« ヨガとヒーリング | トップページ | AMEB Award Ceremony »

2010年3月 8日 (月)

四十九日

昨日は夫の四十九日の法要でした。

日本は雨でとても寒かったらしい。1月の葬儀の時も凍えるような寒い日でしたが、昨日も雨のうえに、気温6度、葬儀の日と同じような気候だったようです。

昨日の法要と納骨の儀は義理の姉一人とその息子、そして夫の叔母の3人だった。寒くて寂しい納骨になってしまった。

私はそこにいてあげることができなかった。少し申し訳ない気持ちと、彼は理解してくれているという気持ち。

今日で50日になるわけです。

随分時間が経ったものです。まだ私にとっては、瞬きのような時間しか過ぎていないような気がするけれど。。。

でも大分気持ちは落ち着いたかな? (でも人にもう落ち着きましたか?と言われたくない)

小さなことで、まだまだつらいことがたくさんある。

つい家族5人で計算してしまい、ハンバーグを多く作ってしまったりしたとき。

夫のパソコンから自分で転送したメールを、夫の名前で受け取ったときは、まだドキっとする。もしや、、、ってありえない希望が生まれたりしてしまう。

花束を買って、お店の人に Who is that beutiful flower for ? って聞かれたとき。

いつもの郵便局で Where is your other half ? I haven't seen him ages. って言われたとき。

生きて行くのが、こんなに大変なことだなんて思いもしなかった。

今日も雨でちょっとしんみり。。。でもご心配なく。私は大丈夫です。

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ

|

« ヨガとヒーリング | トップページ | AMEB Award Ceremony »

夫の死」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 四十九日:

« ヨガとヒーリング | トップページ | AMEB Award Ceremony »