« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月

2013年1月30日 (水)

最近

私はやっぱり生きているんだな、と感じる。

変な話ですが、、、

随分、“生きていない” 時期があったんですね。。。

何も感じずに、何も想わずに、何も求めずに、、、、

ただ、ただ、時間をやり過ごす。

随分長い間、そんな風にしていたんだな、と感じました。

いまここで、幸せである、って難しいですね~。

瞑想、瞑想。

子供達の学校が始まり、また5時半起きのお弁当、日中は仕事、夜は深夜までお勉強~の日々となり、ヨガ時間が足りていませんね。




最近 Sarah McLachlan の歌声が心に沁みて、よく聞いています。
Favorite は なんと言っても Angel ですが、I Will Remember You もよいです。




お楽しみください。

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月28日 (月)

過去退行催眠

最近、プライベートで心が揺れることがありまして、、、、

常に “ありのままの自分自身でいる” ということの難しさを感じています。

心が揺れる、、、のが人間でもありますし、、、それはそれで受け入れ、楽しんでいければと思います。

ふと思いつき、去年7月に下書きのままになっていた退行催眠の記事をアップします。ご抵抗が大きい方もいるとは思いますが、再度自分自身への確認も兼ねて、読み直しアップすることにしました。

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

メルボルン旅行を決心したきっかけとなった睦美さんですが、ここ数年彼女のブログの大ファンでして、数度メールをやりとりしただけの仲だったのですが、、、

彼女の以前のブログからは、彼女が何をしている人なのか、どんなセッションをされるのか、、、は全く知らなかったのです。

ただ私は繋がる人というのは必ず理由があって、波動や波長が合わなければ決してこのネットの世界で飛行機に乗って旅してまでお会いしたいと思うことはありえないと信じています。

人に話すと、親切にも騙されているのではないか、ちょっとあやしいのではないか、とご心配くださった方もおりました。その点は私は自信がありまして、自分の波長に自信があるので、変な方と関わりあいになることはないと自負しております。

まれにお客様で、全てに対して懐疑的な方がいらっしゃいますが、仕事としてはやはり続きませんし、そういう方が実は彼ら自身の波長が、同じ波長の方を引き寄せていると感じることが多々あります。

脱線しましたが、、、睦美さんについては 100%の信頼と不思議なコネクションを感じておりました。宇宙のからくり、というやつですね。

お会いしてみて本当に、暖かく大きな心を持った魅力的な方でした。私の過去も不安もぜ~んぶ大きく包んでくださるような、、、

セッションに不安がなかったかというとそんなことはなく、実は過去にもブライアンワイス博士の退行催眠の CD等で自分で試したことがあります。ところがいつも自分の現生を遡り、その向こうに行く所から現生に戻ってくるところまでがブラックアウトなのです。真っ暗で不思議なくらいその部分だけ記憶が抜け落ちている。

よっぽど思い出したくない過去があるのか、、、と思っていました。

睦美さんのセッションでは、最初の瞑想部分であっという間に深い催眠状態に入り、次に見えたのは満開の桜の木。そこから睦美さんの柔らかい声に誘導され過去へ戻っていきました。

セッション中は、ずっと意識があるのです。自分が見ていること、話していること、全て理解して話しています。最初はその顕在意識が見るものや、その解釈を邪魔することがあると感じました。つい、え、そんなはずはない、とか、まさか?とか、、、

セッション前に、“見たもの” “感じたこと” を解釈しようとせずにそのまま話すようにしてください、と伝えられていたので、それを思い出し、嘘のような話もそのまま声に出すように努めました。

3つの過去生を見てきました。

最初の過去生からは圧倒的な孤独感。私は一人ぼっちでした。小さいころから自分の家族がなく、面倒を見てくれている家族にも心を開いていませんでした。生活が苦しくなると自分が負担になることに堪えられなくなり、家を出ました。まだ10歳くらいでした。それから流れ着いた廃墟のような町で一人で生きていました。壮絶なさみしさと孤独感を感じ、涙が止まりませんでした。場所は多分モンゴル。家族がいた時は遊牧の生活をしていました。美しい緑の中に大きなテント。草原に座って家畜を眺めているときがとても幸せでした。

Photo

2つ目の過去生では私は50代の男性。エジプトか、どこか砂漠の国で自治の統治をする立場の人間でした。石で作られた居住区は活気に満ちていて沢山の人が行きかっていました。自分の家に入ると、石でつくられた大きなテーブルがあり、3人の女性がいました。彼女達は私の身の回りの世話をする女性(サーバント)であったと同時に妻達でもありました。年老いた両親と子供も4,5人いました。髭をたくわえ立派な自治の長であると誇りを持って仕事をしていました。家の中は、男性、女性、子供、と厳しく立場や生活の場が分けられており、私は女性や子供達がくることのできない“仕事場”でほとんどの時間をすごしていました。この時の思いは、子供達や家族と距離があり、もっと時間を一緒に過ごすべきだった、という後悔に似た思いが蘇りました。

その時の思いや気持ちを思い出してみてください、という睦美さんに誘導され、記憶を辿っていると、一人の息子に対する強い思いが沸いてきました。その息子は17歳くらい、賢く、新たな時代を築くことができる能力とスキルを持った息子でした。その当時の自治のあり方に疑問を投げかけ私に反発していました。私は彼の能力を認めていたものの、今までの自治のあり方や社会的な責任、しがらみ、を重視し彼の意見を聞き入れませんでした。心の中では、先見の目を持ったこの息子が力を発揮すれば新しい時代の幕開けとなることを理解しながら、それまで築き上げてきた自分の地位や、社会的信念を覆すことができませんでした。自分は弱かったのです。息子は私に落胆し、去っていきました。

息子は現生での夫でした。彼に対する強い懺悔の気持ちが残っています。私がもっと強かったら、彼を認め、彼はその能力を生かすことができたのに、、、

3つ目の過去では、多分アメリカ現代に近い時代のダウンタウン。貧しいエリアの汚いアパートメントに住んでいます。父親はアル中。母親は私と姉が小さいころに私達を捨てて出て行きました。私は30代前半。粗末な黒いワンピースに黒いブーツを履いています。仕事は食堂のウェイトレス、場末の小さな汚い事務所の受付。いくつかの仕事を掛け持ちしていました。自分に自信がなく、価値がないと思っていたので、この大嫌いな町を出てどこかいいところへ行きたい、という夢を実現することなく終わります。

姉は現在の姉。家に舞い戻ったり、新たしいボーイフレンドができるとまた出て行ったり、を繰返していました。私はアル中の父を一人残してでていくことができませんでした。でもそれは自分に対する言い訳であり、その町を出て一人で暮らし成功することに対し全く自信がなかったのです。その後同居していた男性がいましたが、心を開いていませんでした。40代中盤にてお酒、タバコ、のせいか癌になりダウンタウンの薄汚い病院で亡くなりました。ここでも私は心を開かずさみしい人生でした。

3つの過去生から感じたことは、圧倒的な孤独間、寂寥感。そしてその理由は自分が心を開いていなかったことにあると感じました。

潜在意識からのメッセージは、

どんな立場、どんな性別、どんな環境に生まれても、人間としての価値に変わりはないこと。

自分を尊重すること、心を開くこと、が今生で与えられた使命。そして夫は私がこの大きな使命を全うできるように沢山のサポートをくれました。

夫亡き後、たくさんの不思議な出来事から、世の中で起こっていることは全て寸分の狂いもなく、電車で隣に座る人さえ意味がある、ということが信じられるようになってきました。

こうしてユニバースの力を信じると、今まで見えなかった角度から物事が見えるようになり、生きることも少しは楽になりますよ。今までの自分の思考パターンを変えるのは簡単なことではありませんが、、、、少しだけ、違った角度から物事を見ていただけたらな、と思います。

長~い記事を最後までお読みいただき、ありがとうございました。

今日もよい一日を。

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年1月24日 (木)

今日はグッドニュース

昨夜は心と体の痛みに泣いていましたが、、、

リンパ腺が腫れて痛いことに気付き、、、熱を測ったら、高熱がありました。

なんだ体の痛みは風邪だったのね。

マインドと体の関係ってやっぱり深い。

調子が 100%じゃないと、すぐ心に影響する。

もしくは心の調子が体に出るとも言えますね。

今日はすっかり元気でしたが、仕事は少し休ませてもらいました。

夜ピーターから久しぶりに電話があり、タニアが数々の難しい試験とフィジカルテストをパスしてとうとうアーミーに!!今週から仕事が始まったそうです。迷彩色のユニフォーム、クイーンエリザベス女王の写真の前で宣誓と署名。とても素敵な写真を送ってくれました。

Tanyasignsdottedline210113

アーミーと言っても、戦士ではなく Education Officer です。トレーニングプログラムの構築やスタッフの教育官といった職務だそうです。
夫婦で同じ職場なんて、羨ましいわ~。

さあ、、、ネガティブに考えがちな物事も、自分の思考回路を改めて理解して、受け入れて、あらためて毎日を正直に、誠実に、ポジティブに、、、、生きることができるように。

今年もサレンダー、コネクション、ファシリテート、、、、降りてくるメッセージを大切にします。

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月23日 (水)

胸が痛む夜

今夜は、、、

どうしてか、胸が痛む、腕も、手も、膝も、体中が痛む。
キシキシと、、、きっかけは誰かの優しい言葉。
しばらくそんな言葉をかけてもらっていないことに気付く。
暖かく、包み込んでくれるような、言葉に愕然とする。
久々に襲われた悲しみの痛み。
ただただ、降参。
痛みをそのまま受け入れるのみ。
月が美しく、サイクロンが北で発生しているので、気圧のせいか、、、
長女のブログに、父親へのメッセージを見つけ、涙、涙、涙。
こんな夜もまだまだあるさ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年1月21日 (月)

ピアノとヴァイオリン

ゴールドコーストは曇り模様ですが、月曜日、朝から頑張って仕事をしております(笑)

スクールホリデーもあと一週間。オーストラリア中の親御さん、長い間ご苦労様でした。

やっと、新学期が始まりますね。

苦悩のお弁当作りが始まりますが、毎日元気で学校に行ってくれればこんな嬉しいことはありません。

またまたいろいろとお話したいことも山積みですが、今日は忙しいのでまた次回。

久々に長女のピアノ動画をアップします。


ベートーベンのスプリングソナタです。音大同級生のケン君と。

細々とした間違いはご容赦を。。。

あ、来月アルバイトでホテルのラウンジでピアノを弾いています。(メインの子のピンチヒッターですけど)

サーファーズ、クラウンプラザホテル、1階ロビー奥の レストラン&バーで生演奏です。途中休憩を挟みますが、6時から10時までです。

2月2日(土) と2月8日(金) その後は5月の予定です。

食事をしながら、一杯飲みながら、もしくはコーヒーを飲みながら、、、美しいピアノをお楽しみいただけます(笑)

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年1月15日 (火)

Life of Pi

映画シリーズです。

先週の日曜日、めずらしく家族全員そろって映画館へ。

ある人に進められた映画 Life of Pi を見てきました。

邦題 : ライフ オブ パイ トラと漂流した227日間


苦手な 3Dで見ましたが、弾や矢が飛んでくるわけではなかったので、、、、よかったです!!

映像がとにかく美しい~~。

星空、夜明け、海の静寂、、、、素晴らしい映像でした。

ご想像の通り、遭難した少年のトラとの227日の漂流の旅の物語なんですが、、、

悲しいストーリーでありながら、とても心に残る何かがあります。

見終わった後も、ずっとストーリーを考え直しています。苦しい経験を美しいものに変えて成長した主人公の生き様に、、、なんだか感動しています。

Great Film という言葉がふさわしいかと思います。

久しぶりに心に残るストーリーでした。

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年1月14日 (月)

命日が近いせいか、今朝早く夫の夢を見た。

やはり普段と変わらない。家にフツーにいる夢。

ピーターもいたような、、、

私は MYOBのトレーナーが来ていて新しい商品の説明を受けているという、、、(夢で仕事する人です)

で、ガレージに黒の4輪駆動 (Jeep Grand Chelokee) が私の車ギリギリに停まっていました。

2010_jeep_grand_cherokee_overland_0

どうも念願の4輪駆動を購入したようです(笑)

スズキジムニーあたりの小型4WDでいいと言っていたわりには、ジープだなんて随分奮発したのね。。。去年ワインレッドのチェロキーを買ったピーターにそそのかされた模様です。

おもしろい夢でした~。

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年1月12日 (土)

1月12日

2010年1月12日、夜9時半、夫が突然倒れてから3年になります。

私達の中の時計が止まった日です。

それから5日後の17日に旅立ちましたが、私にとっては、それまで信じていたもの、当たり前だと思っていたこと、今日寝たら明日が来るという、極フツーの日常が、全てひっくり返った日です。

同志の方と、お話しましたが、、、

悲しいのです。3年経ったって。きっと10年経ったって。

誰も夫の話しをしなくなり、もうまるで存在が消えていく。

毎日思い出に浸って、泣いて暮らしているわけではないけれど、、、

でもそれは彼を忘れたわけでも、彼の存在が小さくなったわけでもなく、記憶は鮮明で、存在はさらに大きくなり、日々私の中にあるのです。

夫の知人の方が、

“この季節になると中野先生を思い出しています。”

とお言葉をくださいました。

本当に嬉しいものです。

気を遣って、お話を避けていただくより、思い出話しをしていただいた方が、家族は嬉しいものです。それは何十年経っても同じだと思います。

(そうではない人もいるのかな、、、)

120826_byron3

と言う訳で!!

今日から命日までの数日間は、たっぷり夫の思い出に浸かって過ごします!!

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年1月10日 (木)

The Hobbit

映画シリーズです。

お正月休みに次女と息子と一緒に見てきました!!

The Hobbit

邦題 : ホビット 思いがけない冒険


3D は苦手なので、2D で見ましたが2Dでも忙しいくらいの映像でした。

ロードオブザリングは、去年のオーケストラ生演奏が素晴らしかったので、その後 DVDでシリーズ制覇。

まだ記憶の新しいストーリーだったので、ロードオブザリング 1 の前の物語であるホビットも充分楽しむことができました。

ニュージーランドの素晴らしい景色と素晴らしい音楽が楽しめます。

130105maxbrenner

映画の後は~ Max Brenner !!!

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年1月 7日 (月)

新めがね

12月、保険の更新前に作りなおしたメガネです。

メガネと度入りサングラスを作りました。-3.0 パワーです。度の尺度って国によって違うので、日本での視力がどれだけなのか全く分かりません。。。

121207glasses

サングラスは、ヴィクトリアで作ったというタニアと全く同じサングラスで、、、大笑い。何百とあるサングラスの中から同じものを選ぶって、偶然じゃないですね。何か通じているものがあると信じます(笑)。

130105sunglass

ブリスベン サウスバンクのターキッシュレストランにて。次女と術後検診の前に。

2011年3月に骨腫瘍と診断されてから、いろいろとありましたが、術後検診で全てクリアとなりまして、ブリスベンの整形外科への通院はこれで終了です!!

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年1月 6日 (日)

スカイダイビング!!

実は昨日、長女とバイロンベイにて スカイダイビング をしてきました!

130105skydiving7

44歳にて初体験。長女は2回目です。

130105skydiving1

小さな飛行機にて14,000 フィート (4,300メートル) まで上昇。

130105skydiving2

こんな感じで飛び降ります!先頭は長女でした~。長女が落ちるのを見てから、自分が飛ぶまでの10秒くらいが一番恐かった時間です。

130105skydiving3

60秒の Free Fall !!! (息が出来なくて、、、顔もビロビロで~)

130105skydiving5

パラシュートを開いた後は、、、、時間が止まったような世界で、別世界の美しい景色を楽しみました~。これはパラシュートの操作をさせてもらっているところです。

今回タンデムで一緒に飛んでくれたのは、マティ君でした。彼の左腕に付いているハンディカムからの映像の一部でした。

あまり恐怖はありませんでしたけど、、、、飛行機から飛ぶ瞬間は、、、sweat02 冷や汗もの。よい体験でした~。

バイロンは本当にきれいですよ。飛ぶなら是非バイロンベイで!!

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年1月 4日 (金)

長女20歳

長女が本日20歳になりました!!

確かブログを始めたころに、長女16歳の誕生日という記事を書いた覚えが、、、、ありました。こちらからどうぞ。

20年前のゴールドコーストで誕生した未熟児ギリギリの長女が20歳だなんて!時が経つのは早いですね~。

お祝いはシェラトンのランチビュッフェ。

130104sheraton

いつ来ても美しい景色。

130104sheraton2_2

数年ぶりでしたが、、、やはりここのランチビュッフェがゴールドコーストでは一番かな~と思いました。シーフードが新鮮で豊富、その他のデリ、ホットフード、デザートも充実してます。

130104family2

記念の家族写真~。

130104family1

笑いこけた失敗作~。

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年1月 3日 (木)

The Notebook

映画シリーズです。(クリスマスホリデー中、DVD映画見まくりでした!)

The Notebook

邦題 : きみに読む物語

クラシックラブストーリ~ですね。2度目です。次女が見たがっていたので、iTune でレンタルして、楽しみました。(Ryan Gosling 好きです)

彼は彼女に365通の手紙を出しますが、母親の阻止により届かずじまい。私も実は360件以上の夫への未送信メールがあります。届くことがないメールだけど、書いた時点で、想いは届いているな、、、と感じた時から書かなくなりましたけど。。。

“無駄”なことなんて、この世にはなくて、、、全てが必然で。なんてことを考えながら見てました。


ピュアラブ、この一言です。ちょっと悲しいですけど、心が洗われるストーリーです。

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月 2日 (水)

ミステリーサークル

このブログでは、かなり控えていましたが、今年は自分の枠を超えて自分の声を発信しようと、、、いうことで、年末年始の休暇中に夜なべで見ていたYoutube をご紹介(笑)

私の大好きなもの(魅了されているもの)の一つに Crop Circle (ミステリーサークル)があります。

昔はただ未知のものが恐い、、、というだけで避けていたのですが、今は恐いものが何にもなくなりましたので、たっぷり楽しんでいます。

ただ人々にたくさんの偏見があるのが事実で、ほとんどの場合は事実を見ようとせずに、今までの経験や教育から得た“マニュアル”を使って、“胡散臭い” “あやしい” “非現実的” 等の判断をしてしまいます。

しかし一度、私達が持っている常識やマニュアル自体に疑問を抱きますと、、、、いろいろなものや事柄が違った角度から見えてきます。

先日ご紹介した Thrive を見て、その内容を真剣に考えていただいた方でしたら、ご理解いただけるかと思います。


英語版。お正月休み、時間のある方は是非!改めてご覧ください。


日本語版。2時間超です。

こちらは2012年8月に出現した4つのクロップサークル。(私にとってはミステリーでも何でもないので、英語名の Crop Circle と呼びます)


こちらがクロップサークルが出現する前夜に撮影された UFO映像。


クロップサークルは、、、Beautiful 美しい、、、、の一言。

2013年度の意識改革のスタートに、、、、美しい映像を是非お楽しみください。

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

New Bag

久しぶりに~、新しいハンドバッグを買いました~。

もちろんOroton のアウトレットにて!

定価の60% オフでした。(信じがたい値段。定価って一体、、、)

130101bag

私はバッグを服に合わせて変えたり、、、といった人ではないので、一度買って気に入ったバッグをず~~っと使うタイプです。昨日まで2009年に購入したオロトンのハンドバッグを毎日使っておりました。クリーム色だったので、さすがに汚れが目立つようにになり、、、新しく新調です。

少し大きめにしたので、ウォーターボトルも入るサイズ。嬉しいニュースの共有でした(笑)

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月 1日 (火)

新年

あけまして、おめでとうございます。

(喪中なので、おめでとう、は言えないのよ、と義母に諭されました!新年から大ドジ。でもここはこのままにしておこう。。。)

新しい年が、今までの枠に縛られることなく、自由で、安全で、安心して、生きていける年になることを信じております。

くだらない独り言を綴っておりますが、ブログを書くことで、私自身が自分の気持ちを整理できたり、普段言えない事を吐き出したり、楽しみを共有できたり、、、とても助けられています。

いつもブログを尋ねてくださる方にとって、このブログがどんな意味を持っているのか、知る由もありませんが、、、

意識改革の進む中、何かを共有できたら幸いです。

121224kids

(ピーター、タニア家族とのクリスマス、子供 (?) 集合~の写真です)

3人のティーンエイジャーがおりますと、毎日ドラマティックで、想像を絶する出来事が起こりますが、、、私に出来ることは、愛とサポートを与えることだけ!!どんなことが起こっても、最後に帰ってこれる場所、最後まで私が彼らの見方になってあげること、だけですね。

121206emerald

先日のモートン島の海、こんな美しい海に帰れる日まで、、、自分に正直に生きていきましょう!

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »