« タックスボーナスとオーストラリア経済 | トップページ | 今日のヨガと結婚17周年 »

2009年4月24日 (金)

気づき ~英語の暗記は漢字で?

私は日本語で簿記や税務の知識があったわけではないので、こちらでアカウンティングの勉強を始めたときは、当然全て英語で知識を身につけていきました。大学の始めのころは、結構日本語での理解を心がけていたかもしれませんが、もともと日本語の知識がない場合は、英語を英語として理解した方が早いということを実感していったのかもしれません。

それで大学のパートタイムで足掛け7年も勉強していましたので、簿記や経理、会計、税務における言語は全て英語でした。

ところが、日系のお客様を持つ会計事務所に勤務が始まったため、いきなり日本語で会計基準や税務の説明をしなければならず、最初は随分苦労してしまいました。会計用語だけでなく、長い間日本人を相手に接客などをしていなかったので、敬語すら出てこず苦労しました。まあ、これは数日もすると慣れてきたのですが、会計税務に関する用語については、日本語の知識がないため、随分日本から本を取り寄せ勉強したものです。

金融実務大辞典や会計がわかる事典、などを読むと、あ~なるほど、日本語ではこういうのね、という具合に実務を通して日本語を補充していった訳です。

しかし最近の英語での勉強で感じたのは、記憶にとどめることに問題があること。(歳のせいで記憶力が低下してるのかも?) 現在も CPA の勉強をしていて、かなりの量の資料を読まねばならず、英語でさら~っと読めるというと、かっこよすぎですが、記憶に残らねば意味がないわけで、、、、

で、最近はキモの部分、ここは絶対頭に叩き込まねば、という部分については、あえて日本語に訳し、漢字でノートを付け足します。こうすると、後から、そういえばどこかで読んだなーと探すときも、ひと目で漢字が飛び込んでくるのです。日本語に訳すのに、辞書を使ったりして結構苦労しちゃうのですが、またそのひと手間が記憶に残る手伝いもしれくれます。

漢字ってすごい!と今更ながら関心しています。だって英語のダ~っと長い説明文も結構、熟語を使うことでビシッと要約できるものです。

そういえば、事務所で働いていたときにお客様のお名前を覚えるのに苦労していて、どこかでなぜか気づいたんです。それは漢字がないから!!アルファベットで全て処理するため、ナントカ ナニコさん、やナニカワ ナニオさんといった具合でその方の漢字でのお名前を見ずに終わることが多かったのです。そんな中、漢字でご署名される方がいると、パッとお名前に色がつく、というか、個性となる、というか、、、分かっていただけますか?こうしてお名前を漢字で拝見させていただいた方は、翌年よく覚えているということに気がつきました。

なので、この “キモ部分漢字暗記方” での勉強方は以外と効果があるかもしれません。気づくの遅すぎって気もしますが、、、

では昨夜の勉強から日本語に訳して、なるほど普通の生活にも役に立つのでは?と感じたフレーズをご紹介します。

  • 自分のゴールを設定する
  • 実現可能で明確なゴールであること
  • ゴールに対しての現在の自分の状況を把握する
  • ゴール実現に必要な要素やリソースを認識する
  • ゴール実現のための行動プランを認識する

ちょっと日本語が変?お許しを~。これは企業の Performance Management Strategy パフォーマンスマネジメント戦略です。個人でも企業でも、やるべきことを認識し、行動すべし、っということですね。こんな当たり前のことを勉強してるのかっと怒られそうですが、これが結構奥深いんですよ~。は、、、まだまだ読み込みと下調べが続きます。

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ

|

« タックスボーナスとオーストラリア経済 | トップページ | 今日のヨガと結婚17周年 »

私と英語」カテゴリの記事

コメント

私は逆でしたね~。
私も日本での会計の知識が無いのは一緒ですが、まず日本語で初心者向けの会計の本を取り寄せて、理論や基本を理解しました。今はいろいろ会計の本も分かりやすいのが出ているので助かりました。
それで、実際にTAFEコースが始まったら「英語ではこう言うんだ~」と感動してみたり(笑)基本的なことを日本語で理解していたので、英語になってもすんなりいけたような気がします。
でも、会計はよかったのですが、その他の科目…法律系の科目にはこの方法が通用しないので、英語でひぃひぃ言いながら勉強していました(笑)

Aikoさんほどの方でも、漢字で要点を押さえるほうが記憶に残りやすいんですね。やはり日本人ですから、いくら英語が上手くなったとしても、日本語で覚える方が脳がよく働くのでしょうね。

最後のマネジメント戦略…いろんなことに応用できそうですね♪まずは勉強の計画を立てる時に意識してみようと思います。下調べ頑張ってくださいね!

投稿: くまこ | 2009年4月24日 (金) 19時07分

くまこさん
いつもコメントありがとう!
日本語で事前勉強なんてエライわ~。見習わなくては!
でも絶対無理な科目ってありますね。法律系は絶対不可能ですね。大体法律の歴史から違うので、コンセプトが違う、翻訳してたら違う意味になってしまうことがありますからね。

私も根っからの日本人ですから、、、日本語の方が楽ですよ~。最近思うのは、Recognition 能力の違い。日本語だと真剣に聞いてなくても、雑音があっても、途中で途切れても、ある程度Recognise できる。ところが、英語は全神経集中していないとRecognise できてないですね。
よい例は音楽、音楽として聞いてたら英語の歌詞、全然耳に入ってきませんからね。自分でおもしろいなあ、と思います。

でも最近16歳の長女から、Mum, you sounded like a native! と褒められ、ビミョウな気分です。くまこさんはカイ君に日本語なのかしら?

投稿: Aiko | 2009年4月24日 (金) 19時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1120771/29265676

この記事へのトラックバック一覧です: 気づき ~英語の暗記は漢字で?:

« タックスボーナスとオーストラリア経済 | トップページ | 今日のヨガと結婚17周年 »