« グリフィス大学 | トップページ | 久々のテニス »

2009年3月19日 (木)

ビジネスオーナー必見!オーストラリアの経済支援策

オーストラリアでは昨年10月の未成年のお子さんを持つご家庭へのボーナス (子供一人につき $1,000 約6万5千円 FTB-A 受給資格者対象) に始まり、今年に入ってからも政府の経済支援策が立て続けに実行されています。

働くオーストラリア居住者を対象としたタックスボーナスの支払いも4月から始まります。こちらについては何度か詳細をお話しました。

それに先駆けて、Back to School Bonus (FTB-A 受給資格対象者への子供一人につき $950 約6万2千円) Single Income Bonus (FTB-B 受給対象者へのボーナス $900 約5万8千円) などなど、そのほかにもたくさんの支援策が次々に実行に移されています。

我が家でも子供3人を対象に Back to School ボーナスが支給されて、嬉しい限りです。

またビジネスを対象とした支援策も実行されています。投資手当てです。2009年6月末までに減価償却の対象となる資産を購入した場合、また一定期間内に使用可能となる工場などの建設の契約がされた場合にその資産の金額の 30% の税金の優遇措置が受けられます。資産の金額はスモールビジネス (ターンオーバーが2M以下) は$1,000 以上、その他のビジネスについては $10,000 以上の資産が対象となります。

このビジネスの税金の優遇措置は2009年7月から12月まで続けられますが、7月以降は10% に下がりますので、ビジネスをお持ちの方で、コンピューターや車、その他減価償却対象となる資産購入、買い替えを考えている方は検討すべきかと思います。

資産の種類、建築の場合の契約の日時などには細かい規定があります。またビジネスの現状によっては優遇措置が適用されてもベネフィットが無い場合がございますので、資産投資の決断をする前に担当の会計士さんに必ずご相談ください。

国税局のウェブサイトにて Investment Allowance と検索すると詳しい情報の入手が可能です。

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ

|

« グリフィス大学 | トップページ | 久々のテニス »

タックス関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1120771/28676300

この記事へのトラックバック一覧です: ビジネスオーナー必見!オーストラリアの経済支援策:

« グリフィス大学 | トップページ | 久々のテニス »