« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月

2011年1月29日 (土)

ヨガと柴

今朝は日本行きで2週間ミスってしまったヨガに行ってきました。

やっぱり最高!

クラスに出なくても毎朝のメディテーションとヨガ、就寝前のメディテーションも欠かしませんが、やはり Trish のヨガは格別。

もうヨガクラスの間は時間がピタっと止まり、自我が消え、ただそこに存在するだけの体に気が流れ始めます。

肩、背中、腰、膝、など関節に溜まった感情が気によって静かに流れていきます。この感覚が気持ちよく、やみつきになります。(感情って関節に溜まるんですよ!)

体の硬い人でも、無理のないストレッチや前屈だけでもその効果はあります。悶々としてきたら、上半身をダラっと前に倒し力を抜き、膝の後ろをできるだけ伸ばしてみてください。大きくゆっくり息をしながら。。。息を吐くたびに楽になっていく感覚を感じてください。

気、が体を流れるのを感じているときは、マインドがお休みします。これにも絶大な効果があります。私達は毎日、ごちゃごちゃうるさい自分のマインドによってかなり疲れていますから!考えるのをやめ、感じることに徹する、ってメンタル面でも大きな効果があります。

今日の写真は日本からのお土産の雨合羽を試着した柴くん。(先日までの大雨で必需品に思えたんですが、もう雨降らないかしら?)

Shiba_raincort3_110128

2週間のペットモーテル暮らしから、いつもの生活リズムに戻り、毎日私の側で昼寝し、トイレにも後追いしてくる Lovely My Darling です。

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ

心と体 | | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年1月27日 (木)

コーヒー一杯の幸せ

夫が大好きだったコーヒー。

食事制限などでコーヒー禁止と言われても、どうしてもやめることができない。

コーヒーを入れる時、彼を思う。

半分彼のカップに注ぎ、供える。

コーヒーを入れるのは彼の担当だった。毎日コーヒーを入れてくれた。今は毎日私が入れてあげる。もったいなので半分だけど毎日供えている。(でも私の入れるコーヒーはなぜか美味くない)

今日は日本で出会った私と同じ境遇の女性からお土産にいただいた ひよこちゃんを一緒に供えた。

こうやって18年間毎日コーヒーを一緒に飲んでいた人がいないのは、今でも理解不可能。

そういえば成田空港の UCCの喫茶店 (正式名称知りません) いまどきサイフォンでいれるコーヒーが絶品。夫のお勧めでした。3年前に一緒に開拓し、そのコーヒーに感動し、これからはいつもここでコーヒーを飲もうね、と約束しましたがそれが最後になりました。

去年も今年もそこで、一人コーヒーを飲んできました。

う~ん、やっぱりここのコーヒーはおいしいね、っていいながら。

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月26日 (水)

ご無沙汰です

すっかりご無沙汰しています。

1月は臨時休暇をいただき、日本にて夫の一周忌を済ませてきました。

怒涛のような2週間でした。

つらいことを考える暇がないほど忙しく、悲しんでいる暇もなかったのはよいのですが、オーストラリアへ帰国後、ダウンしてしまいました。

夫の死後1年間、気が張っていたせいか風邪もひかず、寝込むような頭痛もありませんでしたが、久々にきてしまいました。起き上がることもできないほどの偏頭痛。2日間、飲まず食わずでベッドで死んでいました。

このまま死んだらどうなるだろう?とかなりネガティブなことも頭をよぎったりして。。。。

頼れる人が側にいた幸せを今更ながら思ったりし、久々に落ちています。

去年の “その時” のことも頭をよぎり、なんとも言葉にできない思いが頭を駆け抜けます。


しかし、、、、仕事を持つシングルマザーは、これくらいのことで死にはしません!

今日は祝日返上で、ごっそり溜まった郵便物の整理、メールの返信、など、無理のない程度の仕事をし、明日から汚名挽回、頑張ります。

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年1月 9日 (日)

ディナーと映画と別れ

1月4日は長女の18歳のバースデーで、近くのレストランに親しい友達を呼び、私たち家族そして Extended Family であるピーター家族と一緒に食事をしました。

6日は愛するピーターとタニアと私の3人でディナーと映画。Morning Glory (邦題 恋とニュースの作り方) 見てきました!すごく笑える映画、最初から最後までおもしろかったです。かなりお勧めです。

Dads_in_1993

(18年前の私たち。みな若い、、、sweat02)

メルボルンに単身赴任していたピーターの再度の転勤により、彼らの引越しが決まりました。大学生のナターシャをゴールドコーストに残し、家族は Victoria 州と NSW 州の州境の町へ近日引っ越します。

今日もピーターと仕事の件でコーヒーセッションでしたが、名残惜しくて、、、明日も最後に夕食を一緒にすることにしました。さみしいけれど、、、いつでもメールができて、電話で話もできて、ホリデーには会えるのだから、、、大丈夫。

最後に先日のバイロンの究極の写真をどうぞ。

101031175

素敵な写真でしょう。今回の一番のお気に入り写真です。撮影は今回バイロンを案内してくれた友人のプロのフォトグラファーさんです。

しばらく更新が滞るかもしれませんが、みなさんが心穏やかな毎日を過ごせますように。
 

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年1月 6日 (木)

写真

先日のバイロンベイでの写真をもう少し公開。写真の腕はイマイチですが、吸い込まれそうな美しい風景を見て癒されてください!

Buddha

クリスタルキャッスルのブッダ像

Byronbeach

バイロンのビーチ 

Labyrinth

こちらもクリスタルキャッスルにて、真剣にラビリンスを歩く私!

Lighthouse

ライトハウスと美しい海。この下、エイやイルカが十頭くらいの群れで泳いでました。

朝晩のメディテーションにて、こんな美しい景色の中で呼吸と共に、ここに存在する自分に戻ります。

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ

独り言 | | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年1月 4日 (火)

初バイロン

オーストラリア在住20年目にして初の(!) バイロンベイに行ってきました。とっても素敵な場所ですね。気の流れが早く、浄化されるスポットだと思いました。

Mosteasterlypoint

サインにあるようにオーストラリア最東端です。岬の先っちょなので、360度近く  ~ってすごいです。

まともに泳げない海嫌いの私が、あの透き通った水につかりたい、、、と思いました。浄化されそう。。。次回は泳ぎに (つかりに) 来ます。

野生のイルカもたくさん見えましたよ。

久々のデジイチ出動でした。これからもボチボチ写真を公開します。


にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年1月 2日 (日)

最近読んだ本

下記記事を全部書いてから、新年初めての記事だと気付きました。喪中につき、新年のご挨拶は控えさせていただきますが、新しい年が皆様にとって、心安らかな愛に満ちた年となりますようお祈りいたします。

去年からこのクリスマスホリデーにかけて読んだ本 (現在進行形) です。


元祖ともいえるこの本。彼女のスピリチャルに目覚めた軌跡です。



最近私がはまっている阿部さんの本。すごく気持ちが楽~になる本です。あ、そんな風に生きればよいのね、と気付かされます。


これは夫の死後、数ヶ月で読みました。愛する家族を失った人がどのような心のプロセスを辿るのか、ステップで詳しく解説してあり、論理的に自分の気持ちの動きを理解できる本です。客観的に理解できるので、私にはとても助けになった本です。



これはお勧めしません。いろいろな人の愛する人を失ったその後をまとめてありますが、参考になるものもあれば、最悪のケースもあったりで、、、本の題名ほどインパクトなし。読まない方がいい内容もあるかと思いました。


私が5,6年前にはまったブライアンワイス博士の本。再度読み直しました。



今回初めて読んだワイス博士の本。“理由” を探している人には救いになるかもしれません。いろいろな人生観が変わるでしょうね。


次に読む本です。(昔読んだかも?)



元大蔵省官僚のエリートであった山川氏がアメリカで体験した不思議な目覚めから、仕事を辞めて翻訳家になるまでの実話です。



現在読んでいる本です。アセンションに向けて、今何をするべきか。な~んて真剣に考えたりしてますが、最近の答えは、、、

もう頑張るのをやめました。どこにも答えはないから。
全ては自分の中から始まったこと。苦しみも悲しみも、喜びも楽しみも。全部、自分が作り出しているのです。

6,7年前にいろいろな人間関係に悩み、対人恐怖症のようになり、カウンセリングを受けましたが、そのときに学んだことは、全ては自分だ。ということでした。誰も助けてはくれないし、誰も助けられない。苦しみを生み出しているのも、苦しみから抜け出すのも自分次第だということ。当時、その考えは本当の意味で自立するのに、かなり助けになったと思います。

最近は、また違った意味で、次元で、そのことを再確認しているような気がします。
いろいろなことに縛られていて苦しんでいると思い込んでいますが、実は縛っているのは自分自身なんですよね。

久々の書籍紹介でした。

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »