« 最近読んだ本 - 普通の本 | トップページ | Fibrous Dysplasia »

2011年2月27日 (日)

受け入れるということ

私はどこかの時点で、いろいろなことに気付き、全てを受け入れた。と思う。

そして自分で自分の生き方を選択し始めた。と思う。

それは悲しみから、喜びへの転機になった。と思う。

忘れることなど、一時たりもない。

痛みがない時間など、一時たりともない。

むなしさも、悲しさも、痛みも、怒りも、羨望も、落胆も、全て持ち合わせているし、存在しているし、共存している。それでも、私は私の生き方の選択を始めた。

You will never get over it, instead you will learn how to live with it.

と言われた言葉が蘇る。

たくさんの体験者の方が言っているように、悲しみも苦しみも、どんなに時間が経ったって、なくならない。ただ、その中でどういう選択をして生きていくか、は私達に委ねられていると思う。

私は本当に、負け惜しみではなくて、仲のよいご夫婦や、老夫婦、幸せそうなカップルを見て、うらやましいとも、自分達もそうなるはずだったのに、、、とは思わない。
不思議なくらい全く思わない。

だってそれは私の人生の筋書きにはなかったのだから。人の人生を欲しいとは思わない。私は、昔からいろいろメッセージを受けていたけれど、気がつかないふりや、恐怖から感じないふりをしてきた。でも、気がつかないふりはもうできなくなってしまった。

気付きだすといろいろなことが見えてきた。
私は30台のころからLonely な老後が恐怖だった。亡夫へのバースデーカード、アニバーサリーのカードにはいつも、ずっと一緒にいてね。一人にしないでね。と書き続けた。

それは実は 自分の奥深く、彼はいずれ逝ってしまうことを私は知っていたからだ。

私のガーディアンエンジェル (守護霊?名前はどうでもいいのですが) は素晴らしい仕事をしてくれたと感心している。実に長い時間をかけて、私に後悔のない準備をさせてくれた。

私は彼との18年間、彼を中心に生きてきた。自分のことも、自分の友達も、実は子供も!後回しで、私にとっては彼が全てだった。なので私の生活の中心であった人を失うのは、これはもう想像を絶する事態だったわけですが、そうしてきたことに大きな意味があったのだ。だって彼との時間は限られていたのだから。したがって、ああしておけばよかった、こうしておけばよかった、という後悔はあまりないのが事実です。

ああ、あの時もこのときも一緒にいてよかった。特に私が自宅に仕事の場を移してからは、文字通り24時間一緒だった。24時間一緒にいても私はもっと一緒にいたかった。私には24時間一緒にいても足りなかったのだけど、そんな素敵な、信頼と尊敬の元に成り立っていた関係を築けたことは誇りであり、自慢であり、そして大きな意味があったのだと思う。

私ができることはすべてしたんじゃないかな~と思えること、そして彼も彼のできることをすべてしたんじゃないかな~と思えることは、私にとって大きな意味があった。

死や、病気への恐怖は、自分が自分のすべきことをしていないとき、あるべき姿でないとき、に感じるのではないか、と思えるのです。

私は宇宙の法則に抗うのをやめ、全てを受け入れようと思ってから、恐怖感というものが全くなくなりました。

それは、この世の最悪の恐怖をすでに体験したからとか、彼がいるであろう世界へ行くのが怖くなくなったから、とかいう理由ではなく、すべての出来事に意味があり、すべては変化していて、私達がタスクを持って今存在しているという真実が見えてきたから、なのかもしれない。

そして究極の、私達の存在はこの次元だけではない、という感覚を得てからは、死生観も人生観も、変わりました。

う~ん、かっとんだ話になりました。

分かっていただけなくても、同意していただけなくても、これを読んでくださった方の心に少しばかり、トントンとノックができたなら、私はこんなことを書いた意味があると思うのです。

スピリチャルなことを書くというのは、私にとってある意味とてもリスキーでチャレンジングです。クライアントさんの多くも、読んでくださっていますし、、、、それでも、伝えなければならないことがある、というメッセージは消し去ることができずに、少しずつ小出しに、書かなければ、と思っている次第です。

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ

|

« 最近読んだ本 - 普通の本 | トップページ | Fibrous Dysplasia »

スピリチャルな話」カテゴリの記事

コメント

Aikoさんこんにちは。まったく同感です。
同じように感じる方がいることがとてもうれしいです。
自分の感じるままに生きていけばいいなんて、
なんて楽なんでしょう。
その穏やかな中で、自分のするべき事に
十分な力が発揮できるような気がします。
また、語ってくださいね。
 

投稿: マリコ | 2011年2月28日 (月) 07時20分

うーーん!!いいなあーーーーー!!
愛子さんの境地になるのは、まだ時間がかかりそうです。

きのう、教会での結婚式出の演奏の仕事だったのです。
もう大丈夫......ト思って、受けた仕事でした.
練習の時は大丈夫だったのに、本番になって、人々が集い、牧師さんの話や賛美歌を聞いているうちに、夫との思い出が吹き出して来て、涙が溢れ出て来てしまい、撃沈。
フルートの演奏の方はまだコントロール可のときだったので、良かった...パイプオルガンを弾くときは涙と、鼻水で、グショグショ!!crying
オルガンの位置が、2階の隠れた所にあったので助かりました.

年末に義母が崩れる様に亡くなり、半年で2回のお葬式を出し、ここの所、低空飛行の日々が続いています。

仕事の方は、ものすごく調子がよく、お断りしなくてはいけない程、演奏会の仕事が入ってきています。息子達に悪いな....と思いつつ、留守がちな母をして、仕事に逃げているような気がします。
愛子さんの以前のプログの中をさまよっては 、癒されています。

こういうのも、運命なんでしょうね....

昨日は泣きすぎて、今日は目が晴れるわ頭痛はひどいわで、なんのために、私は生きているのかしら..と自問しつつ、出口の亡い迷路をさまよっている感じです。
こういう事も、含めて、受け入れるという事が 生きるということなのでしょうね.....

投稿: 笛吹 | 2011年2月28日 (月) 08時24分

マリコさん

穏やかな中にもいろいろありますが、、、なんとかね。
傍観者になるというか、一歩外から見てみると、起こるべくして事は起こると思えます。
まさに Let it be の境地かもしれません。

投稿: Aiko | 2011年2月28日 (月) 21時55分

笛吹さん

お義母様のこと、残念です。
戦うのをやめてしまわれたんでしょうね。切ないです。でもとてもよく理解できます。

ご主人、笛吹さんが演奏されることを願っているようです。
演奏の依頼が入ってくるということは、そういうことだと思います。私も以前仕事がもうできない!と思ったことがありましたが、辞めるべきか、、、なんて考えていると新規の仕事が入るんです。そのたびにすごく励まされて、、、辞めてはいけないと後押しされているようでした。

出口のない迷路、よく分かります。
私も光のまったく届かない暗闇にいました。でもそれも私が必要としていたんです。意味のないこと、無駄なことなんて一つもないんです。全て必然なんです。どんな暗闇にいても、明日日が昇ります。

私も随分長い間、彷徨い続け、いまだに彷徨っていますが、、、少しだけ、ものの見え方が変わってきたような気がします。いや、私が見方を変えたのかな、、、?

今日も暑くて過ごしにくい日だな、と思うか、素晴らしい青空の美しい日だな、と思うかは、自分の選択なんですよね。私達は毎日、毎日、自分の選択によって人生をクリエイトしているんです。でも過ごしにくい日だから家にこもっていよう、という日も必要なんです。要は自分で選択した悪い日、よい日に、自分で責任を持つこと。自分で選んだという自覚を持つこと、が私にとっては転機となり、アレレレーっといろいろなことが見えてきてしまいました。

こんなエラそうな事言っても、明日は家で一人で泣いていますよ。

投稿: Aiko | 2011年2月28日 (月) 22時18分

愛子さん!

心に染み入るメッセージ、ありがとう!
自分の気持ち次第だという事は、わかっているんですが、なかなかね!
どうも風邪を引き込んでしまった様です。
今日は体調が悪くて、頭がボーっ!クシャミ連続!!
家へたどり着くという感じで、そのままオフトンの中へ直行。
まずは健康が大事です!!

ネガティブ思考は病気のせいだったのかも!!happy02

早い時間に寝てしまったので、今頃起きてごそごそしています。
薬を飲んでもう一度寝ます!!

今日と昨日の間は、結婚記念日だったのですよ!
2月29日だったので、回数にしてみれば、新婚??!!bleah

投稿: 笛吹 | 2011年3月 1日 (火) 09時18分

こんにちは。
Aikoさんが書かれている「受け入れるということ」「宇宙の法則に抗うのをやめ」ること、とてもしっくり聞こえます。
Aikoさんがその気持ちを会得されるまでに、苦しみや葛藤、様々なバックグラウンドを経られてのことだと思いますし、私には簡単にたどりつけないって思いますし、
ボロボロでフラフラな今の私ですが、
心の片隅に置いていきたいなって思っています。

投稿: ウ525 | 2011年3月 2日 (水) 00時58分

笛吹さん

体調はもう大丈夫でしょうか?
体の調子が優れないと、しんどいですよね。フィジカルにもメンタルにも、、、
まずは体調を万全に!
記念日はとてもつらいものです。一歩一歩、少しずつね。

投稿: Aiko | 2011年3月 3日 (木) 20時06分

ウ525さん

私も火曜日はボロボロ、フラフラでしたよ!
そんな毎日の繰り返しです。

私は心が乱れるとお線香を焚いて、瞑想!!します。落ち着きますよ。

投稿: Aiko | 2011年3月 3日 (木) 20時09分

受け入れるということ.........

ずっと、愛子さんの言葉を考えています。

夫の死を受け入れられによ!という気持ちと戦いながら.......

愛子さんのメッセージに感謝しながら.....


ありがとう!

投稿: 笛吹 | 2011年3月 4日 (金) 07時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1120771/39035513

この記事へのトラックバック一覧です: 受け入れるということ:

« 最近読んだ本 - 普通の本 | トップページ | Fibrous Dysplasia »