« 時空を超えて | トップページ | 胃カメラ?とスクールフェスティバル »

2012年5月19日 (土)

英語の恐怖を取り除く

先日のスタッフとのやり取りで、たくさんの人が同じように感じているのかも?と思い英語に関する話をシェアしたいと思います。

ご存知のように私はすでに在豪20数年になるので、それだけ住んでいれば当たり前、と思われそうですが、英語で対等に人と話せるようになったのは、そんなに昔のことではありません。

実は英語力に不安を抱えていると、その時点で引け目を感じているので、対等に話すことができません。

何か分からないことを言われたら、“ゲッ、わかんない!!” と逃げ腰になってしまいます。

一度聞きなおしてもまだ分からず、また相手が気難しそうな人だったら尚更、分からないまま適当に話を流し、どんどん泥沼にはまります。
どうでもいい相手であれば問題ありませんが、仕事となるとそうは行きません。

対策

まず英語のハンディを引け目にしない。

外国人ですから英語にハンディがあって当たり前。はっきり話せない相手が悪い、くらいの気持ちで望む。

I don't understand what you are saying, can you speak cleary (slowly)?
何を言っているのか分からないわ、もっとはっきり(ゆっくり)話してくれない?

くらいのことをドンドン言っていいのです。8割程度の人は、気をつけて話してくれますよ。1割は、彼ら自身の訛りが酷くはっきり話せない人。残りの1割は人間性に欠ける人、です。

自分の英語力が無いから分からない、、、と思ってしまうと、聞き返すことすら相手に申し訳ない、、、と感じてしまうようですが、そんなのナンセンス!

他民族国家ですよ、オーストラリアは。

アジア系移民、インド系移民、ヨーロッパ系移民、すごい訛りの種類です。みんな訛りがあるのだから多少苦労するのは当たり前。私の英語を理解しないあなたに問題がある、位の自己中にならないとやっていけません。

つまり英語力というよりも、度胸が問題になってきます。

英語力が無くても度胸がある人はコミュニケーションができます。なので、英語を話すのが恐い。電話に出るのが恐い、、、、と思っている人は、英語能力を伸ばす努力もしかりですが、、、、度胸をつけるのが一番。(日本人的な謙虚さは、こういうところではハンディになりますね)

そして、逃げ道を作らない。

分からないときに誰かに頼ってしまったり、諦めてしまったりしていては、いつまで経っても進歩しませんので、自分で解決するんだ!!という強い意志を持つこと。

分からないこと、をそのままにしない探究心を持つこと。

私が唯一、対等に話ができない人は医者、場所は病院。超ムカつくので、現在 Health Science 勉強中。数年内には、医療英語マスター予定。。。

大切なことは、、、、英語能力と人間性は関係ない、ということ。英語に問題があるから、と見下げるような人は人間性に欠ける人。そんな人と関係を築く必要はありません。

逆に英語ができるからとエラそうにする人もそれしか自慢することがないかわいそうな人。

ということで、訳がわからなくなりつつありますが、、、今日から人間性と度胸で勝負です。

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ

|

« 時空を超えて | トップページ | 胃カメラ?とスクールフェスティバル »

私と英語」カテゴリの記事

コメント

英語は母国語じゃないですもんね 私も度胸を忘れないようにします!!

投稿: Waka | 2012年5月20日 (日) 21時42分

wakakoさん

ご無沙汰です~。
wakakoさんは十分度胸ありそうな感じですけど、、、?!

投稿: Aiko | 2012年5月20日 (日) 22時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1120771/45325783

この記事へのトラックバック一覧です: 英語の恐怖を取り除く:

« 時空を超えて | トップページ | 胃カメラ?とスクールフェスティバル »