« サレンダー | トップページ | 信頼関係 »

2011年8月14日 (日)

いまを生きる

いまを生きる (阿部敏郎さんのブログ いまここ から)

人生は劇場のようなものだから、今日もそれぞれの役を演じている。

でも忘れてはいけない。

あなたは劇の登場人物ではない。

それは、現象界を生きるための仮の姿だ。

あなたは誰でもない。

その気になれば、他の役を演じることもできる。

誰でもない自分を忘れないでいよう。

誰でもない自分は、いつも「いまここ」にいる。

誰でもない自分は、劇のストーリーに影響されていない。

それはいつだって、目覚めた純粋意識だ。

深刻さはいらないよ。

劇のストーリーに惑わされてはいけない。

生真面目さもいらないよ。

深刻さも生真面目さも、一種の病気のようなものだから。

生真面目であるよりは、誠実であろうとすればいい。

誠実さとは、善悪や正誤とは関係ない。

誠実さとは、目の前の現実に心を込めているということ。

そこに、本来の善が、本来の正しさが備わっている。

それはいますぐに始められる。

どんな時も、目の前の現実はひとつだけだ。

そのひとつに、心を込めること。

意識のすべてを、目の前の現実に向けること。

そうすれば、終わってしまったことへの後悔や、これから先の心配が入り込む余地はない。

迷ったら、「いまを生きる」ということに徹すればいい。

思いのほか簡単だよ。

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

一部引用させてもらおうとしましたが、すべての言葉に大きな意味があり、切り取れなかったので、全部転写させてもらいました。

阿部さんの言葉には本当に助けられています。

今、毎日を淡々と生きていられるのも、この出会いがあったから、、、な~んて少し大げさか。

お盆で夫が帰って来てます。

姿は見えず、声も聞こえませんが、、、、魂はここにね。

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ

|

« サレンダー | トップページ | 信頼関係 »

スピリチャルな話」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。「夫の死」から検索してきた通りすがりです。
私も1968年生まれです。1996年と1998年生まれの子供がいます。
1998年生まれの子は血管系の難病を患っていますが元気です。
夫は一つ年上の43歳、結婚して17年目の今年7月に急死しました。
夫もあなたのご主人と同じように、彼の人生に悔いはないと思える人でした。
この世での彼の課題が終わって、あの世に帰ったとしか思えない亡くなり方でした。
子供達のこと、やりたいこと、行きたいところ、欲しいものリスト、
色んな事をやりかけで心残りがないわけではないだろうけど、
彼の人生は全うされて、きっと居たくてもいられなかったんだなと思っています。
あの世でまた会えるって言われれば、それはそれで嬉しいけど、
やっぱりこの世でもっとずっと一緒に過ごしたかったな~・・・・。
通りすがりにごめんなさい。ブログを拝見させてもらって、同じようなこと考えてる人がいると思い書き込ませてもらいました。
ブログを綴って下さってありがとう。

投稿: でいだらぽんち | 2011年9月 1日 (木) 13時43分

でいだらぽんちさん

コメントありがとうございます。
お子さん達は我が家の下の2人と同級生で、私達も同級生ですね。急死というのは、突然ブチっと糸が切られたように、一緒にやりたかったこと、言いたかったこと、将来の夢、をお別れもできずに奪われます。
まだまだとてもお辛い時期だと思います。一時間、一日、単位で進んでいきましょう。
でいだらぽんちさんの心の平和を祈っております。

またいつでもお尋ねくださいね。

投稿: Aiko | 2011年9月 1日 (木) 22時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1120771/41208980

この記事へのトラックバック一覧です: いまを生きる:

« サレンダー | トップページ | 信頼関係 »