« 19回目の、、、 | トップページ | ちょっとそこの、、、 »

2011年4月26日 (火)

ギフト (追記あり)

人間の一生の中で、何が大切なギフトかって、それはやはり命のギフトなのではないかと思う。

毎日をダラダラ過ごしてしまったり、いつか、いつか、と一生手に入れることのできない環境だったり、条件だったり、地位だったりを追いかけて過ごしている毎日。

所詮自分には関係ない、とか、自分には無理だ、とかあきらめて過ごしている毎日。

自分でもよく分からないけれど、何か、を追い求める毎日。

こんな日々が、命の最期を迎えると、ガラっと変わる。

どうでもいい一日が、一時一時が大切で、輝いていて、いつまでも続いて欲しい一日になる。

もう2度と戻らない、美しい瞬間に変わる。

残された限りある時間に自分は何をしたいのか。

誰と過ごしたいのか。

誰のために何をしたいのか。

こんな風な時間を過ごすことができる人は、人生で最大のギフトを受け取ったのだと思う。

不謹慎だったらごめんなさい。

でも、癌を告知されて、

命の限りを知って (全ての人には限りがあるのだけど、それを意識している人は少ない)

最期の時間をどう過ごそうか、

と考えられるということは、素晴らしいギフトだと思う。

地球規模で起きているエネルギーシフトが、全ての人にこのギフトを与えてくれるのかもしれない。

ギフトを受け取って、自分の中の無償の愛に気付いたら、、、

大きなことが起こるような気がする。

Palms

(今日はふと仕事をしながらこんなメッセージが降りてきました)


追記:最近がん告知をされたお客様が、ティーンエイジャーのご子息らにビジネスを引き渡す準備をされているのを感じ、この記事を書きました。

夫はくも膜下出血グレード5 の突然死でした。

私達には残念ながら、お別れをいう時は与えられませんでした。

それでも亡くなる前の半年は、不思議なほど満ち足りた時間をたくさん過ごしたので、やはりギフトはたくさんいただいた、と思っています。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ

|

« 19回目の、、、 | トップページ | ちょっとそこの、、、 »

スピリチャルな話」カテゴリの記事

コメント

Aikoさん、遅くなりましたが結婚記念日おめでとうございます。

この間からAikoさんにメールしようと思って、そのままになっていました。

この前、夢に夫が出てきて、私もメッセージを受け取りました。そのことを書こうと思っていました。今度書きますね。

私の夫は癌でした。癌でも、あまり治療期間もなく、あっという間に逝ってしまったのですが、その間、苦しかったけど、かけがえのない時間を過ごすこともできました。夫は、最期まで周りの人たちにたくさん愛を注いで亡くなりました。だからこそ、私も立ち直って、精一杯生きて行かなければと思っています。

また今度メールするので読んでくださいね。いつもありがとうございます。

投稿: シャドー | 2011年4月26日 (火) 12時46分

お医者様から余命を宣告されて、最大のギフトを受け取ったのだと感じる事が出来たら素敵ですね。

でもAikoさんのご主人の様に、余命を宣告されていなくても毎日を大事に、悔いの無い毎日を過されていた人は、もっと素敵です。

そんな人間に成りたい、成らなくっちゃupsign03と、日々思うだけの毎日になってしまっています。
あぁ、耳が痛い。coldsweats01

投稿: マンマ・ミーア | 2011年4月26日 (火) 16時01分

シャドーさん

素敵なメッセージを受け取られたのでしょうか?
メール楽しみにしています。

ご主人は2つとない素晴らしいギフトをしっかり受け取られたのですね。口で言うのは簡単ですが、どんなにかおつらい時期だったかとお察しします。
ご主人は、シャドーさんの無償の愛もたくさん受け取られたのでしょうね。

投稿: Aiko | 2011年4月26日 (火) 21時51分

マンマミーアさん

そうですね。私達に余命宣告はなく、ある日突然逝ってしまったのですが、不思議なくらい充実し、幸せに満ちた半年間を過ごしました。

ギフトは十分いただいたと思っています。

投稿: Aiko | 2011年4月26日 (火) 21時57分

aikoさん、こんばんは。
すごく分かります。
突然亡くなった大好きな夫が、
大切なギフトの価値を教えてくれた気がします。
以前aikoさんが翻訳して載せていたPetrea Kingさんの名文、すごく心に響いてます。
初めは何で私だけ生きているんだろう?と投げやりモードだったけど、せっかく夫が残してくれたギフトだから、最期の日までは意味のある生き方ができたらいいなぁと思います。

投稿: sana | 2011年4月26日 (火) 22時44分

sanaさん

ありがとうございます。
そうですね、たくさんの気付きをもらいましたね。

最期の日まで、しっかり頑張ろう!というのとは違って、なんというか、淡々と生かされている、全てをありのままに受け取って、ああだから、こうだから、と言い訳するのを止めて、謙虚に感謝の気持ちを持ち続けたいな、と思います。

投稿: Aiko | 2011年4月27日 (水) 19時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1120771/39759051

この記事へのトラックバック一覧です: ギフト (追記あり):

« 19回目の、、、 | トップページ | ちょっとそこの、、、 »