« ナチュロパス | トップページ | ゴシップ »

2009年3月 5日 (木)

夢のケアンズライフ

経歴の続きです。

1998年、第3子を出産した私は、翌年から大学に復帰しました。当時長女は近くの私立校のプレップ(幼稚部) に通っており、前年度デイケア (保育園) にどうしても馴染めなかった次女と長男は Family Day Care (認可を受けた保母さんが自宅で少人数の保育をしてくれるシステム) に週2日ほど預けました。

Family Day Care のお宅は自宅ガレージをすべて改築し、おもちゃや本もたくさんあって、お庭には幼稚園顔負けの遊具がそろっていました。その保育士さんは4人までしか預からず、まだ1歳程度のうちの息子も安心して預けられました。とにかく家族みたいな環境で、うちの下2人の子と、他のご家族のやはり姉と弟の4人を仲良く遊ばせてくださいました。

この規模でもしっかり認可を受けていますので、働くお母さんや、私のように勉強中のお母さんの保育費にも政府の補助が出ていました。

よい環境に恵まれ、安心して勉強を続けることができました。とはいっても家族優先ですから、大学はパートタイムで通常1学期4科目履修するところを2科目ずつ進めていきました。

ケアンズのジェームスクック大学スミスフィールドキャンパスは、無料で止められる駐車場、新しい設備、それに私のような年配?の学生が多く、同胞もたくさんできてとても有意義で楽しかった記憶があります。

大学のない日は、日本人ママさんたちの子連れランチ会や、公園での持ち寄りパーティーや、たまには子供たちをお父さんに預けてのディナーなど、本当に楽しい思い出がたくさんです。子供を寝かしつけてから友人と好きな映画を見に行ったり、このころはゴルフも始めたりして、ヘタクソでしたがケアンズ有数のコースでラウンドしたり、、、お値段も安かったし、主婦でもゴルフを楽しめてしまう環境だったのです。

充実していて本当に楽しい日々でした。ケアンズは素晴らしい環境に恵まれ、安心して暮らせる都市(?)です。夏の数ヶ月は暑さとサイクロンに苦労しますが、4月~10月は本当にさわやかでゴルフ日和が続きます。

初めての家を建てた場所でもあったので、私達にとっては第2のホームタウン、今でもなつかしく思い出します。

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ

|

« ナチュロパス | トップページ | ゴシップ »

経歴」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1120771/28478077

この記事へのトラックバック一覧です: 夢のケアンズライフ:

« ナチュロパス | トップページ | ゴシップ »