« 愛しのヤンちゃん | トップページ | The Bourne Legacy »

2012年9月 4日 (火)

I miss you

I miss his humour and jokes we shared

I miss his honesty

I miss his strength

I miss the coffee he made for me

I miss his skin

I miss his voice

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

夫の死後、ブログ等から繋がった同じ痛みを分かち合う友と知り合えた。

ネットのお陰で、日本を始め、アメリカ、ドイツ、オーストラリアに同胞が存在する。

彼女達の存在がどれだけ私の支えになったか、言葉では説明不可能。

それぞれの波を感じあい、時には励まし、時には励まされ、、、

その中の一人、日本の友がもうすぐ結婚する。

本当に素直で正直で、悲しいよ、つらいよ、しんどいよ、どうしていなくなってしまったの、どうして私一人が残ったの、さみしいよ、、、それはそれは本心をそのまま表現できる素敵な方。

彼女のブログを読んで、共感して、一緒に泣いて、、、、自分だけじゃない、と言い聞かせてきた。(私の本心の代弁者だった)

彼女が人生をもう一度楽しみたいと思える人、これからの人生をともに歩いていきたいと思える人、が現れたことが本当に嬉しく、実はとっても悲しく、そしてとても勇気のいる決断をしたことを誇りに思う。

心からの祝福を。

絶対幸せになるよ。

絶対大丈夫。

こんなにつらい思いをした素敵なあなたを神様が不幸にするわけがない。

毎日、一歩一歩ね。

歩いていけたらいいね。

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ

|

« 愛しのヤンちゃん | トップページ | The Bourne Legacy »

夫の死」カテゴリの記事

コメント

過去生の因果関係から最初の旦那様とは死に別れ、亡くなられた旦那様が、奥さまを次のパートナーに戻されたという、方がいました。
妙に納得されたとおっしゃっていました。
きっと、そんなシナリオを作って現世に降りてこられたのかもしれませんね。
第2の人生お幸せに。

投稿: マンマ・ミーア | 2012年9月 6日 (木) 13時58分

マンマミーアさん

第2の人生か、、、私はまだまだ時間がかかりそうです。

今は、初めて一人の人間として一人で歩けること、に感謝しながら、気がついてしまった自分の中のギャップをどう埋めていくか、を検討中ですね。

投稿: Aiko | 2012年9月 7日 (金) 09時55分

Aiko様
ごめんなさい。
「第2の人生お幸せに」と結んだのは、Aikoさんのブログ繋がりの日本の結婚をなさる方に向けた言葉でした。
まだまだ、苦しんでいらっしゃるAikoさんを傷つけてしましました。
Aikoさんの詩の中には、ご主人に対する愛がいっぱいですものね。
ご主人に対する愛は永遠ですね。
素敵です。

投稿: マンマ・ミーア | 2012年9月10日 (月) 12時00分

マンマミーアさん

いえいえ全然傷ついてないですよ(笑)
わざわざありがとう!

ただ再婚しても、しなくても、亡くした人への気持ちは何も変わらないのかと思います。再婚されると聞くと、まるでそれは終わったかのように捉えられますが、そんなことはないのだと思います。

人は外側の環境や、行動で、人を判断しようとしますが、心の中の気持ちは外側とは無関係なんですね。

私がずっと一人でいようと、どんな仕事をしようと、さっさと再婚しようと夫への気持ちには何ら変わりがないのです。
判りづらいと思いますが、、、、

投稿: Aiko | 2012年9月10日 (月) 17時09分

はじめまして。

辛い思いを抱いて色々なブログをハシゴしています。

その方のブログ…拝見させていただきたいのですが…URL貼っていただけませんか?

投稿: Kiroro | 2013年1月 6日 (日) 14時18分

Kiroroさん

年をとろう、という雅美さんという方のブログです。
http://d.hatena.ne.jp/tosyokukan19/
これは実は彼女の2つ目のブログで、ご主人を亡くされた直後には別のブログがありました。探せなかったので、もしよかったら直接雅美さんにお問い合わせくださいね。

Kiroroさん
一分一分、一時間一時間、の単位でゆっくり行きましょう。
毎日、大波小波が襲ってくるけれど、一歩一歩です。
一人じゃないですよ。

投稿: Aiko | 2013年1月 6日 (日) 17時25分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: I miss you:

« 愛しのヤンちゃん | トップページ | The Bourne Legacy »