« 柴との散歩 | トップページ | The Load of the Rings »

2012年8月 2日 (木)

久しぶり

久しぶりにブログを書きます。更新が少ない時期は、、、

ブログをのぞく暇がないほど忙しい

もしくは

落ち込んでいて何も書けない

のどちらかです。

今回は、両方でした。

今年に入ってからずっと調子がよかったのですが、何も理由があるわけではなく突然悲しみの波に襲われます。生きる気力も無くし、明日への希望もなく、ただただ静かに悲しみを受け入れ、抵抗するのをやめ流れに身を任せる。先週末あたりからそんな数日を過ごしていました。夫の夢を見たりして、、、

なんて言いつつ、通常通り仕事はバリバリこなしていますし、Natural Medicine 勉強の新学期の講義も始まりましたし、外側は何も変わりません。

人間っておもしろいですね。

心が死んでいても、仕事や毎日の生活を営むことができる。

すごいスキルだ、と感心しつつも、そんな風に長期間過ごせてしまうことの恐怖を感じます。

こうして心が病み、体が病んでいくのですね。

多少ですが、Natural Medicine (自然療法)の歴史等を学んでいく中で、多くの古い教えに、こうした人間の内側を癒す治療、方法に重点が置かれていたことを知らされます。

顕微鏡等が発明され、微生物学が発達し、西洋医学が発展を遂げたこのたかが200年で、私達が失ったものの大きさに気がつかされます。

真実のかけら、しか解明されていないにも関わらず人間はなんて傲慢になってしまったのでしょう。全てをコントロールできるかのように誤解し、人間や地球の尊厳を無視した医療、開発、毎日の営み。

どのような形でも、死に直面したときに、初めて気付くのかもしれません。

この世にコントロールできることなど何もないこと。

全ては大いなる力により、司られていること。

おろかな傲慢さを捨て、肉体としての人間の存在の根本を見たときに、気付くことがたくさんあります。

今の私は多分、転換期、いろいろな意味で、今現在普通と認識されている社会に順応している自分と、完全に狂った現社会、への気付きの間でバランスを取ろうとしています。

これが普通にできたり、この状態がかなり苦しくなったり、、、そんなことを繰返しています。

でもそんな時にしか気付けないこともたくさんあり、これもまた必然、、、なのです。

満月まで頑張ろう、そう思って数日いましたので、昨夜の綺麗な月は心に沁みました。そして今日が満月です。きっと理解できない方も多いのかと思いますが、ジャンクな世界から少し距離を置くと、空気や空や、海、そして月、木々、からどれだけ私達が影響を受けているか、どれだけ自然が私達を包み癒しているか、を感じられるようになります。

今夜は、綺麗な空気を胸いっぱい吸いこみ、空気中に充満した満月のエナジーを感じてみたいと思います。

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ

|

« 柴との散歩 | トップページ | The Load of the Rings »

スピリチャルな話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1120771/46549423

この記事へのトラックバック一覧です: 久しぶり:

« 柴との散歩 | トップページ | The Load of the Rings »