« 朝からブチ切れ | トップページ | 夕べの感動 »

2009年8月19日 (水)

会計士になった理由

今日は久々に経歴?の続きを。

なぜ会計士を目指したのか?昔の経歴にも書きましたが、私はバブル時代、男女雇用均等法が施行されたとはいえ、現実にはまだまだ男尊女卑が色濃く残る時代に日本で仕事をしていました。

ず~っと男に生まれたかったと思っていたくらいです。(今でもね!) それで外資系に就職を目指し、20歳の時から英会話学校に通っていたんですが、莫大なお金を費やして英語勉強をしてもいったいいつになったら英語で仕事ができるレベルになれるのかしら~?と疑問を持ち始め、その他にもいろいろとまわりの影響で流されてきてしまった自分の人生に終止符を打ち、自分の力で自分のやりたいことをやろう、と決心してオーストラリア語学留学を決意したわけです。23歳の時です。

で、その後の流れも以前経歴に書いております。

外国での生活って憧れでしたし、自由があり、女性の権限が守られているこの国はとても暮らしやすく、たくさんの恩恵を受けてきました。

でも!所詮私達は Migrant 移民者なんですよね。オーストラリア生活が長くなるうちに、現実問題として移民としての弊害というか、問題も感じるようになりました。差別も目の見えないレベルで多くありますしね。。。 感じないわ~という方はとてもラッキーなことだと思います。感じ方も人それぞれ違いますし、、、

外資系バリキャリを目指して渡豪したわりには、気がつくと結婚して子供を持つ身。自分の夢は据え置きになっていました。

幸い女性が仕事をすることや、自分の道を進むことを勧めてくれるような夫を持ったため、喜んで大学進学に協力してくれましたし (仕方なく?!)、なんでもサポートしてくれました。

会計士を選んだのは、昔銀行で働いていたので多少金融の知識があったこと、またこちらの銀行勤務で自分の知識が生かせたこと、そしてプロフェッショナルな資格を得て、自立したいと思ったことが理由です。

日本ほどの肩書き社会ではないかもしれませんが、移民であるというハンディを負いながらこの国で自立するには、ローカルな人からも認められる資格があれば、と思ったのです。 (でも移民であることをハンディと思ってしまうのが私の弱点かもね。元来負けず嫌いなので、、、)

苦節7年無事大学を卒業。就職先には問題もありましたが、仕事が見つかっただけでも結構ラッキーだったと思います。就職した後、オーストラリア公認会計士 CPA の勉強も続けてきました。仕事と育児、家事をしながらの勉強は本当に苦しかった~。その後も波乱万丈いろいろありましたが、、、晴れて公認会計士の資格が取れ、気がつけば独立し、毎日忙しく仕事をさせていただいている状況となりました。本当に夫と家族と友人、お客様とオーストラリア社会に感謝しているのです。

ちょっぴり昔を振り返ってしまいました。でもね、この素晴らしい環境に感謝の気持ちは忘れずに生きていきたいな、と思っているのです。

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村 士業ブログ 公認会計士へ

|

« 朝からブチ切れ | トップページ | 夕べの感動 »

経歴」カテゴリの記事

コメント

連日お邪魔させてもらってます。
今、私は転職活動をしています。
大学卒業後5年間商社で営業を行っていましたが、職場結婚になり、規則があるわけではないのですが相手が管理職になるので働き辛いだろうと、退職しました。転職活動をしていると、結婚して、営業で大丈夫?等々聞かれますが結婚はハンディなのか??
思うところはありますが、AIKOさんのように活躍している方がいる、という事を胸に頑張りたいと思います。

投稿: rascal-305 | 2009年8月19日 (水) 09時38分

rascal-305さま

日本にいると、本当にあからさまに年齢や性別そして既婚や未婚、また子供ありなしといったパーソナルな理由で差別を感じますよね。

頑張って女性であること、そして既婚者であるゆえの心遣いやスキルを企業側に見せつけてあげてください。
頑張る女性が社会を変えるのですよ。

投稿: Aiko | 2009年8月19日 (水) 16時57分

Aikoさん
有難う御座います。
勇気とパワーをもらい、また明日からめげずに頑張りたいと思います。
こんな時代でも、既婚or未婚でも道は開けるのだ!と。

以前アデレードの友人宅に滞在し、旅行でもAUには
何度か行きました。
生活となるとまた違うかと思いますがAikoさんの
ブログを読んでいて長期で行きたいなと思います。

お体に気をつけて、今後も頑張ってくださいhappy01

投稿: rascal-305 | 2009年8月20日 (木) 00時31分

連日拝見させてもらっております。
 
ケアンズのJCUでMBAに在籍しています。USCPAには昔合格しましたが、こっちで会計士になるには、メンバー登録はできても、また一からみたいですね。3年のwork experienceも必要みたいですし。
 
 おっしゃる通り会計事務所の就職先を探すのは大変だと思いますが、先にNIAなどに登録して、自分の見つけた就職先がCPAだったといった場合もあると思うので、先に就職先を見つけて、就職先の所属している会計士団体に登録するほうがよいのでしょうか?
 
 私もいつかqualified accountantになって、中野様のように、自分の事務所を開業できたらと思っております。

 ご多忙な時期であると察しますが、がんばってください。

投稿: pyonpei | 2009年8月20日 (木) 23時33分

pyonpeiさま

コメントありがとうございます。
USCPAをお持ちでしたら、Chartered Accountants にTransfer できるようですよ。Taxation & Company Lawだけこちらで勉強し、あとは3年の実務経験が必要なようです。(また聞きなので調べてくださいね)
USCPA がオーストラリアCPA にTransfer できないって少し矛盾を感じますがね。

CA 会計事務所によっては、若い会計士にCAを強制するところもあるようですが、これは個人の自由ですよ。CPA 事務所にCAがいてもおかしくないですし、CA事務所にCPAやNIAもいますし、、、
あとはプライドの問題だと思います。
CAさんはね、業界では一番プライドを持ってらっしゃるので、CAさんがNIA事務所へ行くことは少ないかと思いますけど。

参考になれば幸いです。
今後のご活躍を期待しております。

投稿: Aiko | 2009年8月21日 (金) 09時18分

rascal-305様

是非長期でオーストラリアに来てください。
最近、引き上げる方のお話ばかりお聞きするので、少しさみしいです。

夢を持った若い方にドンドン来て欲しいです~。

投稿: Aiko | 2009年8月21日 (金) 09時27分

はじめまして。
先日、こちらのブログを拝見させて頂きました。
この気持ちが伝わるといいですが、、、生き方に強さを感じます。
私は東京都に住む29歳普通の?OLです。
私もグリフィス大を2007年に卒業しましたよ。
一つ一つのコメントを拝見してますと、じわじわとG.Cの思い出が蘇って来るようです。その後ケアンズにも住んでいましたよ。ホテル受付をしてました!

30歳目の前にしてやっぱりAUSに移住したいと込み上げてくるこの頃。再チャレンジです。
こちらのブログに出会えた理由は、皆様と同じアカウンタント職に興味があったからです。アデレード方面でmasterのアカウントを学ぼうと計画中(来年2セメからスタート)。永住権もない私にとっては長い道のり〜ですね。おすすめの大学がありましたら是非ご教授願いますm(ーー)m

ブログ全体の感想。。ですが、すごく勉強になることや、共感できることがあり、是非一度お会いしたい次第です。。☆
個人的な事ですが、、ここ数年、私も日本社会に適応させながら、でも時には葛藤しながらもOL生活も早4年が経とうとしております。
AUSでの差別は私も経験があります。越えられない外国人の壁。ですが、中野さんはたくさんの困難を乗り越え、また努力をし続けております。本当に自分の夢に責任を持って生きてらっしゃいますね。時には4分の3位のペースでこれからも良い方向(将来)へと向かっていって下さい。ささやかながら、今は東京中野区から応援しております☆ 長文で失礼しましたー。

投稿: happy go lucky | 2012年11月 9日 (金) 00時58分

happy go luckyさん

コメントありがとうございます。
なんだか過去生での話かしら?というぐらいこの記事は自分にとっては昔のものでした。
お陰様で久しぶりに私も昔の気持ちを思い出させていただきましたよ。
たくさんの一生懸命や、勉強はやはり最後には自分に帰ってきますからいいですね。長い道のりも最初のステップがなければ最後のステップには届かないわけですし。。。是非チャレンジしてみてください。ただ一つだけ、、、自分の中の足りないものは、資格や勉強や永住権では得られませんよ。将来ハッピーになるには、今の自分にハッピーでなければなりません。
最終的に人生の目的は、自分を受け入れること、なのかな?と思います。
私もまだまだ長い道のりです!!

ありがとうございました~。

投稿: Aiko | 2012年11月10日 (土) 16時09分

Aikoさん
コメントへのご返答ありがとうございます。
しばらくの間、「今の自分にパッピーになる、自分を受け入れる」という意味について考えていました。。完全に理解するまで、また、そうなれるまで、もう少し時間がかかりそうです。将来の事は誰も分かりません。ただし、目の前にある現実を受け止めながら、正直な気持ちにしたがって前に前に進みたいです。
年の瀬に近づいてきましたね。クリスマス、正月、とわくわくします☆

投稿: happy go lucky | 2012年11月18日 (日) 17時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1120771/31015675

この記事へのトラックバック一覧です: 会計士になった理由:

« 朝からブチ切れ | トップページ | 夕べの感動 »