« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月

2011年2月27日 (日)

受け入れるということ

私はどこかの時点で、いろいろなことに気付き、全てを受け入れた。と思う。

そして自分で自分の生き方を選択し始めた。と思う。

それは悲しみから、喜びへの転機になった。と思う。

忘れることなど、一時たりもない。

痛みがない時間など、一時たりともない。

むなしさも、悲しさも、痛みも、怒りも、羨望も、落胆も、全て持ち合わせているし、存在しているし、共存している。それでも、私は私の生き方の選択を始めた。

You will never get over it, instead you will learn how to live with it.

と言われた言葉が蘇る。

たくさんの体験者の方が言っているように、悲しみも苦しみも、どんなに時間が経ったって、なくならない。ただ、その中でどういう選択をして生きていくか、は私達に委ねられていると思う。

私は本当に、負け惜しみではなくて、仲のよいご夫婦や、老夫婦、幸せそうなカップルを見て、うらやましいとも、自分達もそうなるはずだったのに、、、とは思わない。
不思議なくらい全く思わない。

だってそれは私の人生の筋書きにはなかったのだから。人の人生を欲しいとは思わない。私は、昔からいろいろメッセージを受けていたけれど、気がつかないふりや、恐怖から感じないふりをしてきた。でも、気がつかないふりはもうできなくなってしまった。

気付きだすといろいろなことが見えてきた。
私は30台のころからLonely な老後が恐怖だった。亡夫へのバースデーカード、アニバーサリーのカードにはいつも、ずっと一緒にいてね。一人にしないでね。と書き続けた。

それは実は 自分の奥深く、彼はいずれ逝ってしまうことを私は知っていたからだ。

私のガーディアンエンジェル (守護霊?名前はどうでもいいのですが) は素晴らしい仕事をしてくれたと感心している。実に長い時間をかけて、私に後悔のない準備をさせてくれた。

私は彼との18年間、彼を中心に生きてきた。自分のことも、自分の友達も、実は子供も!後回しで、私にとっては彼が全てだった。なので私の生活の中心であった人を失うのは、これはもう想像を絶する事態だったわけですが、そうしてきたことに大きな意味があったのだ。だって彼との時間は限られていたのだから。したがって、ああしておけばよかった、こうしておけばよかった、という後悔はあまりないのが事実です。

ああ、あの時もこのときも一緒にいてよかった。特に私が自宅に仕事の場を移してからは、文字通り24時間一緒だった。24時間一緒にいても私はもっと一緒にいたかった。私には24時間一緒にいても足りなかったのだけど、そんな素敵な、信頼と尊敬の元に成り立っていた関係を築けたことは誇りであり、自慢であり、そして大きな意味があったのだと思う。

私ができることはすべてしたんじゃないかな~と思えること、そして彼も彼のできることをすべてしたんじゃないかな~と思えることは、私にとって大きな意味があった。

死や、病気への恐怖は、自分が自分のすべきことをしていないとき、あるべき姿でないとき、に感じるのではないか、と思えるのです。

私は宇宙の法則に抗うのをやめ、全てを受け入れようと思ってから、恐怖感というものが全くなくなりました。

それは、この世の最悪の恐怖をすでに体験したからとか、彼がいるであろう世界へ行くのが怖くなくなったから、とかいう理由ではなく、すべての出来事に意味があり、すべては変化していて、私達がタスクを持って今存在しているという真実が見えてきたから、なのかもしれない。

そして究極の、私達の存在はこの次元だけではない、という感覚を得てからは、死生観も人生観も、変わりました。

う~ん、かっとんだ話になりました。

分かっていただけなくても、同意していただけなくても、これを読んでくださった方の心に少しばかり、トントンとノックができたなら、私はこんなことを書いた意味があると思うのです。

スピリチャルなことを書くというのは、私にとってある意味とてもリスキーでチャレンジングです。クライアントさんの多くも、読んでくださっていますし、、、、それでも、伝えなければならないことがある、というメッセージは消し去ることができずに、少しずつ小出しに、書かなければ、と思っている次第です。

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2011年2月25日 (金)

最近読んだ本 - 普通の本

最近読んだ普通の本紹介。(普通じゃない本もたくさん読んでます。それはまたの機会に)


よかったです。これ。2年くらい前に買って本棚に眠っていた本です。日本の薬漬けの家族に読ませてあげたい。でも医者と薬を妄信してるから、何も聞こえないのよね~。

手足の冷たい私は気をつけないと、、、です。



成田空港でパラっと手にした本。たいした内容じゃないんですが、、、以外とおもしろかったです。経営は会計士的な判断ではいけない、みたいな。。。私は会計士でありながら、全く会計士的な判断をしないので、いいんだこれで、、、と妙に納得。(笑)

早速スタッフの Kさんに、おもしろかったですよ~と貸し出し。Kさんもかなりの健康オタクで、USCPA勉強中。(あ、これ内緒だったかもしれない、、、sweat02)

ご希望の方に貸し出しします。

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年2月24日 (木)

つぶやき

毎晩11時ごろまで、PCに向かって仕事をしている、、、、なのに、一向に仕事が進んでないような気がする。う~ん。。。

でもこんなことを書くと、すごい忙しいんですねーと誤解を受けそうなので、言い訳を。

忙しいのはどちらかというとプライベートの方。事務所経営をしながら、子供3人を育て、家事をして、というのは、思いのほか忙しい。これをシングルでするというのは、神業です。

ちなみにオーストラリアでは子供の学校の送り迎えは車で親がします。(住んでるエリアにもよりますが、、、) 給食というのもありませんので、小学校1年生から高校卒業までお弁当です。

お稽古事の送り迎えも車です。ショッピングの送り迎えも、アルバイトの送り迎えも、パーティーの送り迎えも、デートの送り迎えも車です (笑) これが3人いるとどういう状態か、ご想像いただけると思います。とはいっても長女はもう免許がありますので、自由行動ですけど。

先日、もう5年くらいのお付き合いになる企業クライアントの素敵な女性マネージャーさんとランチをご一緒させていただきました。子供がいるという話はしたことがあったのですが、3人といったら、エーーーっと驚かれました。Aikoさんって仕事バリバリで、そんなお子さんがいるように見えなかった、と。

まあ、昔から仕事バリバリに憧れていましたから、そんな風に言っていただけると嬉しいのですが、実は私は以外と子供中心の生活をしています。(仕事は誰にでもできるけれど、子供の母は私一人なわけだし、今の子供の時間は今しかないですから)

なので、子供のタクシー業、チューター業、コック業、クリーナー業、ドッグシッター業、ママ業、の合間に仕事をしているわけです。うん、どうりで仕事が進まないわけです。書いてみて、納得。こんなに毎日仕事があるんだから、仕方ない。

朝5時半から夜の11時までフル活動。なんていうと余裕のない生活に聞こえるかもしませんが、朝は時間がなくてもヨガと瞑想を欠かさないし、お昼を抜くなんてこともしないし、読みたい本も待ち時間に読んでいるし、夕方の柴の散歩で適度な運動と頭をカラッポ!にする時間もあるし、友達とコーヒー飲みにも行っているし、、、

うん、これを充実した生活というのかもしれない。

でもパズルの一かけらのような永遠に埋まることのない穴は、いつもそこにある。

ってただの愚痴のようでありながら、実は神業のような仕事をしている自慢話をしたかったのです (笑)

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2011年2月20日 (日)

ラブリーアート

抜けるような青空のゴールドコーストです。

先週の日曜は、マーケットに買出しに行った後、大好きな友達キャシーとコーヒーを飲んでいました。

そこでキャシーの娘のグレース(うちの次女と同級生中学3年生)が、彼女のアートワークをマーケットなどで売っているという話を聞き、また通りがかったお客さんからウェブサイトを持つべきだ、と言われてウェブサイトを開設したとのこと。

彼女のアートワーク初めて見たんですけど、、、、とってもラブリー

シンプルで、素直なアート。なんだかグレースそのもので、うっとりギャラリーを見てしまいました。

主に小さいお子さんの部屋に飾るような、キャンバスアートです。
すでに、彼女のアートに魅せられた方々からサイズや色のご依頼を受け、子供部屋に飾るキャンバスアート製作もしているとか、、、

小さいお子さんがいらっしゃる方、是非のぞいてみてくださいね。
かわいいお部屋のインテリアが見つかりますよ。

ウェブサイトはこちらから。マーケット情報も出ていますので、実物も是非見に行って、キャシーとグレースに会いに行ってくださいね。

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年2月17日 (木)

共存

先日とっても素敵な私のマッサージセラピストさんから、いいことを聞きました。

人間寝ているときは、あちら側の世界に行っているそうです。だから朝起きるときには、エンジェル達は、あ~ Aiko さんいっちゃった~、と思っているとか。。。

ですから私は、寝ている間は夫と一緒、エンジェル達にも囲まれて幸せにすごしているわけです。
(共存している夢はよく見ますので、そうか~、そうだよなーと妙に納得)

なので、最近ベッドに入るのが楽しみ。
朝起きると、また今夜ね~。としばしの別れ。

そうか、そうすると、現実の世界に愛する人がいる人は、起きている間は一緒でも、寝たら別々ですからねー。私達の場合は、逆になっただけのことか、、、なんて。

期待や見返りやモノが消え去っただけ、絆が深まったんだ!なんて自己満足に浸っています。

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ

| | コメント (6) | トラックバック (0)

エナジーフロー

月曜日から始まった悪夢がまだ続いております。(笑)

プログラム関連のライセンス移行でトラブル続き。すべての移行が完了するまで、当然古いPCと平行しているわけですが、、、ライセンスを1つしか持っていないプログラムの場合、そちらをキャンセルしないと、新しいランセンスを発行できない、とか、登録、認識したはずのライセンスが突然認識できなくなったり、とか。

毎日、愕然とするハプニング続き。
しかし、こうやって毎日、こんなの苦手~、もういや~、コンピューターなんて大嫌い~、と自分で確信するたびに、その信念が、その現実を作りだしているのですよね。

すべてはエナジーフローですから、思いや、信念は、すべて現実化されてしまう。

ということで、ここ数日のネガティブな自分を反省。

今日から、コンピューター大好き、私はオタク、サポートスタッフとのやり取り大好き、と思い込むように心がけます。(心がけ、では足りないのですよ。心の底から信じないと!)

では今日はポジティブなエナジーフローをクリエイトしていきます!!

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ

独り言 | | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年2月15日 (火)

世界で一番苦手なこと

システムアップグレード(!!)

事務所のメインのPCがかなり危ない状態だったので、仕方なく、必要に迫られて、、、、
新PC導入及び、システムアップグレードしています。

昨日から、古いバージョンも合わせ何十種類もある会計ソフト、会計士用のプログラム、政府機関ウェブサイトへのログインライセンスの更新、ネットワークの設定、プリンターの設定、アウトルックデータの移動、、、、、、等々、等々、等々

苦手なことはしたくないのですが、人生しなきゃいけないこともたくさんありますね

嗚呼、肩が凝る。

来月のマッサージ目指して、ボチボチいきます。

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ

独り言 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月14日 (月)

柴シリーズ

そお~っとモーニングティーを食べようと思っても、、、

Shiba_food

ばれる。。。

さすが、匂いとと気配で、見逃しません。

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 9日 (水)

気付きとメッセージ

忙しい毎日を楽しんでおります。

今年はいろいろな事にガンガン気付き、いろいろなことがガンガン動いているような気がします。

そして昔から抑圧してきたようなこと、もガンガン始めるさ!とチラッと言ったことが実際に動き出したりして、“とても大きな気の流れ” を感じています。始めてしまいそうなことはまだ秘密、昔も記事にしてました!2年経て、本当にやるか?みたいな、、、過去記事はこちら

あちら (どちら?) からもメッセージをたくさんもらいながら、助けられながら、楽しみながら、進んでいきたいと思います。

最近さらに、ブログから新規のお客様よりご連絡をいただくことが増え、嬉しい限りです。
私という人間をある程度理解した上で、ご依頼いただけることは、私にとってもお客様にとっても安心のスタートです。妙に格好つけようとか、大きく見せようなんて気持ちがいらないので、とっても楽だし、もう全てを知られているので何も隠す必要もありませんしね。

出会いも全て必然ですので、このような稚拙なブログでも、私にとって必要なたくさんの出会いを作ってくれるということが、とても不思議で、そして最高におもしろい、と感じています。

また私と同じような境遇の方 (死別を体験された方々) のご訪問も増えています。これもまた必然であり、こんな経験をしなければ、気付くことのなかったこと、理解のかけらもなかったこと、などを共有、シェアできればよいなと考えています。これはまだまだ痛みを伴うので、じっくりと、、、ですが。

でも私が予想もせずに気付いてしまった宇宙の真理や、たまに降ってくるメッセージは共有しなければいけないものだと確信しているのですが、これらのちょっと普通ではない話をどうやって自然にお伝えできるか、がこれからの課題だと思っています。

 

相変わらず方向性の定まらぬ、独り言、となりそうですが、あらためてよろしくお願いいたします。会計、税務に関する情報は、ウェブサイトのコラムにまとめていく予定です。それらの情報をお求めの方は、こちらの弊社ウェブサイトをチェックしてください。

Rosefreegia

今週の花はローズとフリージアです。

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 4日 (金)

助けになった本

先日もちらっとお話しした最近助けられた本です。


大ファン (?) である直観医療のクリステル ナニさんの本です。
パっと手に取ったら、彼女の本だった、といういつものメッセージです。

この本を読む前の数日はかなり落ち込み、I am running out of my life force energy.... なんて感じていましたので、電車で読む時間がありこの本を持っていった時点ですでに感じるものがありました。

天使という言葉や、ピンクのカバーから誤解を受けそうな本ですが、精神世界特有のフワフワな別世界観とは違って、救急救命病棟での多くの命の旅立ちを見てきた著者の臨場感ある天使と人間のかかわりが述べられていています。

彼女の直観医療に関する本、過去記事はこちらを読んでから、納得できる人に読んでいただきたいと感じましたが、この本だけでも十分なメッセージなのかもしれません。

最近、何も考えずに手にする本から、その時、その時点で必要なメッセージを受けることが多い。

かなり考え方が変わった本 When Everything Changes, Change Everything by Neale Walsch これも、買いたかった本を見つけたのに、その下にあったこの本がどうしても気になって買ってしまった、という本でした。私の中で Shift が起こった本かもしれません。

日本語版見つけました。



これもかなり概念的な表現が多く、とても翻訳が難しいだろうと思われる本。日本語訳は読んでいないので、是非ご感想をお聞かせください。

人生のメッセージはあちらこちらに転がっている。最初にご紹介した本を読んで、自分がいかに大いなる力で守られてきたか、そして Skeptical な考えを手放し、心を開放することで、たくさんの素晴らしいメッセージとヘルプを受け取ってきたか、に気付かされました。

全ては必然であり、私の2010年および生涯の目標であった魂の開放、やはり全ての答えはここにあると感じます。

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年2月 2日 (水)

先週のお客様!

先週はかわいい~お客様に来ていただきました!この方。

Hina_chan

この年齢にして初の税務申告!?私の書類にすごい興味を示していました。将来は、、、

Kumi_chan

クミちゃんとかわいいひなちゃんでした。 (写真ピンボケでごめんなさい)

クミちゃんは私が5年くらい (?) お世話になっている美容師さんです。

遠いところまでご苦労様でした~。

(赤ちゃん欲しいって思ったのは、、、誰? 大きくなると忘れてしまうのよね、あの赤ちゃんのやわらかさとかわいさ!)

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 1日 (火)

セミナー出席

昨日は Fair Work Act & Modern Awards Update Seminar (オーストラリアの雇用法変更に関するセミナー) に出席してきました。

久々のセミナーでしたが、やはりブリスベンまで行って、第一線?のセミナーに出席してくると仕事への Motivation が高まりますね。
すぐに仕事へ直結する有意義なセミナーでした。

本日 (2011年2月1日) から Section 2B state awards は廃止となりますので、ほとんどの雇用が Modern Award でカバーされることになります。

詳しくはウェブサイトの税務コラムにまとめましたので、ご興味のあるかたはこちらへ是非どうぞ。

*余談*

最近はブリスベンまで電車で行くのですが、この往復2時間で本が読めるので、セミナー出席は一石二鳥なんです。

昨日読んだ本は、ちょっと思いっきりまたメッセージ性のある本だったので、そのうちご紹介します。

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »