カテゴリー「書籍・雑誌」の31件の記事

2014年12月 1日 (月)

喜びから人生を生きる

久々に本の紹介。

アニータ・モアジャーニさんの 「喜びから人生を生きる」 臨死体験が教えてくれたこと。

 

彼女の体験のインタビューを数年前に Youtube で見て、これも感動~だったのですが、本もいいです~。

 

インタビューは英語です。

私は、亡夫の “その時” を思いながら読んだので、やはり喜びと嬉しさに溢れますね。

生まれる瞬間から、死ぬその瞬間、まで自分で選択している、ということですね。

とっても感動するストーリーです。またちょっとこれを読んで、生き方が変わればいいなと思います。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2014年3月 3日 (月)

さよならの先

先日、介護ナースをされている方からの情報で、読み始めた本です。

たくさんの死。

それぞれのストーリー。

一つ一つに号泣です。

でも改めて、そこから得るものの大きさ、残されたものが生きていくためのメッセージ。

壮絶で、壮大で、愛おしく、、、、

私達は一つの命を生きているということ、、、に納得してしまうストーリー。

悲しくて、苦しくて、悔しくて、、、、

でもその中で、それぞれの気付きがあり、本来の愛が育まれ、、、、

なんとも、深いストーリー達です。

どんな方にもお勧めの本です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月12日 (水)

宇宙を感じて仕事をしよう

2013年度、つらいこともたくさんあったけれど、新しい繋がりがドンドン広がった年でした。

たくさんの出会いがありましたが、私の今後の人生のシフトに大きく影響を与え、きっとこれからも不思議なコネクションで繋がっていくであろうこの人。

天野敦さん

公認会計士であり、宇宙と繋がっている私の同志 (勝手に同志と呼ばせてもらう~)

彼との出会いも必然で、プランの一部なのですが、、、こちらの本は本当に素敵でした。

直筆サインもらっておいてよかった~。

いろいろ感動する本に出会っておりますが、、、

これはビジネスと宇宙を繋げる素晴らしい内容でした。

ビジネス、お金、といった現実的な世界と、スピリチャルな世界は、一つなのですね~。

そのあたりの説明の難しい部分を、とても美しくパッションを持って書いていらっしゃいます。

新しい価値観を持って、こんな風に仕事ができたら、、、、あなたの毎日も変わりますよ。

スピリチャルというのは、山にこもって瞑想して、現世と縁を断ち切ることではありません。

毎日の仕事、家族関係、友人関係、トラブル、、、すべてのプロセスの中で宇宙とつながること。

東京では天野さんが次々に新しい展開をしていらっしゃり、、、

駆けつけたいイベントがたくさんです。

天野さんの会社のウェブサイトはこちら。

とてもためになる無料メール講座がたくさんあります。

是非お試しくださいませ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月17日 (火)

久々の本紹介

ここ数ヶ月に読んで、ガツンときた本です。

これかなり私的にはよかったです。最後は愛、、、みたいな。好きだな

あ、でも内容かなりすごいので、向いてない人もいると思います。コンサバな人には無理かな?

定番ですね~。

 

これも私的ヒット。死を目の前にして、最後に望むものは、、、、テーマは奥深いです。

今日はパウロシリーズでした!!

我が家に近い方はお貸ししますので、ご連絡を。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月24日 (土)

噂の本

数ヶ月前に、、、はまっていた本です。

夫の死後、初めて読んだ普通の本(笑)

いえ、普通じゃないか、、、

マミーポルノと噂され、話題騒然の本でした。あのハリーポッターや、トワイライトを抜いてのベストセラーです。

でも女性限定です。

女性のファンタジーです。

未亡人には刺激が強すぎましたが、、、そちらよりも、メンタルな関係に惹かれて3部作までぶっちぎりで読んでしまいました。

Fifty Shades of Grey

フィフティー シェイズ オブ グレイ

By E L James


とうとう日本語ヴァージョン発売だそうです。

う~ん、あれがどうやって日本語に訳されているのか、興味あり。

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年11月18日 (日)

本紹介

最近、、、ではなく数年前に読んだ本で、その時、必要な情報、考えていること、おもしろいようにパズルのピースの一つになった本です。

昨日、本棚を整理していてふと手に取り、その時の感動を思い出したのでご紹介です。

輪廻転生を信じると人生が変わる

By 山川 紘矢


スピリチャル系のたくさんの本の翻訳者であり、東京大学卒、元官僚、エリート中のエリートの彼の経験をそのまま語った本です。

スピ系と聞いただけで拒否反応を示されるような方には、この本は特にお勧めです。

毎日の波の中でいろいろと感じ、経験し、、、、何も話せない時期があったりしていますが、もうかなりアウトプットの時期が来ていると感じています。

でもその方法がまだクリアではないのですが、、、、

できるだけ、感じるままにアウトプットはしていきたい、と思っています。

訳が分からない方、すみません。そんな場合はサラっとスルーでお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月 5日 (金)

Reconnection

久々に本の紹介。

ここ数ヶ月をかけてじっくり読んでいる本です。

(ここに本の写真を載せようと試しましたが、2日間試してもエラー、、、多分ここに載せるべきではない、何か理由があります。。。)

最初は読みやすかったのですが、途中から概念が突然難しくなり、何度も何度も時間を置いて繰返し読まないと、理解できない部分があり、結果として数ヶ月かかっています。

かなり自分が感じていたこと、思っていたこと、等にガツンと来た本です。私は英語の原本を読んでいますが、日本語訳書があったのでそちらをご紹介。


アメリカのカイロプラクターである著者は、クライアントに施術をしていく中で、突然不思議なエネルギーが流れ、奇跡的な治癒が起こり始めます。エリック パール自身が戸惑う中で、気がついたこと、理解できたこと、たくさんの間違った神話、など、なぜ奇跡的なヒーリングが起こるのか、なぜ起こらないのか、、、等が話されています。

私は日本語訳書は読んでいないので、その内容には言及できません。訳書は翻訳家によりかなり著者の言霊(エナジーフロー)が変わってしまう場合があるので、要注意。

あやしい印象しか受けなかったら、申し訳なく思いますが、私はこの本によって不明だった点や説明のできない自分の中の物事への説明がかなりクリアになりました。

自分の中にもう止められないフローがありまして、、、日本でもビシビシ感じてしまいました!その話しはまた今度。

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月19日 (金)

グリーフの本

久々の本紹介。


ご存知のように大の読書好きの私は、いろいろなジャンルを読みますが、、、やはりここ1年半は、夫の突然の死を理解しようと、無我夢中で医療関係の本、代替医療の本、スピリチャル系の本、グリーフの本を読み漁っています。

どんな本でも私の手の中に来た理由があるのだと思いますが、何度も繰り返し読んでしまうような納得の本もあれば、途中で興味が薄れてしまう本あり、、、です。

エリザベス. キューブラーロスさんのこの本は、、、、

素晴らしい本でした。多分たくさん読んだグリーフ関連の中では一番感動したかも。

このブログをどれだけ今も喪失体験者の方が読んでくださっているか分かりませんが、、、そうである方も、そうでない方も、もう何十年も前のことだから、、、という方にも、是非読んでいただきたいな、と思った本です。

この本で、私は改めて喪失を一からやり直し、たくさん、たくさん、泣いて、悲しんで、全てのステージを再確認しました。

あまりの恐怖と痛みで、閉じてしまったその箱を、やはり自分の手で開けて、自分の目で見て、自分の心で痛みと向き合うこと。これしか、喪失を生き抜く方法はないのだと教えてもらいました。そしてずっと終わりがくると思っていた喪失は、実は終わりの無い私の一部になったということ。終わらせる必要もないということ。

とにかく1ページ1ページたくさん泣きました。喪失の描写が、ここまでズバリな本は他に無かったです。一部抜粋。

あなたが喪失を体験するとき

それは筆舌につくしがたい、想像を絶する喪失感である。その喪失による傷はあまりに深く、耐えがたい苦痛と、苦痛の極致である無感覚だけが支配する世界になる。生きていればだれもが無数の喪失体験をもつことになるが、愛する人の死がもたらす空虚感と深い悲しみはなにものにも比較しがたい。

それは世界が停止する経験である。愛する人が亡くなった時刻、またはだれかに伝えられたその人の最期の瞬間を、あなたは正確に知っている。ぐさっと心に刻みこまれている。世界は動きをとめ、超現実的な様相を帯びている。内的時間が凍りついているこの一刻、世界中の時計が時を刻んでいることが奇妙に感じられる。

あなたの人生は継続しているが、継続する理由がわからない。眼前に異様な生が現出している。もはや愛する人が物理的に存在しない人生。あなたを慰めることば、それを与えられる人はだれもいない。だれひとり。どのようにして生きていけばいいのか、自分がそもそも生きたいのかどうかもわからないままに、あなたは生きていく。

あなたの喪失体験と、それにともなう悲嘆は、きわめて個人的なものであり、ほかのだれかのそれとは異なっている。この喪失体験を分かちあってくれる人はいるかもしれない。その人なりの方法で慰めてくれるかもしれない。でも、あなたの喪失はあなただけにわかる意味のなかで、その痛ましい独自性のなかで、孤立したままだ。

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ

書籍・雑誌 | | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年3月29日 (火)

カミーノ

シャーリー、マクレーンさんの本、第2弾。

Camino


彼女の新たなる魂の旅の物語です。

あまりに壮大で、、、、私もこの世を離れ、しばし一緒に旅をしてきた気分です。

一度行って見たいな~と思ってしまいます。
私は誰に会えるのでしょうか?
たくさんの過去を思い出すことができるのでしょうか?

この本、以前シャーリーの本を読みました、と書いたブログを読んだお客様から貸していただきました。

とっても感動しました。よかったです。
ありがとうございました!!

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月25日 (金)

最近読んだ本 - 普通の本

最近読んだ普通の本紹介。(普通じゃない本もたくさん読んでます。それはまたの機会に)


よかったです。これ。2年くらい前に買って本棚に眠っていた本です。日本の薬漬けの家族に読ませてあげたい。でも医者と薬を妄信してるから、何も聞こえないのよね~。

手足の冷たい私は気をつけないと、、、です。



成田空港でパラっと手にした本。たいした内容じゃないんですが、、、以外とおもしろかったです。経営は会計士的な判断ではいけない、みたいな。。。私は会計士でありながら、全く会計士的な判断をしないので、いいんだこれで、、、と妙に納得。(笑)

早速スタッフの Kさんに、おもしろかったですよ~と貸し出し。Kさんもかなりの健康オタクで、USCPA勉強中。(あ、これ内緒だったかもしれない、、、sweat02)

ご希望の方に貸し出しします。

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧