが、私の場合は転校の影響でさらに選択科目を取る余裕がありませんでした。

結局、会計のコア以外に取ったのはこのファイナンスと最後に取った心理学、そうなんです。これは全然会計に関係ないのですが、単位を潰すための枠が一つ残り選択は何でもOKだったので、心理学を取りました。でも1番楽しんだかもしれません。とにかく新鮮で、未知のエリアで、、、、英語での生物学の知識がもともと無いので、勉強は大変でしたけどね。

一番心に残っているこの心理学と、別の意味で思い出深いマーケティングの授業についてはまた今度お話します。

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (1) | トラックバック (0)

5年生で退学って、、、

先週の金曜日は5年生の息子の Social ソーシャル (ディスコパーティーみたいなものです) がありました。これは Fund Raising 資金集めが目的の催しものです。先生や親がボランティアで体育館で子供たちにディスコパーティーを開催し、その入場料 $5 が Music Department 学校での楽器の購入やメンテナンスに当てられます。

7時30分から1時間以上時間がありましたので、息子の友達のお母さん達とお茶をして待つことにしました。

この短い時間に得られる情報はすごいものがあります。みんな誰が悪さをして、誰が先生のお気に入りで、、、、とよく情報を持っています。息子のクラスの男の子が一人3週間前に退学処分になったとのこと。。。

5年生で退学処分ってすごくないですか?よく話を聞くと、、、去年、転校してきてからずっと問題児だったその子は、一人のお母さんの息子と少し親しくなったとのこと。このサイトは Cool だから (かっこいいから) チェックしてみろよ。と渡されたウェブサイトはナンと大人のサイト!!彼女はすごく怒って、(当然ですね) そのサイトを校長先生にまで送って苦情をだしたとのこと。これだけではないんですが、ちょっとここで書くのもまずいような発言があったとか、、、

そして今年退学のきっかけになったのは、音楽室からエレキギターを持ち出し、自分のだと言い張ったそうです。。。まあ、どんなご家庭か、、、と思わずにはいられませんが、驚きの5年生がいるものです。

校内の事情まで筒抜けのすごい母親のネットワーキングです。恐るべし、母親達のゴシップパワー。

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月17日 (火)

秋晴れ

あざやかな秋晴れの朝です。ジャカランダの花が咲いています。桜のようにいつも春に咲きますが、秋に咲くジャカランダは緑の葉とのコントラストが美しいです。

Jacaranda

朝日を浴びる木々

Asahi

今日も元気に過ごしましょう。

]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月16日 (月)

私と父

私の自慢の父は昨年80歳になりました。誕生日に合わせ帰国することはできませんでしたが、昨年12月にちょこっと一人で帰国し、久しぶりに姉家族と両親と私とでささやかなお祝いをすることができました。

なぜ自慢の父かというと、80歳にして車を乗り回し、75歳からパソコンに挑戦してメール交換をしたり、自営の仕事もまだまだ現役です。昔からの職業病で背骨が右に湾曲し、ちょっぴり歩き方がかわいらしくなりましたが、いつも前向きで元気な父です。

その父が腰の痛みに悩まされ、歩くことも不自由になってきています。しばらくは杖がないと歩けないほどだったようです。医者から仕事も禁止、と言われ、運転にも自信がなくなってきているようです。

本人が一番つらいでしょう。でも電話では、“痛くってさ~、参っちゃうよ~。”と言いながらも声は笑っています。

父は中学も卒業せずに志願兵となり16歳で台湾へ出兵した人です。彼の部隊の半分は沖縄へ派兵されほとんど戻った人はいないそうです。幸運にも出兵後すぐ終戦を迎えたため無事に戻ってきましたが、浅草の実家は空襲で跡形もなく、その後祖母を抱えて苦労をしたようです。

きちんとした教育を受けることができなかったのが残念だとよく言っていましたが歴史好き、読書好きの彼の読書量は半端ではなく、その辺のサラリーマンのお父さんと比べても知識人でした。

私が中学生のころには、父親とは口もきかない、顔を見たくもないという同級生もいましたが、私にとっては友達みたいな身近な父でした。私が好きなアーティストの情報を見つけると喜んで報告してくれたり、夜遅くに洋楽のヒットチャートを紹介する番組などを一緒に見たりしました。小さいころから映画の楽しみを教えてくれたのも父でした。中学生になっても、高校生になっても父と2人で映画を見に行ったりしたものです。時には、見たい映画が異なり、それぞれの映画を見てから待ち合わせして、新宿タカノ、フルーツパーラーでお茶する決まりでした。

父は浅草生まれの浅草育ち、若い頃の写真にジェームスディーンのように気取った写真があったり、おしゃれで粋な人でした。埼玉に産まれた私を芋娘だと馬鹿にしつつも、浅草や新宿などたくさんのところに連れて行ってくれました。今でも早いペースでさっさと歩く、父の颯爽とした後姿が目に浮かびます。

そんな父がすっかり歳を取ってしまいました。オーストラリアへ来たことを後悔してはいませんが、会いたいときにすぐ会えないもどかしさがあります。ちょこっと顔を出して元気付けてあげられたら、、、と思わずにはいられません。

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ

独り言 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月13日 (金)

ワーキングマザー

毎日雑用に追われ、仕事も思うように進まず、勉強も進んでいません sweat01

次女の調子が悪いと思っていたら、昨日は息子です。午前中に学校から電話で気分が悪いとのこと。。。

仮病だったら許さないぞ、と思いつつお迎えに行くと本当に気分が悪そう。。。家に着くなり、ガバーっともどしました。(すみません、汚い話で、、、)

現在は私も夫も自営業、、、比較的時間が自由になり、こういった状況にも対処可能ですが、以前勤めていたときは本当に大変でした。いえ、勉強している時代から、いえいえ子供を産んでからというもの、母親は24時間体制ですからね。これは大変です。

ましてや勉強や仕事をしようとすると、本当に困ることがたくさんです。こちらの会社は比較的寛大で理解してもらえますが、それでも自分の請け負った仕事が詰まっているとき、ミーティングが入っているとき、など子供の病気には泣きたいこともたくさんありました。家庭第一という考えですが、母にとっても仕事は大事なのです。

オーストラリアで暮らす日本人ご家庭や、こちらで結婚された方など、みなさん状況は同じですが、いざという時に頼りになるおばあちゃん、おじいちゃんはいませんからね~。そんな中で必死に頑張って働くお母さん達はエライのです!働いているお母さん尊敬します!たくさんいるでしょうシングルマザーの働くお母さんも、ともに頑張りましょう!

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月12日 (木)

引越し ケアンズからゴールドコーストへ

夢のケアンズライフの続きです。

ケアンズでは夢のような楽しい日々でしたが、夫が仕事を辞めパートナーと独立する決心をしたので、7年ぶりにゴールドコーストに向かうことになりました。

慣れ親しんだ土地を後にするのは悲しかったのですが、新しい生活に向けての希望もありました。空港まで友達が見送ってくれたり、最後まで本当に恵まれたケアンズライフでした。

車での引越しは以前の 3000km キャンベラーケアンズでこりごりでしたので迷わず空のルートで引越しとなりました。もちろん家具などは引越し業者に頼み、車もトランスポートを頼みました。当時飼っていた金魚ちゃん達もエスキー(クーラーボックス)で密閉しての移動です。

久しぶりのゴールドコーストに対してははこれといった感動もなく、適当な賃貸物件を探して落ち着きました。

3年生になった長女は、ゴールドコースト北部のステートスクール (公立小学校) 通い始めたのですが、田舎のカントリースクールだったその学校はこの数年で生徒数が 3倍に増え、通い出してみると校舎も机も椅子も足りない状態でした。3週間目に担任の先生に時間割を教えてください、と言うとまだホリデーから戻ってない子供もいるのでまだ時間割が無い、と言われ愕然としました。

また、パジャマのままのような姿で登校する子を見たり、プレーグラウンドで汚い言葉を使う子供たちを見て、がまんの限界。。。

3校ほど私立校を調べ、清潔で環境が良くて、対応が素晴らしく、そして調べた中では一番授業料の安かった今の学校へ転校させることにしました。Coomera Anglican College です。

新学期4週目でしたが、最初に教室に連れて行くと、先生も生徒達も娘を大歓迎してくれて、娘も新しい学校にすぐ馴染み本当にホッとしたのを覚えています。娘の転校と時期を同じくして名物校長先生 Mr K が赴任してこられたのもラッキーだったと思います。 Mrs K は日本語の先生でご家族で日本にも 2年住んでいらしたことがあり、学校初の日本人家族を暖かく迎えてくださいました。

こうしてゴールドコーストでの生活が始まったのですが、当然夫は新しいビジネスを立ち上げるのに忙しく、母子とも友達ができればと思い、長女を日本語補修校の1年生に入学させ、次女は幼稚部に通うことになりました。(毎週土曜日午前中の授業です)

しかし、もうご存知のように長女も次女も私も!日本文化?に馴染むことができず、、、3人揃ってドロップアウトした次第です。

こうして最初からゴールドコーストにはイマイチ馴染めずにいたわけです。あまり思い出したくない時代ですね。

次回は私の転校先である、グリフィス大学での思い出話でもしようかと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年3月11日 (水)

バイリンガルになれなかった子供たち

ハイ、うちの子供たちは両親とも日本人ですが、オーストラリアで生まれて育ち、、、バイリンガルにはなれませんでした。(まだ分からない??)

彼らの母国語は英語です。私は長女を育てる時に、とにかくこちらの幼稚園や学校へ行ったときにハンディーがないように、と日本語で話しながらも英単語を使いまくり、絶対不自由はさせない、と心がけていました。若気の至りです。。。セサミストリートを見て一緒に英語の練習をしました。

おかげ様で長女は両方を流暢に話すようになりましたが、日本人学校は挫折してしまったため、読み書きができません。ひらがな、カタカナ、小1程度の漢字は読めますが、、、

次女についても同じように育て、長女のときよりもネイティブの姉がいるため苦労がなかった記憶があります。ゴールドコーストに来てからは、今はなつかしい“あおば塾”に3年ほど通っていたため、日本語の会話はそれなりですが、ひらがなまでが限界です。

女の子というのは、器用なもので小さいときから状況を見分け、日本語と英語を上手に使いこなします。2ヶ国語知っているのがベネフィットになるせいか、言語能力に長け、英語の成績はネイティブ以上です。

が、息子は日本語が話せません。よく使う日本は、“ご飯何デスカ?” “これナーニ”。知っている日本語の単語は 50 ないでしょう、きっと。しりとりも、しりとり、リス、スイカ、カラス、すずめ、メガネ、ネコ、コマ、まいご、ゴマ、ママ、まいご、ゴマ、ママ、、、、といった具合にパターンから脱出することができません。まあ、3人目ともなりますと親と話すよりも姉弟で話す方が多いですから、ほとんどはネイティブの姉達から英語を学んだと言っても過言はありません。

私の定義するバイリンガルとは “2つの言語を読み書きを含め自由自在に操る人” ですから、私も一生バイリンガルになりえませんし、子供たちはもってのほか、日本へ行ってもちょっと日本語が話せるガイジンさん程度です。

私の最近の心配は、私が死ぬ間際に残す最後の言葉を子供たちが理解できないのでは?ということ。もっと日本語をきっちり教えておけばよかったかしら、と思う今日この頃です。

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ

私と英語 | | コメント (0) | トラックバック (0)

肌の調子その後

ナチュロパスによる食事制限やリバーデトックスなど、昨年10月からいろいろとアプローチを重ねてきましたが、約2週間前からホルモン療法を始め、ピタッと止まっています。

本当にうそのようにニキビが出てきません。

自分でも信じられないくらいです。ここ2,3年あんなに苦労してきたのに、、、こんなに簡単に?という気持ちです。

ニキビのない顔は3年ぶりくらいです。腫れて赤くなった炎症ニキビが治る前に次が出てくるという状態だったので、、、嬉しいのですが、納得できないような変な気分です。

ホルモン療法も一生続けるわけには行きませんので、これからも試行錯誤が続くでしょう。とりあえずご報告です。

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ

心と体 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月10日 (火)

浅はかな、、、

今日は反省しきりです。また私の浅はかな言動で大切な人にイヤな思いをさせてしまいました。

昔からおっちょこちょいで、バカなことを言ってしまう人間でした。よく考える前に口に出してしまうのです。

この性格をすごく悩んだこともあり、気にしすぎて人と話ができないほどになったこともありました。対人恐怖症、、、ではないかと思うほど、家にこもり誰にも会いたくない、姿を見られたくないという時期がありました。

学校に子供を連れて行くのが苦痛でした。まだ下の子が小さかったので、教室まで連れて行くのですが、楽しそうに話すお母さん達の横を通るのがつらかった。

自分がこそこそ隠れているくせに、これが続くと周りの人全てに避けられているような気がして、また落ち込むのです。買い物をしていても誰とも話しをしたくないので、当然うつむいているのですが、これでは普通誰も声をかけませんよね。でも誰かを見かけると、あの人は私がいたのに声をかけてくれなかった、私は避けられているんだ。となってしまうわけです。

今でも忘れられない出来事は、、、、次女がプレップのときにシーワールドへ遠足がありました。持ち物や服装のリストに Sand Shoes を履いてくるようにとありました。生粋日本人には分かりませんよね?サンドシューズなんて聞いたこともないし、辞書にも載っていません。シーワールドと言えば水、サンドと言えば砂、そうか濡れてもいいサンダルのことか、と勝手に判断したのでした。翌日学校へ行くとみんな運動靴を履いています。先生も娘のサンダルを見て困った、、、という顔。私は泣きたくなりました。結局、後からシーワールドまで車で運動靴を届けたのですが、その時の情けなさと言ったらありません。

ちょっと誰かに聞けばよかったのです。サンドシューズとはオーストラリア独特の表現みたいで普通の靴のことだそうです。足を囲む靴、要するに、Joggers や Runners とか Sneakers と同じです。

私は恥ずかしさと悔しさと情けなさで、自分の怒りをどこに持っていくこともできず、当時学校に抗議しました。校長先生は丁寧に今後は表現に気をつけるようにします、と言ってくださいましたが、誰が考えても、確認しなかった自分に非があるわけです。

そうです。たかが靴で、私は人生がひっくり返るほど感情的になっていたのです。

こういう状態が多分ゴールドコーストに引越してから 1,2年続いてたと思います。こんな状態で大学で勉強してましたので、ノイローゼ状態でした。妄想にも悩まされたし、、、

夫にはほとんど相談していませんでしたので、多分そんな状態だったなんて知らないと思います。精神科に通うことも何度も考えました。そんな時に大学の学生向けのカウンセリングがあることを知ったのです。

このカウンセリングについては以前書いたのですが、本当に助けられました。助けられたというと何かしてもらって、、、と思いがちですが、カウンセリングを通じて自分で自分を客観視きるようになり、自分で自分の道を進んでいくしかないと気付かされ、自分の思考のくせを治せるようになったということです。

ふとしたことで、ネガティブな当時の感情がよみがえることがあります。危ない、危ない、悩んで暮らしても、楽しく暮らしても、同じ私の人生です。 I am in charge of my life ! 自分の人生自分で舵を取って進みましょう。

しかし、浅はかな言動は慎まねばなりません。反省すべきは反省いたします。どうか、浅はかな女の戯言とお許しいただければ幸いです。

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 9日 (月)

タックスボーナスについて

先日からお伝えしている、オーストラリア政府の緊急経済支援策第2弾、Stimulus Package のタックスボーナスについてです。

支給対象者に関する詳しい説明は前回の記事をご覧ください。

支給に向けての準備が進んでいます。支給は全てタックスエージェントを通すことになります。タックスエージェントを使わずにご自身で申告をされた方は、2008年度のタックスリターンに記載した還付金振込み先口座、またはご住所へ送られることになります。

2008年度のタックスリターンにエージェント (税理士) を使われた方は、そのエージェントに支給 対象者リストが送られています。エージェントの判断で、お客様の登録の銀行口座へ振り込むのか、お客様ご自宅の住所へお送りするのか、エージェントが受け取るのか、国税局へ通知をすることになっています。

口座番号が変わった方、違う口座への振込みをご希望の方、タックスリターンをしてから住所が変更になった方、は速やかにエージェントへ連絡をするか、直接国税局へ変更を通知する必要があります。

Australian Taxation Office 1300 686 636 へ連絡してください。

注意が必要なのは、エージェントのトラスト口座を通じて還付を受けた方です。通知をせずにいるとエージェントのトラスト口座にボーナスが支給される可能性があります。そこからご自身の口座へ振り込んでもらうのに、費用を請求されかねませんので気をつけてください。(税務申告費用を還付金リファンドから差し引いて支払った方は、この設定がされている可能性が高いです。)

国税局は4月からの支給を始めるにあたり、3月12日までの通知を呼びかけています。

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ

タックス関連 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 8日 (日)

キネシオロジー (Kinesiology)

ずっと気になっていたこの言葉!発見しました。

以前ヨガのクラスで、キネシオロジーの簡単なテストのようなことをしました。

心の中にネガティブな気持ち (恐怖とか怒りなど) をイメージして片腕を水平に上げます。パートナーになった人がその腕を上からおろさせるように押すのに対し、水平に保つよう心がけるのです。次にポジティブなイメージ (嬉しいことや幸せ) を心に描き、同じテストをします。

驚くほど違いが分かります。ネガティブイメージの時は肩の筋肉を使って必死に抵抗している、という感じ。でもポジティブイメージがある時は体の中心から力が湧いている感じです。腕の筋肉をそれほど使わなくても、力が湧くのです。

これはヨガのポーズなどをするときや、日常の生活の中でも、心の内面によってこれだけ違いがでるのですよ、というヨガの先生のメッセージだったのですが、かなり感動した私はずっと気になっていました。

昨日偶然このブログにコメントをいただいた方のブログを読んでいて、Psychic に関する記事の中のリンクから日本人のサイキックの方のウェブサイトを見つけ読んでいると、、、、キネシオロジーの言葉が!!

これだ!と思った私は夕べかなりリサーチをして、キネシオロジーのコースまで受けたいと思うに至っています。オーストラリアでは既にディプロマコースや2年のアドバンスディプロマのコースもあり、実際にキネシオロジーのクリニックもたくさんあるようです。(日本にもあるようですよ)

アプライドキネシオロジーとは、腕の筋肉反射を使って、心身の不調を解消していくという総合療法です。本人が意識していない不調も体に聞く事で治療が可能になるとか。。。

以前からナチュラルセラピーやナチュラルヒーリングに興味のある私は、またやりたいことが増えてしまいました。オーラソーマも勉強しようと思っているのですが、、、

体と時間がいくらあっても足りませんね sweat01

とりあえずは今勉強中の CPA を終わらせないと、なのですが、、、次の目標が見えてきましたよ。本業以外に打ち込めるライフワーク、歳のせいか病んでいる社会や人々のためになることをしたい、、、と思う今日この頃です。

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年3月 7日 (土)

Mum's Taxi

表題の Mum's Taxi オーストラリアに住んでいらっしゃる方なら分かりますよね?

はい、こちらではよっぽど便利のいいシティーにでも住んでいない限り、子供たちの学校への送り迎えから、お友達との約束、デート、アルバイト、全て親が車で送り迎えをしなければなりません!!

小さい時はまだかわいらしいものですが、高校生にもなるとこれは大変です。私達はゴールドコースト北部の公共のトランスポートがとても不便な所に住んでいます。

毎日の学校への送り迎え、3人いますと3人3様、始まる時間から終わる時間まで違う日もたびたびです。週に平均15回くらい学校に通っていることになります。ちなみに学校までは片道約 8km 渋滞がなければ12分くらいですが、朝などは20分くらいかかります。

アフタースクールの習い事があれば当然学校からそこまで送り、また終了の時間に合わせ迎えにいくことになります。

今週末は次女が友達と映画を見るので、映画館のあるショッピングセンターまで送り迎えです、往復約 30km。 夜は長女が友達とコンサートを見に行くので友達の家まで送り、夜10時にお迎えです。そして日曜日は長女のバンドの練習、リーダーの家はヒンターランドの山奥でここから 40km ほどあります。練習は3時間以上ですので、山ん中で3時間待つわけにはいきませんので、1時間かけて送り、1時間家に戻ったら、またお迎えです。

こういった状態を Mum's Taxi と皮肉を込めて言うわけです。

私達もかわいそうですが、親が承諾しないとどこにもいけない高校2年生もかわいそうと言えばかわいそうです。自分が高校生の時は好き勝手に移動してましたからね。。。

箱入り娘とはオーストラリアの田舎に住むかわいそうな娘達のことです。

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年3月 6日 (金)

今のところいい感じ~

一昨日ナチュロパスへ行って、アレルギーを抑える自然の抗ヒスタミンとやらを飲み始め、、、、

昨日朝起きたら、皮膚の赤みと腫れは治まっていました。今日も順調です note

くしゃみと鼻水は今朝もひどかったのですが、、、息子も夫も鼻がグズグズしているので、これは風邪のせいかもかもしれません。

ニキビ対策のホルモン療法もまだ1週間足らずですが、いい感じです。新しくムクムクと赤みを帯びて腫れてくるモノは今のところありません。これはまだ油断はできませんが、、、

ひどかった時の写真を見ると、自分でも目をそむけたくなるほどヒドイ!です。すっかり治りました、と明るく公開できる日が来ることを願うばかりです。

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ

心と体 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 5日 (木)

ゴシップ

子供たちが大きくなるにつれ、学校で他のお母さん達とおしゃべりをする、ということが少なくなってきます。

私もあまり社交的な方ではないので、親しいお母さん達がいないのであればほとんど学校の行事にも顔を出しません。(大きくなるにつれこういった行事も減るのですが、、、)

夫はそんな私より100倍くらい社交性がないので、学校行事が大嫌い、年度末の Celebration Evening 終業式?年度末に子供たちが表彰されたりする一大行事に仕方がないから行くといった程度です。

でもね、気をつけないとやはり学校内の情報などが途絶えてくるし、いざというときに連絡できるお母さん達との輪も大切にしていかなきゃな、と感じます。

長女がYear 11 ですので、大学進学などに必要なOP Score とか QCS テストとか、、、私達は知らないことがたくさんありますので、やはり気軽に聞ける友達は必要です。

うちの子供たちの学校にはほとんど日本人がいませんので、オージーママたちとのつながりは大切です。

先日久しぶりにユニフォームショップに行くと、最近あった学校での出来事で盛り上がっていました。うちの次女が絡んでいるので、ああ、こうやって噂は広まるのね、といい勉強になりました。またしばらく会っていなかった息子の友達のお母さんにも会い、近況報告しあいました。以外に有意義な井戸端会議です。

息子がサッカークラブに所属していたときは、毎週2時間ほど他のお母さん達とキャッチアップする機会があったのですが、やめてからはすっかり遠のいています。以外と大切なママ軍団の輪です。

くだらない内容だったりしますが、しばしゴシップに花を咲かせると、すっきりさわやかな自分がいたりします。侮れません、井戸端会議!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夢のケアンズライフ

経歴の続きです。

1998年、第3子を出産した私は、翌年から大学に復帰しました。当時長女は近くの私立校のプレップ(幼稚部) に通っており、前年度デイケア (保育園) にどうしても馴染めなかった次女と長男は Family Day Care (認可を受けた保母さんが自宅で少人数の保育をしてくれるシステム) に週2日ほど預けました。

Family Day Care のお宅は自宅ガレージをすべて改築し、おもちゃや本もたくさんあって、お庭には幼稚園顔負けの遊具がそろっていました。その保育士さんは4人までしか預からず、まだ1歳程度のうちの息子も安心して預けられました。とにかく家族みたいな環境で、うちの下2人の子と、他のご家族のやはり姉と弟の4人を仲良く遊ばせてくださいました。

この規模でもしっかり認可を受けていますので、働くお母さんや、私のように勉強中のお母さんの保育費にも政府の補助が出ていました。

よい環境に恵まれ、安心して勉強を続けることができました。とはいっても家族優先ですから、大学はパートタイムで通常1学期4科目履修するところを2科目ずつ進めていきました。

ケアンズのジェームスクック大学スミスフィールドキャンパスは、無料で止められる駐車場、新しい設備、それに私のような年配?の学生が多く、同胞もたくさんできてとても有意義で楽しかった記憶があります。

大学のない日は、日本人ママさんたちの子連れランチ会や、公園での持ち寄りパーティーや、たまには子供たちをお父さんに預けてのディナーなど、本当に楽しい思い出がたくさんです。子供を寝かしつけてから友人と好きな映画を見に行ったり、このころはゴルフも始めたりして、ヘタクソでしたがケアンズ有数のコースでラウンドしたり、、、お値段も安かったし、主婦でもゴルフを楽しめてしまう環境だったのです。

充実していて本当に楽しい日々でした。ケアンズは素晴らしい環境に恵まれ、安心して暮らせる都市(?)です。夏の数ヶ月は暑さとサイクロンに苦労しますが、4月~10月は本当にさわやかでゴルフ日和が続きます。

初めての家を建てた場所でもあったので、私達にとっては第2のホームタウン、今でもなつかしく思い出します。

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 4日 (水)

ナチュロパス

昨年10月から10年悩んでいるニキビ対策としてナチュロパスに通っています。リバーデトックスのためのサプリや食事制限なども続けていますが、まだこれといった改善は見られません。 GP や産婦人科にもかかり、ホルモン療法も始めました。(Diane 35)

最近アレルギー反応もひどく、目のかゆみ、なみだ目、皮膚 (顔) のかゆみと腫れ、くしゃみと鼻水、、、その相談も兼ねて再度ナチュロパスに行ってきました。

マグネシウムのサプリが切れて急に肩こりが悪化したので、Ultra Muscleze B Excel 。

自然のものからできているという抗ヒスタミン剤?のサプリ Quercetain 。

リバーデトックスの続きで (肝臓デトックス) Milk Thistle 、Fish Oil の Ultra Clean EPA/DHA と Zinc Liquid 。

またドッサリと飲むものが増えてしまいました。ナチュロパスのお姉さんはこれでも物足りなさそうでした。これに加えビタミンB郡か、マルチビタミンも取ったほうがいいと言っていました。

こちらでは健康食品関連、ビタミン関連は一大産業ですからね。このくらい当たり前なのかもしれません。日本の年配の方が薬漬けなのを見かけ、よく疑問を感じるのですが、こちらではビタミン剤漬けにされそう???

薬はいやだと思いつつも、症状を回復するためなら何でも飲みます、という矛盾と葛藤しています。

とりあえずアレルギー症状が治まらないことには普通の生活ができないので、一抹の期待とともに様子を見ることにします。

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 3日 (火)

か、肩がこる~

ここ数日肩こりがひどく、デスクに座っている間中、首をグルグル、肩を上げ下げしている。

なぜに?と原因究明をする中で、アッと気が付いたことは、、、

普段私が愛用しているサプリメント、Ultra Muscleze B Excel マグネシウムとビタミンB郡に加え亜鉛を含む粉状のサプリです。。。これが数日前切れてしまって、ここ数日飲んでいないことに気が付きました。

マグネシウムは筋肉のコリをほぐしたりする効果があることは知っていましたが、なくなった途端に効果が切れるとは!!驚きです。

このサプリメント3年くらい続けて服用してますが、肩こりが良くなったと思っていました。治ったんじゃなくて、サプリが効いていたということですね。

いやあ恐れ入りました。早速ナチュロパスのお姉さんに電話しアポを取りました。(アポなしでも買えるんですが) 最近アレルギーもひどいので、ついでに相談に乗ってもらおうと思います。

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 2日 (月)

初公開、、、

いきなりですが、、、16年前の写真です。

1993_tamami古い写真のスキャンコピーなので画像が悪いです。これが16年前まだ可憐だった私と生後1ヶ月くらいのうちの長女、そして我が子達のゴッドマザーであるタニアと生後3ヶ月のナターシャ。。。(念のため、私の膝にいるのがナターシャです。誰も間違えないって?)

そして16年後、、、                                        

Australia_day

当然ながら右端がうちの長女、真ん中がナターシャ、左はナターシャの友達ジェンです。(ジェンは日本人のお父さんとタヒチアンのお母さんのハーフです)

遠く離れて暮らしていた時期もあったので、幼なじみとは言えませんが、親同士の交流があるので最近は一緒にショッピングに言ったり、Face Bookに2人の写真を載せたりしているようです。

立派に育ったものです。長女は現在高校2年生、いよいよ遊んでいられない年頃ですが、昨日もロックバンドの練習に行き、青春を謳歌し、相変わらずオージー時計で毎日を過ごしております。う、うらやましい~。

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

肌の調子

今年1月、2月と過去最悪の目のアレルギーと肌状態に悩まされ、やっと少し回復し、先週は久しぶりのコンタクトレンズとお化粧も少しできるようになったのですが、、、

またしても目のかゆみに襲われ、それと一緒にまぶたが赤く腫れて、ヒリヒリ状態に逆戻り、、、

顔はどうでも中身が元気であれば、、、と思いつつも凹みますね~。やはり。

GPに行って皮膚科へ紹介状を書いてもらおうかしら、と思ったり。なんとか体の中から治さねば、と思ったり、40歳の乙女心は揺れております。

今夜は久しぶりにブリスベンにて女友達とのディナー、彼女と会うのも半年ぶり?楽しみです。このアレルギー状態なので、お酒は控えめにしなければ、、、今日は月曜日、さすがにお泊りはできないので、車で帰ってこなければならないし、、、

スピリチャルでいつも前向きな彼女から、元気をもらってきたいと思います。

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ

心と体 | | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »