« タクシー業再開 | トップページ | タックスプラン »

2009年6月21日 (日)

ゴールドコーストピアノコンクール

今朝は4時に起きて日本へ行く夫を送り出しました。しばらく寂しくなります。

昨日の結果報告~。

Gold Coast ASKM Piano Competition 2009

Section 4 (16 - 21 years old) 14min

にて長女は2位になりました。総合でスカラーシップ (奨学金) も受賞しました。

初めてボーイフレンドを連れて行ったので、彼女の集中力が心配だったのですが、まあ、なんとか乗り切ったといった感じです。(本音は She could have played better!)

先日のビーンリーの音楽祭でのパフォーマンスの方がよかったかな。でもこの ASKM はゴールドコーストでは多分一番レベルの高いコンクールで、やはり緊張感も参加者レベルも全然違います。多くを望みすぎてはいけませんね。

審査官は Helen Lancaster さん。以前彼女の“Career options in Music” というセミナーに参加したことがあるのですが、自らもピアニストである傍ら、クイーンズランドの音大の立ち上げや各種プロジェクトのディレクターなどを務めるビジネス方面にも精通した素晴らしい先生です。音楽のPhD もってらっしゃるので、ドクターですね。

とても Inspiring で Encouraging なコメントをいただきました。

長女のボーイフレンドも音大目指す学生なので、彼女も音楽の道に進んでくれたら嬉しいな、と思っています。(普通音楽の道へ薦める親なんていないかしら?) でもね、ここまでピアノを続けるって大変なことなんです。学校の勉強も今ピークを向かえ、かなりの量のアサイメントやアセスメントがある中で、これだけの大曲を弾きこなすのってかなりのコミットメントが必要です。彼女も大変だ~、疲れた~と言いながら、新しいピースが来るとピアノから離れられないといった感じです。コンクールの曲目を練習せずに新曲ばかり練習してしまうのは困りものですが、、、

まあ静かに見守ってあげるしかないでしょう。

しかし、これまで弾き終わってから恥ずかし気な笑顔で私のところへ来ていた長女がボーイフレンドのところへ行ってしまうのって複雑な母心でしたよ sweat01

私達の役目もそろそろ終わりなんでしょうかね。。。

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ

|

« タクシー業再開 | トップページ | タックスプラン »

独り言」カテゴリの記事

コメント

オーストラリアで開催されるピアノコンクールについての情報がありましたら、教えてください。

日本に住む、オーストラリアの中学生です。

投稿: ejp | 2009年8月12日 (水) 17時57分

eipさん

毎年この辺りで開催されるピアノコンクールは、ASKM Piano Competition, Gold Coast Eisteddfod, Beenleigh Eisteddfod そしてQueensland Piano Competion (Brisbane)などがありますが、今年のエントリーはもう全てClose されてしまいました。

Music Teachers Association of Queensland Inc - www.mtaq.org.au などサーチしていただければ詳しい情報が手に入ると思います。

投稿: Aiko | 2009年8月12日 (水) 19時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1120771/30205397

この記事へのトラックバック一覧です: ゴールドコーストピアノコンクール:

« タクシー業再開 | トップページ | タックスプラン »