« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月

2012年8月31日 (金)

愛しのヤンちゃん

先日、グリフィス大学時代の親友と5年ぶりの再会~!!

Aiko_iphone_004

全然変わってなく相変わらず可愛いヤンちゃんでした。大学時代、恋人と喧嘩した~というヤンが我が家に2週間程滞在したり、子供が大好きな彼女に結婚記念日の日にはベビーシッターしてもらって夫と食事に行ったり、、、楽しい思い出がたくさんです。

5年前に韓国へ帰ってしまって以来の再開でした。

帰国前にもう一度会う予定。

オージーにかなりモテるヤンですが、アジアンが好きだそうです。恋人募集中!!

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年8月28日 (火)

姉家族

随分ご無沙汰しております。姉が甥っ子2人を連れてきており、バッタバタな日々でした。

姉と次男は帰国したものの、長男を預かっておりますので、しばらくはママタクならぬオバタク、、、で忙しい日々です。

週末はカランビンビーチへ。

120825_sachiko

姉初登場。(どちらでしょう?)

先日の過去生で実は姉が出てきておりまして、その話も含め、今回は(多分)生まれて始めて姉と本音で話すことができました。(実はいろいろと理由があり、姉とはかなり距離があったのです)

まあ、せっかく何かの理由で姉妹として生まれてきたわけですから、こんな機会に恵まれてよかったと思います。

そしてやっぱり外せないバイロンベイ~。

120826_byron1

泳ぎたくなるほど暑い日でしたが、冬に行ったのは始めて。鯨がたっくさん見えましたよ!!

やはりパワフルな場所です。癒されて帰ってきました。姉にも沢山見えたものがあったんじゃないかな?

またこの話もゆっくりと。。。

取り急ぎ今日はこれで失礼します。

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年8月21日 (火)

柴とボニー

何か悲しげな記事が続きましたが、、、

毎日元気で忙しくしております。

120803bonny2

忙しくてじっくり書いている暇がないので、とりあえず隣から進入してきたボニーちゃんと柴の写真でご勘弁を。

120803bonny

すんごい嬉しい柴くんですが、付きまとわれるのが嫌なボニーちゃんでした。

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ

家族のこと | | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月18日 (土)

夕焼け

先日の散歩中の夕焼け。
美しいです。。。

120803yuyake

でもこの時間帯はもの悲しい、、、なぜでしょうね。

悲しみがとまらない、という歌がありましたが、本当に、、、、とまるものではありませんね。

どんなに時間が経っても。

ある人に、

You will never get over it, but you will get used to it.

(痛みや悲しみを一生超えることはできない、ただその痛みや悲しみに慣れるだけ)

と言われたことがあります。

最近つくづく納得。

慣れたからと言って易しいものではありません。

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ

夫の死 | | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年8月15日 (水)

Love Leaves A Memory

Those we love don't go away,

They walk beside us every day,

Unseen, unheard, but always near,

Still loved, still missed and very dear.


For death leaves a heartache

No one can heal,

And love leaves a momory

No one can steal.

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年8月10日 (金)

あまりにかわいいので、、、

マイダーリンがあまりにもかわいかったので、、、

120804_shiba

ガラストップのダイニングテーブルなので、私達が食べているときは必ず下にいて、ガラス越しにキラキラの目で見つめてきます。いけないと分かっていても、ついついおすそ分けを。

それでダイニングテーブルの下は彼のお気に入りの場所なのですが、ある日、ずっとそこでフリーズしているのでよく見ると、、、なんかよっかかってません?

アップで、、、

120804_shiba2

やっぱり確かによっかかっている。。。

もしもし、柴さん、What are you doing there??

彼の反応はいつも、 What? って感じでしょうか?

ああ、行動の一つ一つが全てラブリ~。

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年8月 7日 (火)

今学期は、、、

ホメオパシーの勉強を続けています。

って大声では言えません。あまりにスローペースなので、ホメオパシーの科目に辿りつくまでに2年、、、かかりそうですから。

自然療法を学んでいます、と言ったほうがいいですね。コアの科目は看護士さんの学位と似ていると思います。

前学期の生化学 Bio Chemistry 、あまりに仕事が忙しくなってしまい期末試験前に思うように勉強ができず、大変残念な思いでした。

最初の2つのアセスメントで 95% 程度マークしていたので、それだけでほとんどパスはしていたのですが、期末試験が案の定、酷い出来で、、、、とても残念でした。パスはしたと思っていたので結果も調べずにいたのです。

さすがに新学期、新しい科目も始まり、前学期の結果を調べてみると、、、なんと HD (High Distinction) 、、、ちょっと信じられないような気持ちですが、、、、確かに期末試験は要所を押さえ得点狙いで責めましたから、結果は悪くなかったのかもしれません。

(自分的にはこれでも不満なのですが、、、) ま、よい結果として素直に喜ぶことにしました。

今学期は~、Human Biological Science (生物) と Microbiology (微生物学) を取りたかったのですが、生物の週2回の講義はどうしても仕事の関係で無理。断念して、微生物学1つに絞りました。

今日は2回目の講義でしたが、、、、おもしろ~い!!

ホメオパシーが勉強したくて始めた Health Science Degree ですが、、、さすが豪州の学位、ガッチリ基礎を勉強しないとそこへ進めません。でもお陰で、私の弱いエリアの強化になり、本当に助かっています。やはり化学、生物、薬理等の基礎セオリーを知らずして、治癒を語れませんからね。

今学期も地道にコツコツ勉強します。。。

でも、2,3時間事務所を空けただけで、、、、、未処理になる仕事の量、メールの量、が半端じゃありません (涙)

残業は仕方ありません (忍)

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2012年8月 6日 (月)

The Load of the Rings

週末に、ブリスベン QPAC にて The Load of the Rings ロードオブザリング の生オーケストラ演奏を聴いてきました。

120804_loadof_the_rings

ファンタジー系の映画はあまり好みではないし、うちの子供たちもこの映画には興味を示さなかったので、映画自体は見ていませんでした。長女が勧めてくれたので、家族で見に行くことにしたのですが、、、

とてもよかったです。映画も映像も素晴らしいし、それに加えて生オーケストラ演奏~。

今年は、目標どおり文化的な生活ができてます。長女のお陰。

オーケストラは退屈で、、、という人にもお勧めです。お子さん連れでも大丈夫です。

ちなみに第2部は来年10月だそうです。。。

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月 2日 (木)

久しぶり

久しぶりにブログを書きます。更新が少ない時期は、、、

ブログをのぞく暇がないほど忙しい

もしくは

落ち込んでいて何も書けない

のどちらかです。

今回は、両方でした。

今年に入ってからずっと調子がよかったのですが、何も理由があるわけではなく突然悲しみの波に襲われます。生きる気力も無くし、明日への希望もなく、ただただ静かに悲しみを受け入れ、抵抗するのをやめ流れに身を任せる。先週末あたりからそんな数日を過ごしていました。夫の夢を見たりして、、、

なんて言いつつ、通常通り仕事はバリバリこなしていますし、Natural Medicine 勉強の新学期の講義も始まりましたし、外側は何も変わりません。

人間っておもしろいですね。

心が死んでいても、仕事や毎日の生活を営むことができる。

すごいスキルだ、と感心しつつも、そんな風に長期間過ごせてしまうことの恐怖を感じます。

こうして心が病み、体が病んでいくのですね。

多少ですが、Natural Medicine (自然療法)の歴史等を学んでいく中で、多くの古い教えに、こうした人間の内側を癒す治療、方法に重点が置かれていたことを知らされます。

顕微鏡等が発明され、微生物学が発達し、西洋医学が発展を遂げたこのたかが200年で、私達が失ったものの大きさに気がつかされます。

真実のかけら、しか解明されていないにも関わらず人間はなんて傲慢になってしまったのでしょう。全てをコントロールできるかのように誤解し、人間や地球の尊厳を無視した医療、開発、毎日の営み。

どのような形でも、死に直面したときに、初めて気付くのかもしれません。

この世にコントロールできることなど何もないこと。

全ては大いなる力により、司られていること。

おろかな傲慢さを捨て、肉体としての人間の存在の根本を見たときに、気付くことがたくさんあります。

今の私は多分、転換期、いろいろな意味で、今現在普通と認識されている社会に順応している自分と、完全に狂った現社会、への気付きの間でバランスを取ろうとしています。

これが普通にできたり、この状態がかなり苦しくなったり、、、そんなことを繰返しています。

でもそんな時にしか気付けないこともたくさんあり、これもまた必然、、、なのです。

満月まで頑張ろう、そう思って数日いましたので、昨夜の綺麗な月は心に沁みました。そして今日が満月です。きっと理解できない方も多いのかと思いますが、ジャンクな世界から少し距離を置くと、空気や空や、海、そして月、木々、からどれだけ私達が影響を受けているか、どれだけ自然が私達を包み癒しているか、を感じられるようになります。

今夜は、綺麗な空気を胸いっぱい吸いこみ、空気中に充満した満月のエナジーを感じてみたいと思います。

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ

スピリチャルな話 | | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »