« オーストラリア国内での災害募金 | トップページ | 次女学校復帰 »

2011年3月20日 (日)

メモリー

たくさんの魂の旅立ちにあたり、ショック状態にいらっしゃるであろう残されたご家族のこれからの痛みと、苦しみと、虚無感と、絶望感、を感じ、嫌でもその時の苦しみが蘇ります。

その “思い” は1年以上経った今でも、色褪せることなく私の中に存在し続けています。


Dsc00060

毎日日が昇ることが不思議だった日々

その日、その時、から取り残された心

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ

|

« オーストラリア国内での災害募金 | トップページ | 次女学校復帰 »

夫の死」カテゴリの記事

コメント

多くの方の悲しみ、痛みをひしひしと感じています。
私も、2年前のあの日が蘇りますが、時間が癒してくれる部分もあると確信しています。

今、その状況にある方に、せめて温かい毛布と食事を!と切に願っています。

投稿: スナフっち | 2011年3月20日 (日) 17時46分

昨日は、とても美しい満月でした。

大震災のチャリティコンサートに出て、舞台の上でも、そして帰宅途中月の光を浴びながら、今も褪せない、鋭い心の痛みと、悲しみを感じていました.一寸、泣いてしまいました.....

私一人だけでなく、この世界にたくさんの人たちが感じているであろう事を思いつつ。

投稿: 笛吹 | 2011年3月21日 (月) 05時05分

スナフっちさん

夕べの美しい満月の光が世界中を照らしていました。
本当に、一刻も早く、暖かい食事と暖かいお布団で休めるようになるといいですね。

届くか分かりませんが、遠隔レイキ送ってます( )

投稿: Aiko | 2011年3月21日 (月) 16時32分

笛吹さん

昨日の満月は輝いていましたね。
私はパワーをたくさんもらいましたよ!

今日から張り切って仕事です。
一緒に一歩一歩歩きましょうね。

投稿: Aiko | 2011年3月21日 (月) 16時45分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: メモリー:

« オーストラリア国内での災害募金 | トップページ | 次女学校復帰 »