« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

2014年11月

2014年11月24日 (月)

ウェブサイト

今年はとっても暑いゴールドコーストですね!

月曜日、朝8時からこんな素敵な場所で、クライアントミーティングがございました。

141124currumbin

最高の景色で、ミーティング内容もとてもおもしろくワクワクしてきました。好きだな~この感覚。

やっぱりミーティング大好きです。たくさんの人からエネルギーをもらい元気の元となっています。ありがとう~ heart

今日は、ビジネスのウェブサイトのリニューアルに向け新たにスタッフ紹介ページができましたので、是非ご覧くださいね。

こちらからどうぞ

それぞれの自己紹介もありますので、ご興味があれば読んでみてください。

スタッフそれぞれ違ったスキルと得意技があり、それぞれが補い合って、チームとしてすごい力になっています!!

このダイナミクス、、、、かなりおもしろい(笑)

仕事の方も頑張ってます。ご期待ください。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年11月21日 (金)

感情の波

わーーーー。

昨日から、またいろいろなことが起こり、感情の波に襲われております。

悲しい、悲しい、気持ち。

やるせない気持ち。

ぺちゃんこな気持ち。

私って、本当に簡単に、夢も希望も失うたちなのですよ~。

あーーー、しんどい。

こういう時は今まで、ひたすら静かに耐える、のが私のやり方でしたが、ちょっと変えてみようと思います。

吐き出してみます(笑)

アメリカの長女ちゃんからの、ぶっ飛び発言、息子の涙、トニーさんからのちょっとショックな言葉、、、、そういった “トリガー” によって、一日でここまで出るか~というくらい、感情の波が出てきております。

すべての出来事や言葉は、“トリガー” にすぎず、自分がそれらをどう判断して、どうプロセスするか、で、出てくる感情も、結果も違うのですけど。

試されてるのかな???

朝からピーターに電話して、思いっきり泣いて、話を聞いてもらいました。

ピーター、ラブ。あ、ピーターは亡夫の親友で、長~い間家族付き合いをしている人です。残念ながらタニアという素敵な奥様がいます(笑)

夕べは久しぶりにトニーさんと電話で話しました。

私って実はすごい贅沢者?かもしれません。

う~ん、書いてみるとそう思えてきました。

きっとそうなのですね。

昨日つぶやいたFBでも、たくさん素敵なメッセージを下さる方ばかりで一つ一つに涙していたのです。

人との繋がり、に生かされているのだなあ、、、

今日は、繋がり、と 安心感、を選択しよう。

ありがとうございました。

141019bs22

これ10月の九州の海です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月19日 (水)

意識

おはようございます!

さあ、仕事をっ!と意気込んでオフィスに参りましたが、なんとサーバの障害で、メールの送受信もできず、ウェブサイトリニューアル中の作業も出来ず、、、、ガックリ。

なのでブログを書くことにします。

世の中の大きなことも、小さなことも、すべて一つの法則の元に動いており、そんな風に感じられること、に出会うと、心が震えますね。

でもそれは何か大きな感動的な出来事である必要もなく、ごく小さな日常の中の出来事からも感じることができるのですね。

たまたま銀行で出会った人も、今日同じ電車に乗り合わせた人も、パッと心に浮かんだあの人も、偶然ではないということです。

日本の意識が高速でシフトしている今、何か細かい細工の目が合うように、いろいろなことが起こり動いているように感じます。

ホメオパシーの深~い部分にも感動することが多く、やはり私が今ここにいる意味、や関わる人々の意図や使命に共鳴することが喜びになっています。

今、まさに飛び込んできた We Can Heal Ourselves というメッセージ。まさに私がお届けしたいメッセージでもあります。

そして Collective Consciousness がどれだけパワフルかということ。

はい、少しずつ発信して行きますね。

140901rose_2


たくさんの愛とパワーをもらえるクリスタルキャッスルの巨大ローズクオーツと。 heart

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年11月12日 (水)

サイキックと心霊写真

久しぶりの更新です!

昨夜は久々にエキサイティングなお出かけでした。もう一年も前からチケットを取ってあった、世界的に有名なサイキックである ジョン・エドワード のショーに行ってまいりました。

私がサイキックの世界に興味を持ち出したのは随分前ですが、2008年に行った デボラ・ウェバー さんのサイキックショーで、なんとなく~な感覚が、確信に変わり、ひそかに(?)研究を重ねています。。。 その時の記事はこちら

ジョンのことも多分同じころにアメリカの Crossing Over というTV番組を偶然見たことで、ずっと私の心の中に残っていたサイキックでした。

141111je2


1500名の会場はギッシリでしたよ。デボラのショーは長女と一緒に行きましたが、今回は次女と一緒でした。彼女にとっても本当に大切なメッセージがたくさんでした。一緒に行けてよかった。

ガイドさんのチームは常に一緒に在ること。困ったときは助けを求めればいい、たったそれだけのことですが、こういうエネルギーの中で聞くと、若い人達にも大きな意味を持ったメッセージになりますね。

それでどうだったの? と息子も興味津々でしたので、次は息子を連れて行きたいです。

たっくさんのスピリッツからのメッセージを受け取ってきました。

そして2011年に亡夫のお墓に写った彼の顔が、やはり大きな意味があってのメッセージだったと感じました。ずっと悩んできましたが、その写真を公開します。

まあ、賛否両輪あると思いますが、それぞれの方が感じたことを、それぞれ受け止めてもらえればいいかな~、、、、と思います。

1411115


2011年1月、亡夫の2回忌の際に長女が撮影した写真です。

墓石の中央左に彼の顔が写っています。

141111

夫の顔を知らないという方のために、遺影の写真と見比べてみてください。

墓石の前に居た人が写っているんじゃないか?とみんなが思いますよね?

141011

こちらの写真は先日2014年10月に私が撮影したものです。移っているのはサングラスをかけて i Phone を持った私です。墓石から1メートル足らずの正面に立って、このサイズですから、最初の写真に誰かの顔が写るには、墓石の間近に立っていないと無理だということですね。

そして、あの時、お墓参りに行ったのは、私と子供達だけでしたし、他に女性のお墓参りをしている人がいただけでした。

墓石の写真を撮るなんてけしからん、とか、夫の許可なく、、、と言った思いを抱く方もいるかと思いましたが、この写真は、私達を絶望から救い、希望を与えてくれました。

義理の姉達や、義母も、これを見て本当に喜んでくれたんです。

亡霊でもいいから会いたい、というほど愛している人だったら、どんな形でも見えれば嬉しいですよね。

こんなイタズラをしてくれた亡夫に感謝です。

最近進路について悩んでいた次女ちゃんの夢にも登場し、とても大切な言葉をくれたようですし、、、まあ、彼はいつでも、どこでも、この辺りにいるのですわ。。。(笑)

読んでくださってありがとう。

********************************************

私もこれを公開するのにかなり勇気が要りましたので、批判、非難コメントはどうかご遠慮くださいませ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »