« 柴シリーズ | トップページ | 今週の花 »

2010年11月27日 (土)

絶対的次元

たくさんの方々に支えられ、なんとか元気に暮らしております。

明るい太陽を感じながら、幸せを感じられるような日もあれば、絶望という名の崖っぷちを歩いているような日々もまだ多くあります。

(絶望的な日にはブログは書かないようにしています。何を書いてもネガティブになってしまうので。)

去年の今頃の幸せだった毎日の自分のブログを読み返すと、180度変わってしまった自分の生活を呪いたいような気持ちになることもあります。しかしどこかで、何も変わっていないような気がするのも事実です。

去年の “いま” も、今日の“いま” も実は何も変わらない “いま” なのです。

流れる時間は “まやかし” であって、いつもあるのは “いま” だけなのです。

最近そういった Power of Now 的なことを考えたり、本を読んだりしていて見つけたブログからの抜粋です。なぜかすごく同感したのでご紹介します。

いま、悩み苦しんでいる人に伝えたいのは、人生で起こることには何一つ無駄はなく、完璧なシナリオの中で物事が進んでいるということです。 たとえいま、自分を卑下したくなったとしても、それは本当の偉大さに向かうための準備に過ぎません。

僕もたくさんの悲しみを経験してきました。 人を恨み、自分を呪い、世界全体が敵に見えたこともありました。 何度も死ぬことを考え、ぼろきれの様な心を内側に隠しながら、かろうじて笑顔を作って生きてきました。

あらゆる出来事は過ぎ去っていきます。 いまの悲しみも、苦しみも、喜びも、みんな過ぎ去って行きます。 その中にあって決して変わらないもの、それが僕たちの本質にかね備わっている至福です。 それは現象界の幸不幸を超えた絶対的な次元に存在しています。 それはいまも、あなたの中に、本当のあなたとして存在しています。

(いまここ塾の阿部敏郎さんのブログから)

彼のいう絶対的な次元の存在を実感したくて、日々もがいています。でもこればかりは、もがいて見つけられるものでないことも認識しています。

もがくのをやめること、が第一歩のようです。

夫がその絶対的次元に進んでしまってから、数回、体験させてもらったような気がします。

ほんのつかの間ですがこの苦しみから抜け出し、安心と愛とやすらぎに満ちた世界を見せてもらいました。そこで私たちは共存していました。

その“共存”という感覚がどれだけ私の助けになったかしれません。

心の明かりが消えそうになっている私を助けるために送ってくれたメッセージだったのかもしれません。

ここ数ヶ月メッセージが来ないので、私が元気になってきている証拠なのかもしれません。

そう思うと、今日もまた心が折れそうよ~と助けを求める自分が顔を出します。
でもそんな自分で自分を落としているような (下心のある) 気分の時はメッセージは絶対届きません (笑)

なんだかわけが分からないことを書いていますが、夫の死はきっかけに過ぎず、私はずっと精神世界の扉を開ける準備をしていたんだと思います。

2009年度終わりのあるセミナーの瞑想セッションで真っ暗な切り立った山々が見えました。光のない世界でゾっとして、表現のできない不安を覚えた記憶があります。そして2010年度が明けたとき、前が見えないと感じました。そんな風に感じたのは始めてのことでした。

そのころはなんだか誤魔化して記事に書いていますが、今年の目標は “魂の開放” でした。不思議です。全てを知っていたのかもしれません。今年中にその目標に到達できるとは思っていませんので、これは生涯目標です。

*こんな内容のことをこの場で書くべきか、長い間悩んでいましたが、これも私の新しいダイメンションとしてまず自分で自分を受け容れることにしました。*

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ

|

« 柴シリーズ | トップページ | 今週の花 »

スピリチャルな話」カテゴリの記事

コメント

始めまして。偶然、あなたのブログに行き当たりました。わたしも海外(米)在住、昭和43年生まれ、息子は大学一年であなたの娘さんと同じ年頃です。ほとんど女手一人で育ててきました。息子は会計学を専攻しています。偶然が何重にも重なりますね。

ご主人を亡くされたとのこと、さぞかしお辛いことでしょう。失礼ですが、あなたがあと40年ぐらいこの世に居られるとして、ご主人と物理的に離れているのはその「たった40年」の間だけですよ。その後は、ご主人とまた出会い、永遠に一緒に居られることを思えば、離れている数十年なんて瞬きの様なものですよね。43年生まれ同士、頑張りましょうね。

投稿: 小夏 | 2010年12月 1日 (水) 11時51分

小夏さん

コメントありがとうございます。

ある人にも人の一生なんて瞬きのようだと言われました。そう思えたらどんなに楽かと思います。
後40年なんて聞くとゾッとしてしまうのが、本心です(笑)

小夏さんも同じシングルマザーでしょうか?
頑張りましょうね。

投稿: Aiko | 2010年12月 1日 (水) 16時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1120771/37864408

この記事へのトラックバック一覧です: 絶対的次元:

« 柴シリーズ | トップページ | 今週の花 »