« 日本の桜と浄化散歩 | トップページ | 久々のヨガ »

2012年4月12日 (木)

考え方や視点を変える

オーストラリアでは寄付活動はさかんで大変一般的です。

毎年ビジネス収入の一定割合を寄付する、スモールビジネスオーナーさんも多くいます。

私は昔は子供達の学校関連、ワールドビジョンに会計年度末に寄付をする程度でした。

夫が2年前に亡くなり、世帯収入の8割を失い、行先真っ暗になり、これからどう子供達を養って行けばいいのか分からない、、、、、そんな時に寄付を呼びかける電話をもらうと、怒りで一杯になりました。

大抵は、夫が亡くなりそれどころではない、と言うとオペレーターの方からお悔やみを言葉をいただき事無く済んでおりましたが、、、

夫が月例で行っていた Koala Foundation Life Saver への寄付も一時中止しました。

しかし、いつのころからか、特に経済的な問題に関しては抵抗するのを止めたのです。いくら計算しても増えるわけではない収入、いくら悩んでも、そうそう減らない食費や学費、家計簿を真剣につければつけるほど、落ち込んでおりましたので、もうや~めた!と家計簿をつけるのも止めました。

どうにかなるさ、流れに身を任せよう。

そんな気持ちに切り替え、どんなに苦しくても、子供達と一緒に笑えることを楽しむようにしました。明日が来るなんて、誰にも分からない、ということを身をもって体験したので、ならばもう今日一日食べられればいい、と思えるようになりました。

将来に期待するのを止める。将来のために今を犠牲にすること止める。ということですね。

すると以前は怒りが沸いていた寄付を呼びかける電話も、ご苦労様です、と思えるようになり、今日目の前に食べ物が無い人のために、そして夫が命の最期をお世話になったゴールドコーストホスピタルからの寄付呼びかけには、感謝の気持ちとともに定期的に寄付をするようになりました。

私達は、終わりのないマテリアリズムに振り回され、どこまで行っても足りない感に支配されているような気がします。

でも今日食べるものがあれば、今日は生きていけるのです。

メディアにより、資源や物資には限界があるように植え付けられた現代社会、自分が得るためには誰かが苦しむのは仕方ないといった風潮さえあります。常に恐怖とともに生きることを私達は教えられてきたように思います。

“金は天下のまわりもの”

お金は流すことで、流れてくる、と言っていた夫の言葉も思い出しました。

昔からどんなに経済的に苦しくて、私が悩みを打ち明けても、どうにかなるよ、、、と笑っていた夫。確かにず~っとどうにかなってきたのです。

どうにかなるさ、、、以上に今は恵まれています。

しがみつくのをやめると、フローが変わります。流れを止めていると、流れてくるものも止まります。

公認会計士としてではなく、一人の人としての意見です。

フローを作りましょう。

フローがよくなると、驚くように楽になりますし、フローがもっと増えます。

フローとは、、、、エネルギー、波動、意識、金銭、感謝、幸福感、何でも当てはまります。

社会に感謝を忘れずに活動、寄付、(何でもいいのです) を行っているビジネスは成長します。(これは会計士としてたくさんのビジネスクライアントさんを見てますので、事実です)

共感してもらえる方がいれば、、、嬉しいのですが。。。

Park

今日はつぶやきでした。

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ

|

« 日本の桜と浄化散歩 | トップページ | 久々のヨガ »

独り言」カテゴリの記事

コメント

Aiko様

はじめまして。こんにちは。
いつもブログを楽しく拝見させていただいています。

ブリスベンの会計事務所に勤務している、Griffith Uni卒のAccountantです。2008年卒なので少し後輩です。

今回の「考え方や視点を変える」は特に共感しました。

「終わりのないマテリアリズムに振り回され、どこまで行っても足りない感に支配されているような気がします」と言うくだりは、まさにその通りだなと実感します。あれもこれも買わないと、何かをすごく得損なっているような気になります。仕事はこれからどうなるんだろうとか、経済的には大丈夫かなと言う恐れにとらわれて今を楽しめない事もあります。やはりメディアに形作られた世の中の流れに、ものすごくあおられているんだなと感じます。確かに今日食べるものがあれば、今日は生きて行けますね。

自分の勤めている会社の景気が良くないため、5週間後には辞めなければいけなくなりました。(今日はカゼひいたので家で休んでいます)これまで首になる経験はした事はなく、急にお金の事が心配になった矢先にこのブログを読んだ次第です。どうにかなるさ・・・と笑って乗りこえられるような気になりました。ありがとうございます!

これまでUniや永住権、仕事と忙しかったのでゆっくりするちょうどいいチャンスかなとポジティブにとらえ、フローを作れたらと思います。

メール長くなりました。

最近急に寒くなったので、どうぞカゼには気をつけてください。

では失礼します。

PS Elephant Rock Cafeに行ったのですが、間違えてSurf Clubに行ってしまいました。食べ終わってからElephant Rock Cafeは向かいのCafeだって言う事に気づきました(笑)今度は確実に行きます。

投稿: Mat | 2012年4月12日 (木) 13時11分

こんにちは。2年ほど前に、アデレートに日本から引っ越してきました。会計は好きなので、こちらのシステム等、ブログでたまに勉強させてもらっています。こちらでMYOBのコースを取ったときに、日本の会計ソフトのように、仕訳ができなくても、データを入力できて、ソフトが勝手に仕訳をしてくれるのにとても驚きました。今はTAFEでコースを取っています。ところで、ひとつ教えていただきたいのですが、他州へ引越しをなさったとき、どのような手段を使われましたか?来年頭、SAからWAへ引っ越します。やはり、コンテナなどを使われたのでしょうか?教えて頂けると助かります。今後もお仕事お体に気をつけて頑張ってください。

投稿: コールズ | 2012年4月13日 (金) 01時28分

Matさん

コメントありがとうございます。
私のブログを読んでいただいたのも、仕事のことも、偶然ではありませんよ。必要だから起こることが起こっています。
実際に仕事を失うことは大変でしょうが、それをどう捉えるかは、ご本人次第なので、ポジティブに捕らえれば新たな可能性を見出すことが可能になりますしね。
応援しております!

Surf Clubも絶景でしょう?あそこも素晴らしいです。

投稿: Aiko | 2012年4月13日 (金) 07時27分

コールズさん

コメントありがとうございます。
引越しは随分しましたが、荷物が多かった時はインターステートの引越し業者を使いました。
荷物はコンテナで州を越えましたね。。。

引越しって大変ですが、頑張ってください。
事前に知っておくことは、、、荷物は絶対予定通りに届きませんので、そのつもりでいないと大変ストレスになります(笑)

また遊びに来てください。

投稿: Aiko | 2012年4月13日 (金) 07時30分

しがみつくことをやめて、フローを作る。

フローの流れを作る・・・・


あーちょっと勉強してみます。

ためになるつぶやきありがとうございます!


投稿: tama | 2012年4月15日 (日) 20時28分

tamaさん

いつもありがとうございます。

川を上る時代は終わり、川の流れに沿って下る時代なんですよ~。一生懸命、肩肘張って、無理して川を上っても、川上に何もないということに人々が気づき始めたようです。

海に帰る、地球に帰る、魂に帰る、、、って感じかな。

投稿: Aiko | 2012年4月16日 (月) 15時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1120771/44850006

この記事へのトラックバック一覧です: 考え方や視点を変える:

« 日本の桜と浄化散歩 | トップページ | 久々のヨガ »