« 会計士になった理由 | トップページ | 妥協は天敵 »

2009年8月20日 (木)

夕べの感動

夕べは長女の通う高校 CAC シニアスクールの Year 11 & 12 の Music Assessment (音楽を選択している生徒による評価を兼ねたパフォーマンス) がありました。(日本の高2、高3です)

テーマは、、、

Music in Conflict  音楽と紛争

13人の音楽を選択している生徒がそれぞれ自分のテーマを決めて、パワーポイントかムービー形式のプレゼンテーションを行い、同時にテーマに合わせた音楽を演奏するというものです。

貧困、飢え、エイズ、弾圧、民族紛争、戦争、テロリズム、環境破壊、などそれぞれのプレゼンに合わせ、歌、ギター、ピアノなど得意な楽器などで演奏してくれました。

私はえらく感動してしまい、涙をこらえているのがやっとでした~。みんな素晴らしいプレゼンとパフォーマンスでした!! 娘の仲良しのシボーンちゃん (って身長180cm の美女なんですが) 写真はこちら >>> http://nakano-accountants.cocolog-nifty.com/blog/2009/05/post-a6b5.html 彼女はピアノで坂本龍一の戦場のメリークリスマスのテーマ曲、Merry Christmas Mr Lawrence を弾き、パワーポイントにて富士山や紅葉といった美しい情景から広島の原爆の写真、焼け跡、火傷を負った人々の写真が映し出されていて、もう私はうるうるしてしまい~涙、涙、、、

最後はマハトマ. ガンジーの言葉で締めくくられました。

An eye for eye only ends up making the whole world blind

“眼には眼を” でいけば、しまいには全世界は盲目になってしまう

他の生徒もアウシュビッツの大虐殺や、環境破壊、などをテーマに本当に素晴らしいパフォーマンスで、、、言葉もありません。いやあ、子供たちの社会に訴える力ってすごいものがあるわ~!

大人である私達!もボケボケしてはいられないっと感じました。

肝心のうちの長女ですが、、、私はビデオ撮影に忙しく、プレゼンのパワーポイントはほとんど見られず、、、sweat02

ピアノの演奏は練習不足にも関わらず、OKでしたよ。ショパンの前奏曲と革命のエチュード (Chopin Op.28, No.4 & Op. 10, No.12) を弾きました。この曲が作られた時代に合わせ、ロシア革命をテーマにしていたようです。。。ビデオアップしたいところですが、、、やり方がわからないわ~ (笑)

最近うわついているように見えた長女ですが、、、やることはやっているな、おぬし、、、と自分の娘を少し見直した母でした。

今朝も早くからジャズコンボという高校のジャズバンド (娘はバリトーンサックス) がゴールドコースト音楽祭に出場するため出かけて行きました~。

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 士業ブログ 公認会計士へ

|

« 会計士になった理由 | トップページ | 妥協は天敵 »

独り言」カテゴリの記事

コメント

うわ~ 私もシボーンちゃんのプレゼンみてみたいです。決して忘れてはいけないことですもんね。
こういう機会っていいですね。

投稿: waka | 2009年8月20日 (木) 21時27分

wakakoさん

日本と比べちゃうとこちらの学力は、、、と不安に思うことがあるけれど、内容は実に濃くて、表現力とか、実務みたいなものでは、こっちの教育ってすごいなあ~と思います。

本当に感動しましたよ!

投稿: Aiko | 2009年8月21日 (金) 09時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1120771/31023139

この記事へのトラックバック一覧です: 夕べの感動:

« 会計士になった理由 | トップページ | 妥協は天敵 »