« ボンド大学 | トップページ | 長女のこと »

2014年12月 1日 (月)

喜びから人生を生きる

久々に本の紹介。

アニータ・モアジャーニさんの 「喜びから人生を生きる」 臨死体験が教えてくれたこと。

 

彼女の体験のインタビューを数年前に Youtube で見て、これも感動~だったのですが、本もいいです~。

 

インタビューは英語です。

私は、亡夫の “その時” を思いながら読んだので、やはり喜びと嬉しさに溢れますね。

生まれる瞬間から、死ぬその瞬間、まで自分で選択している、ということですね。

とっても感動するストーリーです。またちょっとこれを読んで、生き方が変わればいいなと思います。

|

« ボンド大学 | トップページ | 長女のこと »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

愛子さま

今日のタイトルを見てお元気そうでよかったと思いました。そして、ああ、やっぱり私と同じことを考えているのだなと思いました。そりゃそうですよね。そもそもこちらにお邪魔したのも、ご主人つながりですものね。私も最近臨死関係の本を読みました。日本でベストセラーになっている「人は死なない」です。夫がどんな所へ行ったのか知りたかったので。You Tube後でゆっくり拝見します。(考えるともう泣きそうです)
申し遅れましたが、名前だけ出させて頂きます。千葉在住です。夫とはこちらで会い、結婚し、納骨も私の実家のお墓で済ませました。
時々よらせてくださいませ。

博子

投稿: pico | 2014年12月 1日 (月) 16時02分

picoさん

コメント確認が遅くなり失礼しました。
ちょっとプライベートでバタバタしております。
後少しで落ち着く予定です。

そうですね、こういった本や知識は私達を救ってくれますね。
毎日起こること、や出会う人、すべての出来事が神秘で、メッセージで、学びで、、、キラキラ光っているのですが、ちょっとしたことが理由でそれが見えなくなってしまったり、忘れてしまったり。。。
私もそんな日々を過ごしています。

最近、改めて自分にとって何が大切なのか、、、を考えさせられることが多く、言葉にしきれない思いもあります。
少しずつに、できることから、また言葉にできることをしていこうと思っています。
これからもよろしくお願いします。

投稿: Aiko | 2014年12月 5日 (金) 19時06分

愛子さま

こんばんわ、お返事を頂いていたのに失礼していました。私も在宅で仕事をしたりで、この所ちょっと忙しくしていました。
今日は実は夫の月命日で、朝お経をあげました。
午後時々ウチの庭に現れる野良猫が(大の猫好きの夫がWhiteyと名前までつけていました)何故かガラスの窓越しに、私の方に何とも言えない眼つきで近寄って来ました。餌が欲しかったのかとも思ったのですが、後から考えて不思議でした。考え過ぎですね。今度また来たら聞いてみます。でも、こういう小さなことに心が踊るんです。つながっていると信じたいから(笑)

pico

投稿: pico | 2014年12月10日 (水) 23時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1120771/58144247

この記事へのトラックバック一覧です: 喜びから人生を生きる:

« ボンド大学 | トップページ | 長女のこと »