カテゴリー「家族のこと」の159件の記事

2014年12月 1日 (月)

ボンド大学

ここ2週間、次女の高校卒業に関連した式典や行事が多く、いろいろな意味でエモーショナルになることがたくさんありました。

思いのほか、気が抜けたというか、なんかホッとしたことで抜け殻みたいに感じたり涙がたくさん出たりの日々でした。

父親の卒業したボンド大学から奨学金を得ることができたので、進路もほとんど決まりました。

我が家のしっかり者の次女ちゃんは、父親の足跡をどうしても追いたいようです。方向転換はいつでもできる、という前提で、ボンド大学の法学部へ進みます。

141128bond

私はとりあえず、自宅から通える大学ということで安心。

我が家は次女ちゃんを筆頭に、物事が進みますから(笑)

アメリカの長女も元気に頑張っています。

彼女の話も少しずつ、、、つづります。

141128bond2

先週のスカラシップ授与式にて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月 3日 (金)

46歳の誕生日

9月25日は私の46歳のお誕生日でした~。

少し前にかな~り落ち込んでいた私を見かねた次女ちゃんが、パパのいる島、モートン島への一泊旅行をプレゼントしてくれました!!

140925tangalooma4


ここはパパのいる特別な海。

140925tangalooma2


こ~んな素敵な景色をみながら、ボーっとして一日癒されてきました。

140925tangalooma5


カップケーキまで焼いてオーガナイズしてくれた子供達に感謝~ heart

140925tangalooma6


海は広いな~、癒されるな~。

また一つ歳をとったよ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年9月14日 (日)

お願いです

さて、いろいろあった一週間ですが、それはさておき、、、今日はお願いがあって投稿をしています。

ずっと書こうと思っていましたが、なかなか本人のプライバシーとか、私のプライドとか、エゴとか、いろいろ邪魔があって書けておりません長女のこと。

とりあえず、 このリンク をクリックして、彼女のストーリー、そして今の彼女を応援して欲しいな~と思います。

海外支援に行くために資金を集めています。

いろいろ私の中でも葛藤がありましたが、、、、何か特別なものを持った彼女、世界でたった一人の彼女、たくさんの苦しみを背負った彼女、を応援してあげたい、と思いました。

募金という形でなくても、心の隅に彼女が夢を達成している姿をイメージしていただくだけでかまいません。

実は、その波動だけで十分なのですよね。

最初から、できない、と思うのではなく、出来ている感覚、彼女が生まれてきた意味を存分に味わい、心から喜びと嬉しさを堪能して生きている。そんな波動を私が持つこと。

欝や、摂食障害で、苦しんでいる方がたくさんいらっしゃいます。

病気ではないですよ。

症状です。心の叫びです。

それをそのまま受け止めてあげたい。

それで、完璧。それでいいんだよ、と言ってあげたい。

彼女が頑張っている姿が、たくさんの同志の希望となって支えています。

彼女は彼女のできること、をして世界に貢献し、

私は苦しむ家族の支援をしたい、と思います。

どうぞ、よろしくお願い致します!!!

これは、2012年摂食障害が悪化し、健康そのものだった彼女の体重が40数キロまで落ち、欝と戦いながら音大2年生最後のリサイタルを弾ききったときの演奏です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月30日 (月)

息子の成長

クイーンズランド州北部のロックハンプトンにて開催されていたレガッタ(競泳ボート大会)へ遠征していた息子の写真が送られてきました。

なんだか数日会わないだけで妙に大人びた感じ。

140629rowing4


高一チーム。

140629rowing2


後姿が超かっこよくないですか~? (親ばか)

140629rowing3

仲良し姉弟。

先日の記事の2人がこんなに成長したのですね~。

今頃は10時間のバストリップの真っ最中ですね。今夜帰ってくるのが楽しみです。

さあ、朝から電話が鳴り止まないオフィスですが、頑張ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月27日 (金)

キッズフリー!

おはようございます!!

今朝は4度!!寒~いゴールドコーストです。

今日も4時起き、息子をロックハンプトンのレガッタ (競泳ボートの大会) に送り出しました。親御さんたちもみんな実費で応援に行くのですが、私は今はどうしても仕事の手が離せないので、断念。

140627morning_2

次女ちゃんがサポートと応援に行ってくれました。本当にあの子はちいママです。息子が産まれたときから自分より大きい赤ちゃんを抱えてお世話してくれたものです。(1歳半違い)

Kanajake19982


16年前の写真!!

4日間ちょっと(?)寂しくなるけれど、(実は嬉しかったりもする) 頑張ってきておくれ~。

こうして親から離れていろいろする度に強くたくましくなっていくのね~。

夕べは私のお膝に甘えてきた息子、外見は超大人ですが、まだまだベイビーなのです。

あ、でもヒゲを剃ってというと超怒られる、難しいお年頃(笑) です。

という訳で4日間キッズフリー!!

ブログをたくさん書きます!

仕事をたくさんします!

勉強もたくさんします!

友達と飲みにも行きます!

頑張ります!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2014年5月13日 (火)

父からのメッセージ

こんにちは。

父の手術に立ち会うため、緊急に5日間ほど日本へ行っておりました。

その前に姉が父に会いに行く決心をした、と電話をくれました。嬉しいですね。父はどんなに喜ぶでしょう。

そしてその電話と同じころに、父から最後のメールが入っていました。

******************************************

行って来ます、メールありがとう、今痛い痛い毎日です、思い切って手術します、なにかあったらお母さんの事たのみます。
それから、お姉ちゃんにもお父さんが愛してたよと言っておいて、お父さんも疲れました。

********************************************

驚きでしょう?

父は昭和2年生まれ、中学を中退して空軍に志願し第2次世界大戦に赴いた人です。

父から愛なんて言葉を一度も聞いたことがありません。

死を覚悟した父が残した貴重なメールです。もちろん姉に転送しました。姉にとっても大きな意味のあるメールだと思います。

姉は手術の前日にお見舞いに行ってくれました。

その後、両親の今後の介護プランについてのケアマネージャーさんとのミーティングにも来てくれました。

姉の愛に感謝。

***********************************

人生は選択です。

人生は鏡です。

私の選択と、私の行動と、私の想い、が私の現実となって経験しています。

姉の選択と、姉の行動と、姉の想い、が姉の現実となり経験しています。

あなたの選択と、あなたの行動と、あなたの想いが、あなたの現実となって経験しています。

どんな人生をクリエイトするかは、やっぱり自分次第。

あなた次第です!!

このメールが父からの最期のメールになりませんように。。。

もっとたくさんこれからも話ができますように。。。

心からの愛をこめて。

140511sunrise

 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2014年5月 5日 (月)

息子レガッタデビュー

突然、冬っ なゴールドコーストです。超寒い、、、、今年はずっと暖かかったので、仕方ないですね~。

ただ空気はクリスピーで、爽快な青空、日中は20度まで上がるので、とっても気持ちのよい冬気候です。

土曜日に息子の初のレガッタ (競泳ボート大会) がありました。

140503regatta2

今回は我が校 がホストですので、朝5時半スタート!!ボート搬送からテントを建てたり、フードストールの準備、開会式、閉会式、ラッフル等々、、、、Rowing Support Group (保護者会)で全てまかないます。

140503regatta1

私は朝からパーキングアテンダンスとプログラム売り~!!その後はフードストールでお手伝い、、、さすがに午後には足が攣りまくってました。。。(マグネシウム不足?)

140503regatta5

息子初のレースは Open Boy Novice 500m 初心者レース、、、ぶっちぎりで優勝しました!!

140503regatta4

初ゴールドメダル。そして次はダブルス。

140503regatta6

Under 17 Boys Doubles 1,000m (Div 3) こちらもぶっちぎり優勝~!!

140503regatta3

我が校は38レース中、ゴールド15、シルバー 8、ブロンズ 5 の好成績。

トップレベルの同級生と練習していたので、自分に自身がなかった息子くんですが、これで自身をつけてくれたら嬉しいです。

これからはレガッタシーズン、2週間後にもまた大会が、、、

母も、4時起きでお弁当作り、トレーニングの送り迎え、レガッタでのボランティア、、、、頑張ります!!

140503regatta8

将来有望な Year 10 チーム (高1)、抱かれているのは Y8のコックス舵手です 。

Well done boys!!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年4月28日 (月)

愛されていないという感情

父からのメール、運を天に任せてあの年で大手術に臨む決心をしたようだ。

両親と縁を切って4年になる姉に電話をした。

お葬式に出る気もないという姉だけど、彼女が彼女自身を楽にする方法は、過去に縛られている自分の苦しみを感じきり、自分を許すことしかないのだと思う。

姉に何かをして欲しいという思いよりも、これがきっかけで姉の中のエネルギーが変わるのではないか、と感じて思い切って話をして見た。

、、、とは口実で、私自身も仕事と勉強と家のこと、たくさんの問題を抱えながらもできることはしよう、と思っている中、近くにいながら何もしようとしない彼女に対してフラストレーションが溜まっていたのも事実。

姉は、母にも父にも、もう怒りもなければ、恨みもない、という。何もしてあげる気も起きない。何をする気もない。と。

縁を切ってからは、本当に平和になった、と。だから会いたくない。と言う。

思い切って揺さぶって見た。

会ったら姉にとって嬉しくない感情が沸き起こるから会いたくないのよね。

ということは、そこに封印している嫌な感情が眠っているということ。

感情は感じて出してあげること、これに限る。

あまりの辛さ、痛さ、苦しさから抑えてしまいがちだけど、感情は感じ切ってリリースしてあげることで意味を持つ。大きな大きな気づきや喜びとなって帰ってくる。と私は思う。

私もいろいろな恨み辛みもあるけれど、私が行くだけで喜んでくれる両親にできることはしたいと思っていると伝えると、、、

"私が行っても喜ばない"  と。

あ〜〜〜、、、そこか。

姉の苦しみは、そこにあったのだ。

自分がいっても親は喜ばないと、、、、

悲しいね、切ないね、どうしてこんな誤解が生まれるんだろうね。

親となったら、どんな子だってかわいいよね。

年取って会いに来てくれたら嬉しいよね。

自分は愛されていない、、、、っていう思い。どうしてそんなに悲しいことが起こるのだろう。

どんな親でも精一杯愛しているよね。

こうして書いていて、胸が痛む。

そういう私だって、同じ苦しみがある。

長女の精神的な病気はその変も確かに絡んでいるんだ。

彼女が抱えている根本的なイシューは、自分は愛されていないという思いなのだと思う。

はあ~っっ、、、やっぱり愛がテーマです。

すべての人に、自分は愛される存在だという認識があれば、大きな安心感に包まれて、たくさんの苦しみから解放されると思う。

な~んて偉そうなこといいつつ、私もあります。

愛される資格がない、という固定観念。

亡夫ほど私を愛してくれる人はどこにもいない、という手放したくない気持ち。

これがある限り、私も次のステップへ進めないのだなあ。。。。

毎日、気付きですね~。

そんな感情に気づく度に、驚いて、理解して、納得して、手放して、、、、というメンタル作業が必要になります。

で、これ自分でしかできませんから、、、

もちろんきっかけになるのは、本だったり、カウンセリングだったり、セミナーだったり、、、するでしょうけどね。

手放すこと、ができるのは自分だけ。

どうして手放せないか、を知っているのも自分だけ。

私は最近、この自分の中のブロックを見つけるのが楽しい作業になってきてます。

だってブロックがなかったら気づくこともなかったこと、気づいて手放す度に、大きな開放感と喜びがあるから。

今世で出会った自分とのジャーニー、、、楽しみましょう~。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年3月16日 (日)

ピアノ

久々に長女がピアノを弾いた。

やはり相変わらずの美しい音色。

やさしさと、悲しさと、苦しさと、喜びと、、、、宇宙と繋がることができる特別なギフトを与えられた彼女だけの音色だと思う。

その“音色” に触れることができる私は何て幸せなんだろう。。。

人がなんと言おうと、

誰がどう判断しようと、

やはり自分の目を失ってはいけない、と感じる。

いろいろあると、自分の目に自信がなくなることもある。

私達が絶対的に欲しいもの、安心、なんだと思う。

それでいいんだよ。

ここにいていいんだよ。

あなたがそのままのあなたでいていいんだよ。

誰かが言ってくれるのをずっと待っているのかもしれない。

何か、をずっと待っているのかもしれない。

みんな、自分をコンプリートにする何か、を一生懸命探してる。

最近、みんなのそんな一生懸命がとても愛おしい。

何か、や、誰か、なんていらなくて、

あなたはそのままで、コンプリート (完璧) だよ、って気が付いて欲しい。

自分へのメッセージでもあります~。

1401295

たくさんの愛をありがとうございます。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年2月28日 (金)

次女フォーマル

先週の金曜日は、我が家の次女 Year 12 のフォーマルでした。

(フォーマルはその名の通りフォーマルドレスで出席するディナー及びダンスパーティーみたいな高校3年生最後の催し物です)

子供達が通うハイスクールでは、試験が続く年度末前にドレスやメイクや、同伴パートナーなどのことで気が散らないように、この時期に開催してしまい、あとは勉強に専念してください、という方針です。

140221formal4

娘と親友のジェイソン君です。車はランボルギーニ!!

140221formal8

友人宅での Pre- Drink & Photo Session 、、、高校生に見えないよね (汗)

140221formal6

会場へ到着~

140221formal7

カラフルでグラマラスな高校3年生でございます。

大イベントが終わり、将来へのプレッシャーがかかった勉強期間が始まりました。

次女ちゃんは、努力家で、リーダー型、みんなのお世話を焼いています。

一番お世話になっているのは、私たち家族ですね (笑)

高校最後の年!すべてにおいて後悔がないように頑張って欲しいです。

140221formal1

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧